Top
ホーム > EC  > ネットショップサービスの賢い選び方

 

ネットショップを開業するにあたって、現在ではさまざまなサービスが提供されており、以前よりもカンタンに開業できるようになりました。でも選択肢が多すぎで、逆にどうすればいいか迷ってしまいます。そこで、ネットショップを運営していく上で大変なことや苦労する点などを交えつつ、どのような観点でサービスを選んでいけばよいか解説したいと思います。

 

ネットショップの開業・運営における注意点

ネットショップを開業し運営していく上で、どんなことが大変で、どんな注意点があるかを事前に知っておくことは大切です。あらかじめ予測できていれば、何を準備しておけばよいか、どんなサービスを選べばよいかが見えてきます。
まず開店の準備として、ネットショップをどこに出店するかです。ショッピングモールを利用するのか、独自にサイトを構築するのかを決めます。サイトが用意できたら、商品登録を行います。商品の説明文を書き、商品を撮影して画像ファイルを作成し、サイトに登録していきます。この作業は思いのほか大変で、時間もかかります。ほかには受注管理や在庫管理、梱包・発送作業、またクレームや返品対応といった業務も発生します。
これらの業務をこなしていくのはとても大変です。ましてやこれらを一人で行おうとすれば、何らかのサービスを活用しなければ忙殺されてしまうでしょう。

 

ネットショップCMSを使う利点

これらのネットショップ運営に関わる業務を効率的に行うためには、CMSと呼ばれるサービスを活用するのが有効です。CMSとは「コンテンツマネジメントシステム」の略で、サイトの構築や運営に関わる業務を管理するために作られたソフトやサービスのことを指します。ネットショップに特化したCMSであれば、ショップ経営者のニーズを取り入れて作られているので、いろいろな便利機能が備わっています。例えば、ネットショップ構築用CMSであれば、いろいろなテンプレートが用意されていて、それを選んでいくだけでネットショップが構築できます。ネットショップ運営用CMSであれば、受注管理や在庫管理といった業務を効率的に行うための機能が提供されています。ネットショップCMSを使う利点は、業務の時間短縮が図れ、空いた時間で別の業務を行うことができたり、ミスを無くして業務品質を向上させたりといったことができるようになることです。

ただしこれらのネットショップCMSを利用する場合に注意すべき点もあります。例えば、無料のCMSでは、用意されたテンプレートが限られているため、デザインの自由度がなく、イメージ通りのサイトが作れない可能性があります。また有料の優れたCMSであっても、機能が多すぎて、使いこなすにはそれなりに勉強しなければならないといったことがあります。

以上のことを参考に、まずネットショップを開店する前に、構築や運営にどれだけの時間が割けるかを考えてみてください。そして効率化を図るために必要となるサービスやCMSの導入を検討してみましょう。

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!