Top
ホーム > EC  > ネットショップ成功のカギ
19

 

ネットショップの1年後の生存率は約30%と言われています。参入の敷居がどんどん低くなっているため、ライバルのショップが乱立し、競争は激化しています。とはいえ、敷居が低いがゆえに、計画性を持たずに軽い気持ちで開業する人たちが少なくないのも事実です。失敗の原因を事前に知り、きちんと計画すれば成功の可能性は広がります。

 

ネットショップ失敗の原因

まずネットショップで失敗する原因から見ていきましょう。失敗の主な原因は次のとおりです。

1.ターゲット設定が曖昧だった
2.集客ができなかった
3.リピーターを獲得できなかった
4.商品の差別化や価格優位性がなかった
5.顧客満足度が低かった
6.モチベーションが低下してしまった

これらの失敗の原因に共通して見られるのが「計画性のなさ」です。ネットショップで成功するには、開店前の事前準備と綿密な計画が必要です。失敗の原因を知って、その対策をあらかじめ計画しておけば、成功の確率はおのずとアップします。ですから失敗事例を経験者から聞いたり、インターネットで調べたり、情報収集しておくことはとても大切な作業です。

 

成功するには何が必要か?

では先に挙げた失敗の原因を踏まえ、成功するには何が必要かを解説していきます。

1.ターゲット設定を行う
商材を決めたら、どのセグメントに販売していくのかを検討しましょう。性別、年齢層、所得、家族構成、趣味嗜好(しこう)、価値観、ライフスタイルといった要素から、ターゲットとなる顧客像を明らかにします。そしてターゲット設定に基づいてブランディングしていきます。ブランディングといっても大げさなものではなく、ターゲットが好みそうな品ぞろえにしたり、サイトデザインを検討したりすればよいのです。お客様の顔や性格が思い浮かぶくらいに具体的にターゲット設定ができれば、訴求力の高いショップが作れるでしょう。

2.集客を行う
集客はネットショップの開業に立ちはだかる最初の壁です。集客ができなければ誰もショップに訪れてくれません。お客様に認知してもらうためにあらゆる手段を講じましょう。知り合いに伝えたり、ブログやSNSで拡散したり、広告を出したりといった地道な作業が必要です。どんな集客方法がとれるか、事前に計画を立てておきましょう。

3.リピーターを獲得する
売上を安定的に上げていくには、リピーターの獲得は欠かせません。リピーター獲得のためには、購入してくれたお客様にメールや手紙を出すなどして、自身のショップを覚えてもらう必要があります。またリピーターを意識したラインアップを用意することも大切です。例えば、フロントエンドとなる安価な目玉商品をまず買ってもらい、次にバックエンドとなる高額な商品を用意して、続けて買ってもらえるようにします。ほかには、リピーター限定の割引やサービスなどを企画してもよいでしょう。お客様を喜ばせてファンになってもらうという意識が大切です。

4.商品の差別化、価格優位性を持たせる
どこでも売られている商品を扱う場合、当然ながら価格競争に巻き込まれます。反対になかなか売っていなかったり、オリジナル性の高い商品であれば、高くても売れるかもしれません。ですから商品の差別化を図るか、価格優位性を持たせるか、そのどちらかでないと厳しいということです。商品の差別化であれば、相応の商品開発力が求められます。価格優位性で勝負するなら、独自の仕入れルートを開拓する努力が必要になります。

5,顧客満足度が低かった
梱包が雑だったり、商品の到着が遅かったり、決済方法が限られていて融通が利かなかったりすると、お客様から嫌われて二度と買ってくれなくなるかもしれません。お客様の立場になってサービス全体を組み立てましょう。またお客様からの問い合わせには懇切丁寧に対応するのは当然のこととして、メールなどの言葉遣いにも注意を払う必要があります。

6.モチベーションを高く保つ
意外と見落としがちなのが、ネットショップの経営者自身のモチベーションが低下して失敗するケースです。計画が甘いと、色々な問題にぶつかったときに「こんなはずじゃなかった…」と気持ちがくじけて諦めてしまいがちです。また全てを自分一人でやろうとするもの危険です。時には人に任せたり、専門家に相談することも大切です。仲間やコミュニティの存在もモチベーション維持には有効です。近くに同じ志をもった仲間がいれば、問題に遭遇しても乗り越えられるものです。

以上、ネットショップで成功するには何が必要か見てきましたか?残念ながら「これをやれば絶対成功する」といった都合の良いノウハウはありません。もしそんなものがあれば皆が成功していることでしょう。お客様を喜ばせるには何ができるかを自問し、一度の失敗にくじけることなく、地道に施策を実行していくことが成功への王道ではないでしょうか。

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。