Top
ホーム > EC  > レビューで決まる!ネットショップにおけるレビューの重要性と集め方

 

食べ物、衣類、雑貨などネットショップといっても売られているものは多種多様です。個人運営、企業運営と幅広く展開されていますが、全てに共通してレビューは重要です。レビューの集め方にはコツがありますので、待つばかりではなく、行動に移して実践をしてみましょう。

 

あるなしでどう変わる?レビューがなぜ重要なのか疑問を解決

ネットショップで商品を購入してもらった時には必ずレビューを書いてもらうようにしましょう。
理由はレビューの数とECサイトの信ぴょう性が比例するからです。レビューが多いほど信ぴょう性が高まり、評価によってユーザーをそのネットショップで購入させる働きが生まれます。

そもそもユーザーの購入心理としては買い物に失敗はしたくありません。商品が陳列されたお店に行けば、自分の目で見た目や機能を調べることができるので商品に納得の上で購入できますが、ネットショップは写真と商品説明でしか判断ができないのでより慎重に吟味します。

しかし、そこに第三者の意見としてレビューがあれば商品が良いものか感想を含めて知ることができます。逆にレビューがない、もしくは少ないと人が訪れていないサイトだと思われ、それだけで購入意欲を下げてしまうおそれがあります。また、同じ商品でもレビューの多いサイトで購入するという買い手の心理が働きますので、レビューはとても重要になってきます。

 

レビューを集める方法はさまざま!とにかくレビューを増やそう

ではどのようにすればレビューが集まるのかを考えます。
一番は満足していただき、ユーザーの意思で書いてもらうことが一番大切ですが待っているだけでは時間がかかりすぎてしまいます。

レビューの集め方として一番多いのが、商品に特典をつけてレビューを集める方法です。

購入時にレビューを書いてくれれば「送料無料」や「〇%割引」※1など、特典をつけることでレビューを増やすことができます。他にも、小物、おまけ、ポイント、クーポンなどあげられますが、その中でも一番レビューを書いてもらえる確率の高いものがクーポンです。
レビューを集められるだけではなく、クーポンを発行することで、再度ショップを利用してもらうことでリピート率にもつながります。少しずつではありますが、レビューも増えるようになりますので商品に応じて取り入れてみてはいかがでしょうか。


※1
楽天では2015年11月12日のガイドライン改訂により原則禁止となっています。ご利用のモールの規約をご確認ください。
特典をつけることで利益率やコストに影響しますが、レビューが「広告」という重要な役割を担っていることを考えると集める努力はしていきたいものです。

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!