Top
ホーム > EC  > 今さら聞けないネットショップの売上管理
売上管理

ネットショップオーナーの皆さま、売上管理はされていますか?

ネットショップ運営をする上で欠かせないのが日々の売上管理です。

エクセルを使って管理している方、ツールを使っている方など、やり方もレベルもさまざまかと思います。

今回はそんな売上管理を、基本に立ち返っておさらいしたいと思います。

 

ネットショップにおける売上管理とは?

19_002

そもそも売上管理とは何でしょうか?

 

売上管理とは、販売管理のなかのひとつで、日々の売上を管理し分析することです。

そしてその目的は、売上目標を達成することにあります。
売上目標を設定しなければ、売上管理も意味を成しません。

日毎・月毎・四半期毎・半期毎・年毎の売上目標を達成するために、日々売上をチェックし、売上を上げる施策を検討し、アクションを起こしていくというPDCAサイクルを回していくことが、売上管理を行う意義です。

売上管理をきちんと行うと、ネットショップの状況が明確に把握できるようになります。
また取るべき対策も見えてきます。

そして何より、目標に向かって行動することにより、モチベーションを高く
保つことができます。

もし今まできちんと売上管理をされてこなかったという方は、ぜひこの機会に売上管理についてあらためて考えてみましょう。

 

売上管理でやるべきこと

19_002

例えば、エクセルで管理をしても、売上管理ソフトを使っても、売上管理でやるべきことは変わりません。

以下に売上管理として最低限やらなければならないことを挙げます。

 

1.売上目標の設定
先にも書きましたが、日毎・月毎・四半期毎・半期毎・年毎の売上目標を設定しましょう。目標はできるだけ細分化したほうが良いのですが、最低でも月毎と年毎の売上目標は設定すべきです。また同時に、利益目標も設定したほうがよいでしょう。

2.期間別売上集計
設定した期間別の売上目標に対し、実際の売上がどうだったかを集計し、チェックします。期間別売上集計をすることで、よく売れる日や月の傾向が掴めるようになり、「これから閑散期だから、イベントやセールを行おう」といった対策を検討できます。

3.商品別売上集計
商品別に売上を集計し、チェックします。ここで売れ筋商品は何か、死に筋商品は何かが見えてきます。売れ筋商品が分かると「売れ筋商品とこの商品をセット販売したら反響がありそう」といったアイデアも湧いてくるでしょう。

 

以上、売上管理について解説しましたが、売上管理は数字を集計して眺めることが目的ではありません。

数字を見て、目標とのギャップをいち早くキャッチし、軌道修正のための具体的な行動を起こすことが目的です。

管理することが目的にならないよう気をつけましょう。

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。