Top
ホーム > EC  > ネットショップの商品ラッピングで差別化しよう

ネットショップをしていてお客様から意外にもよく聞かれるのが「商品ラッピング」についてです。

「ラッピングは選べますか?」「ギフトなんですがラッピングはしてもらえますか?」といったお問い合わせをよく受けます。

お客様のラッピングに対するニーズの高さを感じます。

 

商品ラッピングの質で他店と差別化

19_002

実際、商品ラッピングの重要性に気付き、力を入れて取り組んでいるネットショップも見受けられます。

一方で、ラッピングには一切対応せず、相変わらず梱包材ぐるぐる巻きで発送しているショップも依然多く、ラッピングへの取り組み方は二極化している状況です。
裏を返せば、ラッピングの質を上げることで、他店との差別化をはかることができるということです。

特に女性は可愛らしいラッピングに弱いようです。
可愛いラッピングのブランドやショップを紹介するブログや、まとめサイトもあるほどです。

よって、女性向けの商品や、アパレル・ファッション関係、ギフト用品を取り扱っているネットショップは、ラッピングの質を上げる取り組みをしなければ、勝ち残れないといってもいいかもしれません。

 

差別化を図る商品ラッピングの方法

19_002

それでは、他店との差別化を図る商品ラッピングの方法をいくつか紹介したいと思います。

 

1.ラッピングペーパーにこだわる
100円均一に売っているような安っぽい紙を使っていては、差別化できないでしょう。
理想はショップのロゴを入れたり、ショップのテーマカラーを取り入れた、オリジナルのラッピングペーパーを作ったりすることです。
コストはかかりますが、大量発注すれば費用を抑えられます。

2.サテンリボンを使う
光沢のあるサテンリボンを使うと、高級感がグンと増すので、おすすめのアイテムです。
ラッピングペーパーの色と調和するリボンを用意しましょう。

3.オリジナルのショップタグなど
オリジナルのショップタグを付けると、さらに高級感が増し、
ブランディング効果もあります。
またメッセージカードなども添えると、お客様に喜ばれ、リピート率の向上が期待できます。

 

いかがでしたでしょうか。
ラッピングひとつで、ネットショップへの印象が変わるものです。
ラッピングをブランディング戦略と捉え、本腰を入れて取り組んでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!