Top
ホーム > EC  > 意外な盲点?ネットショップにはメンズ商品の品揃えが大事!

 
こんにちは、satoshiです。
 
ネットショップにおいて顧客のターゲッティングをするにあたっては、女性に目が向きがちかも知れません。
実際、ある調査では、「定期購入」は女性の利用率が男性の約5倍という結果がでているようです。
 
しかし、ネットショップ利用者の男女比を比較すると、実はほぼ同じなのです。
今回は、そんなメンズ商品の品揃えについて見ていきたいと思います。

 

メンズ商品の選定方法

201604_06_01
要するに、男女ではネットショップで購入する商品の種類が異なるだけで、実際には女性向けと同じくらいに、男性向けの市場は大きいのです。
女性向けの人気商品は、アパレル関係、食料品、生活用品、美容関係などが挙げられます。
 
一方男性向けの場合はというと、上記の商品も人気がありますが、ソフト(書籍/CD/DVD/ゲーム等)やPC関連やAV機器などが上位に上がってくるのが特徴です。
 
またマニアックなもの、レア物、コレクター商品などに目が無いのも男性の特徴です。
女性からするとガラクタにしか見えないようなものが、びっくりするほど高額で取引されています。
 
メンズの人気商品を知るには、男性雑誌をチェックしたり、AmazonやYahoo!ショッピングの人気商品を調べたりするといった、地道なリサーチ作業が欠かせません。

 

「誰が買う」かも大切だけど、「誰に買う」かも大切

もしあなたが女性向けに特化したネットショップを運営しているとしても、メンズ向け商品を取り扱うことで、さらに売上を伸ばすことができるかもしれません。
 
というのも、誰が買うかというのも大切ですが、「誰に買うかも大切」だからです。
 
201604_06_03
例えばリピート客が、彼氏や旦那さんにプレゼントを買いたいと思っていたとします。
そんな時、いつのものようにあなたのショップを訪れた時、タイミング良く「パートナーに喜ばれるアイテム」がバナー表示されていたらどうでしょう。
 
「自分の買い物のついでに、パートナーへのプレゼントも買っておこうかな」となる可能性が高いといえそうです。
 
逆もまた然りです。
男性向けのネットショップであっても、レディーズ向けの商品を取り扱うことは、売上アップに繋がる可能性があります。
 

さいごに

無差別に取扱商品を増やすのはあまりよろしくありませんが、ネットショップのコンセプトを損なわない範囲で、メンズとレディーズの両方の商品ラインナップを揃えておくというのは、リピート客の満足度向上と、新たな客層の獲得に寄与する一つの方法です。
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事を書いた人

2014年に東京から静岡県三島市に移住してきました。現在は自宅でネットショップ運営の傍ら、記事の執筆をしています。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!