Top
ホーム > EC  > 『女性客にモテるネットショップの育て方』モテるためには3つのコトを意識するべき
yasashiku

女性にモテる男性と、女性に人気のあるネットショップには共通点があります。
はじめまして、サクラマチです。
 
 
人とネットショップに共通点?と思われるかもしれませんが、女性に好かれるポイントは一緒。ぜひ、そのポイントを押さえて、女性客にモテるショップを育ててみましょう。

モテる秘訣① 見た目を整える

woman2
 
モテる男性はやっぱり見た目がいいものですが、誰もが認めるイケメンである必要はありません。女性はイケメンでなくても、見た目を整えている人には好感を持ちます
 
 
例えばファッションセンス。一緒に歩いたら自慢できるくらいのオシャレな男性だったら、かなり好感度はあがります。これはネットショップに当てはめることができます。
 
 
まず、ファッションセンスを磨こうと思ったら、ファッション雑誌やオシャレな友達を参考にしてアイテムを揃えたり、自分の手持ちの服をあれこれスタイリングしてみたりしますよね?
 
 
ネットショップも同じように、参考になるサイトを真似ることから始めてみればいいんです。良いからって丸ごとコピーではもちろんモテません(というかダメです)。
 
 
沢山の情報から自分のショップに合いそうなものだけを厳選してみましょう。文字や写真の配置、色のバランス、商品の見せ方など。これらはネットに限らず、雑誌や実店舗のディスプレイ、広告やチラシからでも学べます。沢山見て、沢山試してみるとセンスはどんどん磨かれていきますよ。
 
 
ファッションだってある日、突然に完璧コーデができるなんてことはないように、毎日一生懸命考えて、実践していくことで徐々にセンスが磨かれていきます。ネットショップも気長に育てるつもりで、色々と試してみてください。女性は見た目に敏感なだけに、外見を整えるだけでファンはどんどん増えていきます

モテる秘訣② 優しさを見せる

woman3
 
「優しい人が好き」という女性は多いですよね。女性は優しくされるのが好き。自分を気遣い、丁寧に接してくれる人にはキュンっときてしまいます。これはサービスにも応用できるテクニックです。
 
 
たとえば商品説明や利用方法のみのネットショップより、「何かあれば気軽におっしゃってくださいね」なんて気の利いた一言のあるショップには親しみが持てます
 
 
もしお客様が問い合わせてきた在庫が切れているのなら、「申し訳ございません」と謝るだけでなく、「○日にならお届けできますが、お急ぎですか?」「代わりの商品をご提案することもできますが、いかがでしょうか?」なんて一言が添えられていれば嬉しいもの。
 
 
素っ気ない返事より、「あなたのお役に立ちたい」という優しさが感じられると、女性ポイントは上がります。モテる男性は誰にでも紳士にふるまいます。そして、ただ女性を待っているだけではなく、積極的に優しい素振りを見せるもの。
 
 
モテるネットショップを目指すのならば、ぜひ女性に一歩踏み込み、優しい言葉をかけてあげてください。フォロー上手になれば、必ず女性の心を掴めます。

モテる秘訣③ おもいやり

woman4
 
女性は羽振りのいい男性が好きですが、お金持ちである必要はありません。ただ、ケチだと思われなければいいのです。たまにはご飯をおごってくれたり、たまには安くてもかわいいプレゼントをくれたりするだけでも好意的に見てくれます。
 
 
つまり、大きなコストをかけずに喜んでもらえそうなことをするだけで好きになってもらえるのです。商品をリボンでラッピングする、デザイン性のあるメッセージカードに一言を添えるなんて方法でも充分です。手間暇かけているということが伝わるような、工夫をしてみてください。
 
 
女性にモテるコツは、「女性には何をしてあげたら喜ばれるか?」が思いつくかどうかです。女性といってもタイプはさまざまですから、正解は一つではありません。ただ、その気持ちが伝わるよう努力することで、好きになってもらえる可能性がグッと高まります。
 
 
試行錯誤を繰り返し、モテるショップを目指してください。もちろん、プライベートでもおおいに活用してみてくださいね♪

 
 

▼モテたい男子はあわせて「優しく」読んでください▼
【仕事と恋愛は密接な関係!?】女子は見ている!できる男・できない男の違い -その1-

 
 

この記事を書いた人

美容、ダイエット、占いなどの女性向け記事を多く書くWebライターです。 インドアなために読書好き、ネットショッピング好きです。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。

  • 恋愛相談をするならAI(人工知能)? それとも友達?恋愛相談をするならAI(人工知能)? それとも友達?
    こんにちは、Niase-Creatorsの中根です。   あなたは誰かを好きになった時、誰かに相談してアドバイスをもらいますか?それとも自分自身の胸の内だけで考えますか?もしくはインターネットで【片思い 脈あり】など検索しますか?       今回は、恋愛に行き詰った時。人工知能(以下 […]
  • 【仕事と恋愛は密接な関係!?】女子は見ている!できる男・できない男の違い -その1-【仕事と恋愛は密接な関係!?】女子は見ている!できる男・できない男の違い -その1-
    日々お仕事を頑張っている男性の皆様、お疲れ様です。中根です。   よく「モテる男は仕事もできる」「恋愛上手は出世する」などなど、恋愛の噂を耳にすることがあると思います。それらは果たして事実なのか?今回は本能・ホルモン・脳科学など様々な視点から【仕事】と【恋愛】の結びつきについて、お伝えいたします。 脳科学が実証! […]
  • 【脳科学の視点から見る女性脳、男性脳】ターゲットは誰?男性と女性では商品説明やキャッチコピーも変えるべき!【脳科学の視点から見る女性脳、男性脳】ターゲットは誰?男性と女性では商品説明やキャッチコピーも変えるべき!
    お客様が物を買おうとするとき、その方が女性か、男性かによっても商品を見るポイントが違ってきます。それは、脳の働きが女性と男性では違うからです。今回は女性脳と男性脳の違いによる感性の違いについて少しお話ししたいと思います。   男女の購買傾向には脳が関係している 女性脳、男性脳という性差による脳の差は確実にあるということが […]
  • 『AI(人工知能)』との『恋愛』は成立するのか?『AI(人工知能)』との『恋愛』は成立するのか?
    こんにちは、Niase-Creatorsの中根です。   人工知能(以下:AI)は、様々な期待が寄せられています。それと同時に雇用が奪われるのではないか?という懸念を抱く方々も多くいます。しかしながら近年、AIを研究する機関が増えていると共に一般の方々にも関心度が非常に高い技術です。 AI技術の発展は、未来でどのよう […]
  • 『ミレニアル世代』の社長が語る起業術!撮影女子会プロデューサーにインタビュー『ミレニアル世代』の社長が語る起業術!撮影女子会プロデューサーにインタビュー
    こんにちわ、Niase-Creators所属の古田島です。   10月に入り、いよいよハロウィン月間ですよね。街中のいたるところにハロウィンの装飾が見られるようになり、近年盛り上がりを見せるハロウィンイベントに向け、今年は何を着て行こうか考えているのではないでしょうか。     そんなハロウィンの […]