Top

渋谷センター街で宣伝を終えた野口と大窪

たどり着いたところは新宿2丁目

story_02_01

心が折れてぐったりしている2人

「・・・」

story_02_02

そんな2人を遠くから熱い視線で見つめている人物がいる。

その名も「みんなの瀬尾ちゃん」

story_02_03

あんたたち、かわいいわねぇ❤

また迷える子羊ちゃんのご登場かしら。

その死んだ顔を舐め回したいわ❤

もう❤

story_02_04

野口と大窪はとんでもなく怯えている。

story_02_05

何があったの?ここは心に闇を抱えた人がたくさんいるの。

まずは話してみなさい❤

スッキリするわよ、エイ❤

野口と大窪の表情が少し和らいだ。

story_02_06

大窪:「もう人生終わった、そんな状況なんです。
会社の暗黙のルールで漆黒の部署に異動になってしまったんです。。。(泣)」

野口:「お先真っ暗で・・・」

story_02_07

うふっ❤

かわいいわねぇ❤

落ち込んでても何も解決しないわ。

その部署から抜け出す方法ってないのかしら?

story_02_08

大窪:「ハッ」

野口:「あ、あ、あります!確か宝石部の売上が月商1,000万円超えると
異動届けが出せるんです!」

大窪:「た、た、た、た、たたた、たしかに!」

story_02_09

野口と大窪は希望に満ち溢れてきた。

story_02_10

もう❤あるじゃない❤

じゃあ、あんたたちの目標は決まったわ。

月商1,000万円!❤

story_02_11

野口と大窪:「そうですね!!」

story_02_12

野口と大窪:「・・・!」

「でもどうやってやればいいのでしょう。。。」

story_02_13

もう❤何から何まで手が焼けるわねぇ❤

私を誰だと思ってるの❤

凄い人知ってるの❤教えてほしい?

story_02_11

「そうですね!!」

story_02_14

うふっ❤

でも、そう簡単には教えない❤条件があるわ❤

story_02_15

・・・なんですか?(恐怖)

story_02_16

うふっ❤

私をお姫様抱っこして❤❤❤

story_02_17

野口と大窪:「マジかよ〜」

story_02_18

嫌なの?してくれないなら教えてあげない(プンプン)

story_02_19

大窪:「わ、わかりました、、、」

story_02_20

あーん❤

story_02_21

幸せ❤

story_02_22

はい、コレ!❤

「商売の神様」の帽子よ。

コレをその人に被せることができたら

商売繁盛するっていう伝説があるの。

ただ、どこにいるかわからないわ。

でも特徴があって「丸ヒゲ」でカールおじさんに似てるの。

さぁ、月商1,000万円のため!死にものぐるいで探してきなさい!❤

story_02_23
story_02_24

その頃、宮口は胡散臭い宝石を鑑定していた。

人生に絶望しかけた2人だったが、

瀬尾ちゃんという強力な相談役の登場により希望の兆しが。

宝石部からの脱出にむけて一層の努力をしていく2人に乞うご期待。

第二話

続く

シェアしてね!

この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。