Top

【コロナ禍】の記事一覧

藤森かよこ氏 コロナ禍により私たちの生活は大きく変化しました。これからどう生き抜いていけばよいのでしょうか。ヒントとなる書籍のひとつに『馬鹿ブス貧乏な私たちを待つろくでもない近未来を迎え撃つために書いたので読んでください。』(※)があります。 著者の藤森かよこさんは、アメリカの国民的作家・思想家のアイン・ランド研究の第一人者です。アイン・ランドの大ベストセラー、『水源』『利己主義という気概』を翻訳刊行されています。世の中の女性に向けて、物事や人間の本質を鋭く突き、一見残酷なようなことを、愛を持って伝える物言いは、多くの女性から人気を呼んでいます。 藤森さんは新型コロナウイルスによってもたらされたさまざまな事柄を「コロナ危機」と呼んでいます。著書には、世の中の女性がコロナ危機をどう前向きに捉えて、どう乗り越えていくのかが綿密にしたためられています。 今回、ご著書からは著者の藤森さんに、「残酷なようだけど、知らないと損する10のトピック」として、これからの時代をサバイブするために知っておきたい事柄を伺いました。今仕事や人間関係で悩む方、コロナ禍によって自身の状況が厳しい方は注目です。また著書では語られていない、最新の話題にも伺いました。 【ご本人のプロフィール】...