Top
ホーム > break-time  > 【アキンド名言】楽天・三木谷浩史の名言

こんにちは、のぐさんです。

 

楽天がドローン配送サービス「そら楽」の提供を開始しました。
まずはゴルフ場でプレーヤー限定でサービスが展開されます。
そら楽

 

他社より先にいち早くサービスを展開する楽天はさすがです。
成功のコンセプトをしっかり実行しています。
「スピード!スピード!スピード!」
重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。
勝負はこの2~3年で分かれる。

 

今日はアキンドなら学んでおきたい楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長の「三木谷浩史」氏の名言をお送りいたします。
たくさんありましたが5つに厳選しています。
引用元:名言DB

 

それではどうぞ!

 

学びたい名言①

「こうしたほうがいい」でなく、「こういうことができる」と実例をもってこそ世の中を動かせる。

 
→感想:「こうしたほうがいい」ってよく言っている気がするので、実例を持つように行動していきます。

 

学びたい名言②

人が集れば、物が売れる。売れたら、また人が来る。

 
→感想:シンプルです。

 

学びたい名言③

僕はまず『そもそも論』を考えるべきだと思う。どんな仕事のときでも、「そもそもこの仕事はなんのためにするのか」を考えろということだ。いつもそう考える癖をつけておけば、それが仕事のアイデアに繋がっていく。改善のための仮説も自然にわいてくるはずだ。

 
→感想:あれこれやろうするから迷走するんでしょうね。そもそも論を常に考える。

 

学びたい名言④

世の中は天才ばかりではない。けれども、改善は誰にでもできる。そして、日々改善を続けていけば、どんな巨大な目標だっていつかは達成できる。つまり、改善は凡人を天才にする方法なのだ。くじけず、うまず、たゆまず、一段ずつ階段を登っていけば、いつかは天才を超えることができる。そう僕は信じている。歴史はそうやって進歩してきたのだから。

 
→感想:凡人の私でも改善はできます。改善を続けていきます。

 

学びたい名言⑤

ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。

 
→感想:うん、納得

 
 

他にもたくさんありますが厳選しました。
これら5つの言葉から学び、行動に移しましょう。
それでは今日も一日頑張りましょう!

 
 

この記事を書いた人

商売繁盛を応援するWebメディア・ニューアキンドセンターのセンター長をやっています。 もっとエッジを効かせたい、もっとトンガリたいです。どうぞよろしくお願いします。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!