Top

【EC】の記事一覧

ネクストエンジン×清長。倉庫見学ツアーに潜入 こんにちは!フリーランスで活動している松本と申します。   最近興味があるのが、「自分のECショップを立ち上げること」なんですが、最近クラフト作家を始める方がとても増えてきているんだそうです。私はモノづくりがとても好きなので、自分にもできるかも?ととても興味があります!   しかし、「クラフト作家になる!」と言ったところで何も知らない状態。ネットで色々調べて、「ネクストエンジン」のようなECショップのサポートをしてくれる存在がとても大事!というところまではわかったけれど…   そんな中で、こんなページを発見。 セミナーをやるらしい   ネクストエンジンと清長さんのセミナーは以前取材させて頂いたので、「またやるのか~」くらいに思っていた。しかし、とんでもない文字を発見。 倉庫見学だと…   清長さんの倉庫!入ったことないし、中をのぞいてみたい!   というわけで、本当はネクストエンジンユーザー限定の無料イベントですが、お願いして参加させてもらうことになりました。   iFaceも管理している「リアル倉庫」を見学! 当日は千葉県の柏の葉キャンパス駅に集合。そこからタクシーを手配頂き、移動します。  倉庫だ   到着したのは、うん、まさに「THE倉庫」です!  ここはネクストエンジンが在庫管理&発送手配を依頼している「株式会社清長」の倉庫!! 今日はこちらを見せて頂きます!    早速中に入って行きます。  ぞろぞろ入っていく   外は寒かったけど、倉庫の中は快適な温度。清長さんの倉庫は一般的な倉庫と違って「冷暖房完備」!働く人も快適ですね。この場所では、Hameeが販売する商品を主に管理しているのだそうです。   「iFace」だ   こっちにも   HameeのiFaceが大量に管理されています!箱が山積みだ……!   仕分け作業を行っている場所を見つけました!あれ、この机… 段ボールじゃない?  ダンボール机   これ、繁忙期などに場所を確保するため動かしやすいだけでなく、作業する方の身長に合わせて高さを変えることができるように作られているのだそう!アナログだけどなかなかナイスアイディアです!しかもゴミ箱がいい感じにフィットしている。計算しつくされています。  計算しつくされた配置   さらに倉庫内を進んでいくとなんだかスゴそうな機械を発見!    ごっつい機械   これは「通販物流効率化システム メール便自動梱包ライン」という、なんと数千万円もする機械で、本来7~8人必要な作業が1人でできてしまう優れもの!ピッキングしてきた商品を納品書と一緒に入れていくだけで、自動で梱包し、納品書のバーコードから読み取った情報で宛て名の貼り付けまで行ってしまうんです!    この機械導入によってこれまで集荷時間に間に合わなかった作業もガンガン間に合うようになったとか。恐るべし。   次の倉庫へ移動。こっちは… さて、次は第7倉庫へ移動です。この第7倉庫はなんと1200坪!約20社の商品を取り扱いしているらしい。    ぞろぞろ   入口でなにやら作業中の佐川急便の方が……荷物を積み込んでいるのかな?   なにやら作業中   荷物はベルトコンベアで運ばれて、その先にはレーザー(?)のようなものが!? ベルトコンベアに乗った荷物   待ち受けるレーザー   実はこれ、佐川急便様と連携した機械で、自動で荷物のサイズを計測してくれる機械なんだそうです。    私、以前コンビニで宅急便の受付をやったことがあるのですが、これが結構面倒なんです。  -------------- ①縦・横・高さをはかって、  ②重さを量って  ③そのふたつのデータから規定の料金の中でどれに該当するかを判断  -------------- と手間も時間もかかります。   毎日倉庫から発送される数千万個(それ以上?)の荷物をいちいち縦・横・高さ……とはやっているだけで相当面倒なはず。   これを解決してくれるのがこの機械!この機械によって金額計測が自動化され、これまで6~7人で行っていた「計測...

現代社会に潜むリスク「会社宿泊」 日々汗水その他様々な汁を垂らしながら働くビジネスマンの皆様、お疲れ様です。吉住です。皆様の中にも「仕事が終わらない。今日はもう帰れないかも…」という経験がある方は少なくないのではないでしょうか。   「球史に名を残すホワイト企業」と言われる弊社Hameeでは、滅多なことがないとその様な場面はありません。   しかし、そんな超ホワイトな環境にあっても、一部の心ない人たちから「仕事のキャパシティが目薬のフタ」と言われる私吉住の業務量は日々表面張力状態。幸い今はほぼ定時で帰宅していますが、「仕事が終わらなくて家に帰れないリスク」は常に意識せざるを得ない問題なのです。   そこで! 仕事で必要に駆られて泊まることになる前に、まず一回泊まってみることにしました。どうせならただ泊まるだけじゃなく、楽しんでみよう。そんな企画です。   座して待つよりリスクを迎えに行く。これが激動の平成を生き抜いてきた男のスピリットだ。見さらせ!   ※ニューアキンドセンターをご愛読いただいている賢明な読者の皆様方は、「仕事は定時に終わらせて颯爽と帰宅」というイケてる現代的ビジネスパーソンが多いと思われますが、どうかお付き合いくださいませ。   21時。誰もいなくなったフロアに集まりし精鋭達。そして食事へ 終業後、静かになったフロア。この時間にはほぼ誰もいなくなる。ホワイト企業の鑑。   今日一緒に会社で夜を過ごすのは「Dozenz」という怪物ラップアプリの仕掛け人松岡氏、スマホウイイレマスター片平氏という2名の中年男性。私も入れて3名、どこに出しても恥ずかしい、負けず劣らず鳴かず飛ばずの精鋭達だ。   ▲私(左)と松岡氏(右)。撮影は片平氏   今日の宿泊の舞台はHamee小田原オフィスの食堂兼イベントスペース。   集合時間の21時に予定通り全員集合すると、そのまま夜ご飯に突入。みんな昼間一生懸命仕事したから、お腹が減っているのだ。   この日の夜ご飯は、Hameeと同じく小田原の企業で防災のスペシャリスト「相日防災株式会社」様が提供してくださった、災害時に役立つ【非常食セット...

EC業界の若きキーマン。ケースオクロックの三浦 孝太氏インタビュー 「忙しい」と言われるEC担当者でありながら、業務効率化をすることでプライベートを充実させている。そんな「イケてる」EC担当者にお話しを聞く【ネクストエンジンライフ】。   第一回目となる今回は26歳にしてスマホケース会社の取締役兼プロデューサーとして活躍する三浦 孝太さんのこれまでの人生&プライベートに迫った。   三浦さんは1992年生まれの26歳。ビジネスの第一線で活躍する三浦さんだが、実力は大学までは本気でプロサッカー選手を目指していた。三浦さんのこれまでの人生と、今のプライベートに密着した。     【会社プロフィール】 株式会社ケースオクロック(http://caseoclock.co.jp/) 商材:スマホケース、ハンドスピナー等   【ご本人のプロフィール】 名前:三浦...

2018年10月18日、ネクストエンジンユーザー向け「年末商戦に向けて 受注&出荷をラクにするノウハウ講座」が、ネクストエンジン運営元のHameeの小田原本社にて開催されました。   ▲Hamee株式会社小田原本社   初めまして!イベントを取材することになったライターの松本です。普段なかなか来ることの無い小田原にワクワク……古き良き街並みがありながらも、オシャレなカフェやバーがあったりして、そんな中にHameeの本社はありました。   そんなHameeが運営する「ネクストエンジン」のユーザー向けイベントはこれまでも何度か開催していますが、同じネクストエンジンという共通言語を持つ者同士、みんなが持っているEC運用にまつわる内容を学ぶことができる場として、さらには共通の悩みを相談し合える場&EC事業者同士の横のつながりを持つ場として好評です。   EC事業の実務担当者は社内でも1~2名ということが多く、またノウハウもない中手探りで孤独に頑張っている方も多いですよね。たとえ販売している商品が全く異なる業種だったとしても、意外とECにまつわる悩みは同じだったりすることもあります。   本セミナーは、自社でも「Hamee楽天店」を運営し、さらに「RAKUTEN SHOP...