Top
ホーム > アキンド探訪  > 【前編】1年で売上400倍!”世界一ゆるいバー”の経営手法

えらいてんちょうによる、世界一ゆるいバーの経営

みなさんこんにちは、「えらいてんちょう」です。飲食店経営及び経営コンサルタントをしております。私はイベントバーエデンという店を経営していまして、エデンは開店から2年で系列店が5店舗もオープンして順調です。
 
今日はエデンの経営の話をしていきます。
 

エデンの初月の売上は3,000円

エデンは2年前の2016年の6月にオープンしました。当初は身内の集会所としてオープンしたので、もちろんお客さんも身内ばかり。最初の1ヶ月はの売上は3,000円でした。
 
そこでイベントを打っていくのを思い付きました。最初にバズったのは大卒無職バーです。当時のエデンのアカウントのフォロワーは200人くらいでしたがそれが1,000RTくらいされました。
 
いつもは売上が200円のお店に30人くらいお客さんが来て、売上が3万円になりました。その時に初めて儲かるかもと思いましたね。
 
次にバズったのは死にたいバーで、「死にたい」と言いながら飲むイベントです。こちらも1,000RTくらいされました。イベントが何回か当たっても月の売上は5万円、10万円くらいでした。イベントの時にだけお客さんは来ますが、まだ赤字でした。
 

▲初期のエデン▲初期のエデン

インターネット有名人をバーテンダーに起用

そんな時に私の友人のかねどーさんというインターネット有名人が、1日バーテンダーをしたいと来てくれました。そのイベントが当たって売上は4万円、何もせずにエデンに2万5,000円が入りました。
 
エデンのシステムは売上の1万円までは店に入れ、それを越えた分は店とバーテンダーの折半になります。場所代などは取らないため、ノーリスクでバーテンダーができます。それがウケました。

▲かねどー期のエデン▲かねどー期のエデン

 
エデンの家賃は10万円以下なので、インターネット有名人が月に4人来ればいい計算になります。なのでインターネット有名人に営業をかけていくことにしました。
 
例えば4万円の売上ですと4、5時間の営業でバーテンダー側の取り分は1万5,000円です。バーテンダー側にも割はよかったのでしょうね。そうしてフォロワーが5千人級の人が代わる代わる店に立ってくれるようになりました。
 
有名人が来る日の売上は2、3万円くらいでしたが、イベントの無い日は通常営業で売上も3,000円くらいでした。最初に売上がハネたのは8月で、それでも月の売上が10万円でした。そんな風にやっていく中で1日で10万円を上げるようなキラーコンテンツも生まれて、月に30万円くらいの売り上げで1年くらい推移していました。
 

▲インフルエンサー殺到期のエデン▲インフルエンサー殺到期のエデン

 

えらいてんちょうがインターネット有名人に

エデンがそれなりに収入源になっていた中で、私は2017年6月にブログを始めました。当時はエデンのフォロワーが2,000人くらいでそこそこ有名になってきたのですが、えらいてんちょうのアカウントは400人くらいでした。
 
しかし、私が始めたブログがバズって私がインターネット有名人になってしまいました。するとえらいてんちょう目当てのお客さんも来るようになります。
 
エデンは従来のインターネット有名人が1日バーテンダーをする店に加えて、「えらいてんちょうが存在する店」になりました。月の売上も50万円くらいになり、それが半年ほど続きました。
 

イベントが埋まるようになり、売上が爆増

2017年12月から売上が爆増して、その月の売上は120万円でした。それまではイベントが埋まらなかったのですが、エデンが自走し始めました。
 
エデンでバーテンダーをするということにハクが付きだし、希望者が殺到してイベントが毎日埋まるようになりました。インターネット有名人が来ない日がない、毎日インターネット有名人が居るような世界観です。私が店に立つ日も1日の売上は6万円くらいでした。
 
それも1ヶ月くらいかと思ったらそこから毎月100万円くらいの売上が続きました。エデンは10万円以下の家賃だけが原価で、私の人件費除けば損する仕組みが無く、60万の利益が出ました。
 
年間の利回りで言うと1,000%で、すごい世界観ですよね。流行店は儲かるなと実感しました。
 

各地にエデンが出店

それと並行して、エデンには遠くから来るお客さんも多かったので、地方にも出店して欲しいとの意見も出てきました。それならやろうと言う話になり、2018年の1月に誰かフランチャイズやりますか、フランチャイズ費用払ってくださいと呼びかけました。
 
すると結構応募が来ました。その中からできそうな人を私が選別していきました。名古屋と京都は4月、大阪は5月、札幌は6月にオープンし、今は全5店舗です。福岡と西東京と横浜も計画中です。エデン本店は初月の売上が3,000円でしたが、名古屋は初月30万、2ヶ月目は50万という風に全体的に順調に儲かっています。
 
こちらにはライセンス料も入ってくるので更に儲かります。
 

▲エデンの売り上げ推移▲エデンの売り上げ推移

 

後編に続く

 
後編、公開しました!

この記事を書いた人

1990年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。2015年、24歳の時に初期費用50万円でリサイクルショップをショボく起業し、ショボい経営術で1年間で系列5店舗まで拡大。現在はイベントバーエデンを経営し、ショボい起業コンサルタントも展開する。事業計画書はいらない、開業資金に何百万円もなくても大丈夫など、起業の常識をこれまでの経験をもとに覆し、ショボい起業家を増やす。このほか、ベーシックインカムハウスプロデューサー、しょぼい喫茶店アドバイザーも務める。2016年に初対面から2週間で結婚、1児の父。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!