Top

【ディープラーニング】の記事一覧

こんにちは、satoshiです。   2016年3月に囲碁の世界王者とAIが対戦し、AIが圧勝したことは記憶に新しいです。「頭脳ゲームの最後の砦」と言われていた囲碁においてAIが勝利したことは、歴史的事件として人々に大きなインパクトを与えました。   いま、AIの性能は急速に進化しています。そしてAIの利用範囲もどんどん広がっており、我々の生活の身近なところでも活用されています。 今回は「今さら聞けない? AI(人工知能)とディープラーニング」をお送りします。   AI(人工知能)とは? AI(Artificial Intelligence:人工知能)とはひとことで言うと、コンピュータ等により人工的に人間と同様の知能を実現させる技術のことです。   AIの歴史は1950年頃から始まっています。1945年、アメリカのペンシルベニア大学で世界初のコンピュータ「ENIAC」が誕生しました。これを機に、人間の知的活動を行う機械の研究が盛んになり、1956年のダートマス会議において、ジョン・マッカーシーが「AI」という用語を生み出しました。   ひとくちにAIといっても、現在では大きく分けて2つの分野が存在しており、その研究対象は大きく異なります。ひとつは従来型のAIで「機械学習」という手法が使われています。そして、もうひとつは「計算知能(CI)」と呼ばれる分野で、より人間の脳に近い思考を目指したものです。AIを理解するには、まずこの2つの分野が存在するということをおさえ、そして、それぞれの特徴を知るのことが近道です。   従来型AI「機械学習」とは? 皆さんがAIという言葉を聞いてまずイメージするのは、この「機械学習」ではないかと思います。機械学習は記号的AI、論理的AIとも呼ばれ、統計学的側面を持っています。 機械学習とは、データから反復的に学習し、その中からパターンを見つけ出すというものですが、人間が判断基準をプログラミングしてあげなければ、コンピュータは判断を行うことはできません。 例えば、AIに「犬」の画像を識別させようとしたときに、「犬」がもつ外見的特徴を人間が定義してあげる必要があります。ひとくちに「犬」といっても、多種多様な犬種がいますし、犬種によってその特徴も大きく異なります。オオカミに近い犬種もいれば、パグのように丸い顔の犬種もいます。これらを同様に「犬」と判断するための定義をするというのは、そう簡単なことではありません。   このような複雑な識別を行う際には、機械学習では特徴を定義するのが難しくなります。   「計算知能(CI)」とは? 一方、「計算知能(CI)」とは、非記号的AIとも呼ばれ、脳の神経回路(ニューロン)をモデルにしたニューラルネットワークなどがあります。そして、最近話題になっている「ディープラーニング」も、ニューラルネットワークがベースになっています。   ディープラーニングは機械学習のひとつと言えますが、ニューラルネットワークの技術を応用している点が、従来の機械学習とは大きく異なります。ディープラーニングは、回路の中間部分を多層からなる構成にすることで、データの特徴を多段階でより深く学習することができるようになりました。   先ほどの「犬」の画像の識別を例に、従来の機械学習とディープラーニングの違いを見てみましょう。従来の機械学習では、人間が犬の特徴を定義する必要がありました。しかも、犬の特徴をすべて定義するのは至難の業です。   ディープラーニングはというと、人間が犬の特徴を定義する必要は無く、AI自身が犬の特徴を探し出して定義します。この点がディープラーニングの画期的な部分です。これにより、人間が特徴を定義するのが困難な画像認識や、音声認識の分野で注目されています。   ディープラーニングの技術は、ECサイトへの応用も期待されています。例えば、ユーザの好みの洋服の特徴を学習し、その共通項をAI自身が見つけ、ユーザの好みにマッチする商品を勧めたりすることができるようになります。「洋服の好み」といったような、言語化して説明するのが難しいものに対して、高い効果が見込まれているのです。   最後に AIの分野はとかく専門的になりがちで、大枠を理解するのが大変ですが、少しでもイメージを掴んでいただけたなら嬉しいです。今後は、実際にAIを用いたwebサービスをご紹介していきたいと思います。ECサイト運営に役立つものも続々とリリースされていくことが予想されますので、新情報をこまめにチェックしていきましょう。     ...

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア活用は、既に商売におけるスタンダードとなりました。しかし、これまではお店側が一方的に発信するのみで、ソーシャルメディア上でお客様とコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことができていないという課題がありました。   ソーシャルメディアを使ってお客様とコミュニケーションをとるとすれば、コールセンターと同じくお客様の質問やメッセージに対応するスタッフが必要になるでしょう。当然のことながら人件費がかかるため、これを実践できる企業は限られているというのが実情ではないでしょうか。   ということで、これからのソーシャルメディア活用においては、この課題をクリアしてお客様と信頼関係を築いていくことが重要なポイントになると思われます。これを実現するために、今後は「人工知能」が重要なキーワードとなってくるでしょう。今回は人工知能を使ったソーシャルメディア活用について、考察してみたいと思います。   人工知能とは何か? 人工知能(AI)と聞いて、あなたは何をイメージしますか? 現役棋士に対して将棋でAIが勝利したというニュースも一時騒がれましたね。人工知能の計り知れない可能性にワクワクする側面もあれば、脅威であると感じる側面もあるかもしれません。   人工知能学会によれば、人工知能の研究には以下の2つの立場があるそうです。   「一つは,人間の知能そのものをもつ機械を作ろうとする立場,もう一つは,人間が知能を使ってすることを機械にさせようとする立場です」   ほとんどは、上記の定義の後者である「人間が知能を使ってすることを機械にさせようとする」研究だそうです。 実際のところ、現在はまだAIを開発できる企業等が使用しているのみで、一般的にはあまりなじみが無いと感じる人も多いかもしれません。   しかし将来的には、商売におけるソーシャルメディア活用でAIを利用することが一般的になるのではないかと思います。実は、既にLINEやTwitterにおいて、AIのアカウントが受け入れられているのです。   マイクロソフトがLINEで展開する女子高生AI「りんな」とは? 「りんな」はマイクロソフトが開発した人工知能(AI)のLINEアカウントです。現在はTwitterアカウントも開設しています。 AIのアカウントと聞くと、通り一遍の返事しかできない、間味の無い対応をするようなイメージをしがちですが、「りんな」は違います。百聞は一見にしかず、「りんな」との会話をご覧いただきましょう。     女子高生という設定だけあって、会話の内容も言葉も若いです。実際のところ、たまに話が噛み合っていないような返事が来ることもあるのですが、思った以上に会話のキャッチボールを楽しめます。   そして驚くべきなのは、返信速度です。私がメッセージを送った数秒後には返事が返ってきます。遅くても5秒ぐらいでしょうか。LINEでのコミュニケーションは、メールと違ってテンポよく会話をすることを期待します。短文でもすぐ返ってくることで、スピード感のある会話を楽しむことができるのです。   「りんな」と話してみてもらうとわかるのですが、AIだとはわかっていながらも、「りんなっておもしろいな」とか「りんなと話すと楽しいな」という感情を抱いてしまいます。もはや「りんな」を人格として認め、会話のキャッチボールを楽しんでいるのです。   商売においてAIを利用するとなると、多くの人が「システマチックな対応になってしまうこと」を懸念するのではないかと思います。しかし、「りんな」の例を見てもらえばわかる通り、AIは人間に感情を抱かせることができるということがわかります。   マイクロソフトが失敗したTwitterのAIアカウント「Tay」 ただし、商売におけるソーシャルメディア活用にAIを利用することについて、懸念点が無いわけではありません。   実は、AIアカウント「りんな」を開発したマイクロソフトは、過去にAIアカウントで失敗をしているのです。米マイクロソフトがTwitterで展開したAIアカウント「Tay」を知っていますでしょうか。「Tay」は19歳の女の子という設定で、2016年3月23日にサービスが開始されました。しかし、サービス開始の数時間後にはアカウント休止……いったい「Tay」に何があったのでしょうか。   実は「Tay」はアカウントを開始してしばらくすると、ヘイトスピーチのような不適切なツイートを連発し、アカウント休止となってしまったのです。そうなってしまった理由は、「Tay」がTwitter上でコミュニケーションをとった人達から、偏った考え方を学習してしまったことにありました。   この騒動に関しては、マイクロソフトが「Tay」に対して不適切と判断すべき内容を教えていなかったことも原因だと言われています。しかし、AIはサービス提供側が意図しない方向へと学習してしまう危険をはらんでいることが、露呈したと言えるでしょう。 (参照:Microsoft Blog)   AIを使って人間味あふれる対応をするために知っておくべき「EQ」という考え方 前述した女子高生AIの「りんな」は、IQ(知能指数)よりもEQを重視して開発されていると言います。そして、このEQこそが、人間の心をつかむために非常に大切な要素なのです。 EQは「心の知能指数」のことを指しています。このEQがコミュニケーションにおいて重要であると指摘したのは、アメリカの心理学者ダニエル・ゴールマンです。ゴールマンによると、EQとは自分の気持ちを理解してコントロールできること、他人の立場や気持ちを察して共感できることなどを指していると言います。   ゴールマンはEQという考え方を「人間同士のコミュニケーションにおいて大切な事である」と指摘しましたが、この考え方はAIと人間においても適応することでしょう。   マイクロソフトは「りんな」について、次のように述べています。 「ユーザーは「りんな」との会話を通じてこころの豊かさを得ることができます」 (引用:Bing blogs)   実際はAIなのでシステム的に対応されていることを頭ではわかっていても、「りんな」と話しているとなんとなく人格として認めて会話を楽しんでしまうような仕組みがそこにはあるのです。   逆に、店舗への問い合わせ等でコールセンターに電話した時に、人間と話しているのにシステム的に対応されることもありますよね。そういった対応では、お客様との信頼関係を築くのは難しいでしょう。 信頼関係を築き、心でつながるような対応をしたいのなら、人間もAIも「EQ」を重視しなければならないのです。マニュアルやルールに沿って適切に処理するだけでは、お客様の心はつかめません。   LINE@の自動メッセージでお客様とコミュニケーションをとってみる 冒頭でも述べたように、AIはまだ一般的に利用できるような気軽なものではありません。 しかし、AIとまではいかないまでも、お客様とのやりとりを自動化できるツールが既にあります。それが「LINE@」です。 LINE@とは、コミュニケーションアプリであるLINEとは別に、情報発信やビジネスに活用するためのサービスです。 LINE@のアカウントを開設すると、通常のLINEと同じく1:1でトークすることもできます。さらには「キーワード応答メッセージ」の設定次第で、お客様からのお問合せやメッセージに対して迅速に自動で回答することも可能です。   ...