Top

【働き方】の記事一覧

現在、人工知能いわゆるAIの発達はすさまじいものがあります。誰もが聞いた事がある大企業もAIの開発に取り組んでおり、今後高性能のAIが生まれれば我々の労働環境も大きく変わるのではないかと言われています。     将来生まれてくる超高性能AI。この登場によって我々の働き方はどのように変わってくるのでしょうか。 働き方改革①:AIがもたらす環境変化 AIは様々なパターンを学習し、どうすれば最も効率的なのか、最適なのかという解を瞬時に判断し、行動に移すことができます。人間と違い感情を伴うことがないので、瞬時に適切な判断・行動を下すことができるということから、確実性が求められる仕事についてAIの採用が進められています。     最適解を求めることに特化した人工知能。セオリーやパターンなどがある物事については、強力な能力を発揮します。実際に将棋などの定石やパターンなどが存在するもので人間と対局をすると圧倒的なパワーを発揮しています。     最も適切なものを考えるスピード、正確さに関しては人間よりも非常に適しており、実際にプロ棋士をも次々に破っているのです。そんなAIですが職場環境にも大きな影響を与え続けているのです。どのような影響を与えているのでしょうか? 働き方改革②:既に導入されているAI 現在、AIが導入されている職場としては単純作業が求められている職場です。自動車製造のラインや倉庫の在庫管理、そしてその運搬などはAIが導入されていることが多くなってきています。     AIを開発している会社の多くは人件費を削減するためという目的のところも多く、人間でなくても人工知能ができるようにさせるという目的のもと、AIの高性能化を進めているところが多いです。     そのため、AIが普及してしまえば仕事を失う労働者も多いでしょう。AIが普及すれば雇用主としては豊かになるものの、雇用される側は仕事失う状況になっており、AIの開発を推し進めた方がいいという意見もある中、あまりにも人工知能が発達しすぎると人間のやるべき仕事がなくなってしまうのではないかという意見も出てきています。     ですが、どんなにAIが普及したとしても人間にしかできない仕事というものも存在します。 働き方改革③:人間にしかできないスキル 人間にしかできない仕事、それは何なのかというとコミュニケーションです。実際に人間とコミュニケーションができるAIを積んだロボットは長い間研究されているものの、革新的な進化を果たせてはいません。     最近携帯電話の会社から発売されたロボットも人工知能が搭載されています。しかし、人間の感情を理解するという点に関しては程遠いものがあります。     医療の現場でAIを積んだロボットが患者の相手をする動きが実際に行われていますが、あたたかみが感じ取れないということから抵抗を示している患者も多いようです。     今後、単純作業だけで済むような仕事はAIに駆逐されていくかもしれません。コミュニケーションが必要な現場においても、ただのオペレーターや受付などはAIに支配されてしまう可能性もあります。ですがセールスマン、先生や講師、カウンセラーなどはAIに任せられるとは言えない状況です。     やはり相互コミュニケーションが必要な職業は相手の気持ちを理解するという人間らしい技術がなければ不可能です。今後AIが台頭していく労働環境の中で人間が確実に生き残っていくためには、人間にしかできないスキル、つまりコミュニケーション能力に特化した仕事に就けば問題は無いのです。     働き方を考える、働き方を変えるいいタイミングなのかもしれません。 まとめ 以上、AIがもたらす労働環境の変異についてご紹介してきました。AIが人の働き口を奪ってしまう未来はそう遠くありません。実際にすでにAIが導入されたため、仕事を失ったという人も存在しています。ですが、人間にしかできないコミュニケーションというスキルを磨いていけば仕事を失うことはありません。     人工知能は生き物ではありませんから、人の感情を察するということに関して人間に勝ることはできないのです。これから、AIが台頭していく社会の中で生き残っていくためには、一人一人が人間らしさというのは何なのかというのを突き詰めなければなりません。その答えの一つであるコミュニケーションスキルなのです。     ▼あわせて読みたい▼ 『人工知能(AI)×働き方』人工知能サービスを用いることでどう変わるのか。     ...