Top

【台湾】の記事一覧

Hi! 2012年に入社したHamee台湾のピエールです。 入社後は日本で欧米向けネットショップの運営をしながら、Hameeの文化や日本の文化を学びました。そしてその後、2014年7月に台湾の市場調査のため、台湾に渡りました。 そして台湾に越境ECの拠点を作り、ビジネスパートナーに“Hamee”の使用権を渡し、 日本から商品を卸しながら、台湾ECの可能性を調査していました。   そして、ついに! 直接ネットショップ運営に乗り出すことになったので、 台湾ECについて分かったことと気をつけたいことをまとめました!   台湾はコンビニ受け取りがスタンダード 台湾台湾当局・経済部統計処によると、 2014年末の時点で、台湾の4大コンビニの店舗数が合計1万店を超えたそうです。 台湾の人口から換算すると、2300人に1店の割合です。日本の2450人に1店の割合よりも密度が高く、世界一となりました。 特に台北中心は100メートル以内に3つ以上コンビニがあることが普通です。 なんとコンビニの隣にコンビニがあることもあるんですよ。   そんな環境なので、台湾の商品の受け取り方は「コンビニ受け取り」がスタンダード。 実際、私たちのお客様のなんと70%はコンビニ受け取りでの注文です。 ネットショップ運営者もコンビニに発送するか、 コンビニの倉庫に商品を発送するだけなので、とても簡単です。   コンビニの店員さんもピピッと対応してくれます。 お客様に商品が届くのはだいたい2日後。 3日以内の商品到着が台湾ECでは普通ですね。   台湾EC成功の鍵はYahoo!にある!? 台湾のEC市場の規模は毎年二桁成長を遂げています。 この美味しい市場に興味がある、積極的に参入を検討してる会社は沢山あります。   台湾で一番人気のECプラットフォームは「 Yahoo! 」です。 Yahoo!には「...

こんにちは。経理・財務部の小林です!   Hameeに入社してからずっと経理の仕事をしています。 これまでは「決算早期化」「会計監査対応」「経理体制の構築」等の上場するために尽力してきました。 そんな中、現在Hameeは海外展開、越境ECを強化しており、台湾子会社の設立を任せて頂けることになりました。  「最初は初めての経験に不安と、難しいんじゃないかという印象でした…。」 子会社を設立するにあたり、色々とネットで検索したり、本を調べてみたのですが、あまりピンっ!とくる情報にありつけませんでした。 そんな私の経験を生かし、これから台湾市場に興味があり、いつかは台湾に進出したい!と野望を抱いている方々のお役に少しでも立てればと思い、今回記事を書かせて頂きます!   台湾子会社設立までの道のり では具体的な設立手続に入る前に、まずは台湾子会社設立までの道のりを簡単に説明したいと思います! Hameeは2012年に新卒採用で台湾人のピエールを採用し、2年間本社で欧米向けネットショップの運営を通じて修業を積んでもらいました。 「Hamee Taiwanのピエールだよ!!」 ピエールと私は同い年でプライベートでも遊ぶほどの親しい仲です。 休みの日に一緒にバスケをしたり、回転寿司を食べに行ったりと本当に良い思い出がいっぱいです…が、話しが脱線しそうなので話しを戻します!   Hameeは、2014年8月台湾に駐在員事務所を設立しました。 事務所にはピエールが駐在し(台湾人だからほぼ帰国ですね)、市場調査を行いながら、台湾市場向けのネットショップ運営を開始すべく、着々と準備を進めてくれました。   ピエールにとって台湾は自国ですが、本当にこの1年間大変だったようです。 台湾ECの事を彼自身が綴っています。台湾向けネットショップ運営を検討している方必見!調査をしてみて気がついた3つのポイントも是非ご覧ください。 そして2015年7月、満を持して「Hamee...