Top

【商売】の記事一覧

  僕は起業に失敗しました。   はじめまして。借金玉と申します。   僕は26歳で起業しました。業種は飲食と輸入貿易です。 ざっくりいいますと、「イケてる商品を輸入して、その商品を軸にした飲食店を多店舗展開しながら卸売りもするぜ、原価も下がって儲かるぜ!」みたいな事業でした。集めた出資金は4000万円程度。そこに会社名義での借り入れを2000万ほど行いました。(もちろん会社の連帯保証人は僕です)最初はそこそこ上手くいきましたが、従業員が10人ほどまで膨らんだところで悪い意味でのビッグバンが起こり、結果として現在、僕は31歳の無一文です。辛うじて破産は回避できましたが、何一つ手には残りませんでした。そういうわけで、ニューアキンドセンター様で文章を書かせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。   さて、起業の失敗というのはわりと個別性が高く、失敗の原因は会社や経営者、業種あるいは社会情勢などによりけりといえると思いますが、それでも大体「これで失敗する」という典型パターンはあります。典型パターンだけでも無数にあるんですが、これから起業を志す方に最初にお伝えしたいのは「人」の話です。それも、創業初期における人の話です。僕が最も失敗したところと言えると思います。会社の基本はやはり「人」です。人が働いて利益を生み出すという基本構造はどのような会社でもまず変わりません。   これは起業に失敗した人間の書いている文章ですので、「どうやったら起業に成功するか」という需要には応えられません。そんなの知ってたら自分でもう一回起業しています。しかし、どうやったら起業に失敗するかに関しては、あまり詳しくなりたくはなかったのですが詳しくなってしまいました。そんな文章です。起業を志す皆様の何かの役に立てば幸いです。 人間は裏切りますし、裏切りが発生するのは全て代表取締役の責任です これから起業をする皆さんになんとなくでもいいので覚えておいて欲しいなぁと思うことがあります。表題の通りなのですが、人間は必ず裏切るということです。ピンと来ない人もいるとは思いますが、少なくともそう考えておいて損はありません。もし起業をされたら、いずれ嫌というほどわかると思います。   どういう形で起業するかによって状況は多少変化するでしょうが、なんにせよこれから先あなたが起業をするならば、出資者(株主)、役員、従業員といった社内の人間と必ず渡り合っていくことになります。 もしあなたが代表取締役であるなら、これらの登場人物の利害が相反しないように調整することが最大の仕事になるでしょう。構成員全員の見ている物が違う組織が生き残っていくことはほとんど不可能です。それぞれの思惑があることは百も承知の上で、全員が一つの目標に向かって能力をフルに出していける環境を作れなければ、事業の成功などままなりません。   もし、その中で離反者や裏切り者が出たのであれば、それは代表取締役のあなたが悪いのです。裏切った方が得な環境を作ってしまった時点で、あなたにはなんの弁解の余地もありません。それは全てあなたの責任です。その覚悟を決めてください。これを受け入れ、「裏切りようのない」組織を形成する努力をしましょう。   それは、実は創業初期にしか出来ないことなのです。創業初期は大抵の場合、代表取締役も、役員も、出資者も(存在するとすれば)従業員も、熱に浮かされています。将来この中から致命的な裏切り者が出るなんて全く考えることはないでしょう。重要な職責を担う人間が突然離反した時のことなんて想像もしないでしょう。未来には希望しか見えないと思います。僕もそうでした。でも、とても残念なことなのですが、確実といっても過言ではない確率で裏切り者は出ます。自分の会社を見ても、他人の会社を見てもやはりそういうものなのだな、と思います。   創業初期にきちんと人間の利害関係を調整し、一つの目標に向かって進める組織を作ることが何より大切です。裏切られるのは裏切られた方が悪い、騙されるのは騙された方が悪い。そう腹を括って、具体的な対策を講じた上で創業出来るかどうかで、会社の生存率は大きく変化すると思います。       まとめ ・人間は裏切ります。   ・裏切られるのは代表取締役の責任です。   ・裏切られた方が悪いです。騙された方が悪いです。   ・創業初期にしっかりと、全てのプレイヤーが会社を裏切ることの出来ないシステムを作り上げましょう。 創業メンバーの選び方とザイルの結び方 僕は「気の合う仲間と楽しく起業」をどちらかといえば否定する立場です。もちろん、これから長く仕事を一緒にしていく仲間ですから、気があうに越したことはもちろんないんですが。それは気の合う仲間と不倶戴天の敵になるリスクを受け入れた上でのことだと思います。僕が今「必ず報復する」と心に誓っている人間も、かつてはとても気の合う仲間でした。そういうものに耐えられないと思うのであれば、一人で起業されることを薦めます。(まぁ、とはいってもその後、従業員を雇ったら似たような事態は普通に起こるんですけど)   しかし、もちろん複数人で起業をするメリットもあります。それぞれ違う能力を相互に補い合うことが出来るからです。実際、僕は営業や企画が強いですが事務作業がまるでダメですので、役員には事務作業が非常に得意な人間を入れました。   会社経営や事業運営に付随する非常に煩雑な事務作業を、大まかな指示だけで全て自分で調べて実行出来る人間を採用できたのは私にとって、とても幸運なことで、彼がいてくれたおかげで私は自分の得意ジャンルの仕事に専念することが可能でした。いつかまた彼と一緒に仕事をしたいと心から思っています。(彼はもう僕と仕事はしたくないだろうけれど…)これは余談ですが、創業期は「誰もその仕事をやったこともなければやり方も知らない」状態が日常です。自分で調べて実行して成功させる能力の無い人間は創業メンバーには向きません。   また、創業する業種によっては商材の専門知識を持った人間を迎え入れる必要に迫られる場合もあると思います。例えば「プログラムは書けないけどITで起業したい」ということもありえるでしょう。(オススメはしないけどありえないことでもないとは思う)その場合、プログラマーを雇わなければ話にならないですね。   経営の面白いところは、人間を雇えば自分では出来ないことがどんどん出来るようになることです。可能性が自分の限界を超えて大きく広がっていくのはとても楽しいですね。市場にはあらゆる能力や経験を持ったプレイヤーが存在しています。基本的には金さえ払えば大抵の能力や経験を手に入れることが出来るでしょう。もちろんそこに落とし穴があります。自分に出来ないことを他人に業務としてやらせるということは、当該プレイヤーに抜けられたらその仕事が誰にもこなせなくなるということです。このパターンで終わる事業はいっぱいあります。創業初期の業務内容なんて、ほとんど100%が属人的なものですから。   例えば3人で創業する場合ですがその3人は全員が「誰1人抜けても事業が成り立たない強力なスキルを持った3人」だと思います。そうじゃなきゃ、わざわざ組む意味がないですからね。それはつまり、1人抜けたら最悪の場合、会社が潰れるということです。これを防ぐ手立は必ず打っておく必要があります。(逆に、初期メンバーの中に必要不可欠と言える能力のない人間が混ざっていた場合ですが、確実に後から揉め事になります。「あいつはいらない」と誰かが言い出します。避けましょう)   創業メンバーの中で代表取締役1人が自社の株式を保有している場合などはわりと良い手があります。他のメンバーに自分の持っている株式の一部を譲渡する代わりに、特殊な条項のついた借用書を切らせるのです。要するに、n年問題なく働いて結果を出したらこの株式購入のための借金はチャラ、ただし途中で離反したり会社に対して背信行為を働いたりした場合は全額ただちに返済、みたいなやつです。詳しいことは弁護士に相談してください。ちょっとお金はかかりますが、かなり強力です。なるべく理不尽な額をつけておきましょう。(おまえがこの会社を裏切る気はないだろうから金額なんて単なる数字だろ?それくらいの覚悟みせろよ)   この書類にサインをさせておくだけで、少なくとも規定年月の間、裏切りや離反がやりにくくなりますし、背信行為を働いた場合の懲罰も可能になります。また、法的拘束力は微妙ですが、「話し合いの末持ち株を返却した上で退職という形になった場合は、同業他社への転職をn年禁じる」などの条項を入れておいても損はないでしょう。   創業メンバー全員が出資をした場合などについては、なるべくリスクを応分に分散させて逃げられなくする方法もあります。具体的に言えば、銀行融資などを引く際の連帯保証人に全員を連座させれば、そうそう逃げることは出来ません。(ただ、この場合、指揮系統が不明瞭になる欠点がありますが…)他にも様々なやり方が考えられると思います。起業の形態に合わせて頭を絞りましょう。   先ほどの、株式購入のための貸借契約を結ぶということは、とりもなおさず「例え創業メンバーの親が大病を患って介護が必要な状態になっても、創業メンバーには常に会社を優先させる」ということです。「親の介護で戦列を離れる」という人間が出た時は、「では契約通り満額を支払え、支払いがなければ裁判もきっちり起こす」と告げる腹が必要です。どれほど強力な契約も、それを履行する人間の意志なしには成り立たないからですからね。一回それをやったら「あなたとの契約は反故に出来る」と全ての人間が認識します。そうなったらお終いです。   逆に言えば、親や身内が死にかけたくらいで戦列を離れるような代表取締役は話にならないということでもあります。なにせ、登場人物全員の人生がかかっているのが会社ですから。その辺は強く認識しておく必要があります。親の死に目に会いたいならサラリーマンやるのがいいと思います。期待値だってそっちの方がずっと高い。もちろんね、仕事の合間に親御さんの面倒を見る余裕があればそうすればいいんですけど、残念ながら創業初期にその余裕があるかというとね…。   この手の提案をすると「それは嫌だ」と主張する人間ももちろんいると思います。「自分は能力と労働力を提供するのみでリスクはとりたくない」というタイプです。そういう人間は、あくまで「従業員」あるいは持ち株なしの「役員」としての参画に留めるのがベストでしょう。更に言うと、そういう人間を「抜けられたら絶対に困る」というポジションにつけてはいけません。労働法にうるさいことを言われない役員辺りにしとくのがいいと思います。逃げることが可能な人間は、長期的には必ず逃げます。人間同士の無根拠な信頼関係なんて、一切信じるに足りません。   創業初期は、とにかくフリーライドしようとする人間が山ほど寄ってきます。あなたの創業プランが優秀であればあるほど、妙に使えそうな人間がよってきたりもします。しかし、フリーライダーは風向きが良く高い給料が出る内は元気に働きますが、会社が窮地に陥ったときあっという間に逃げ出します。他社からもっと良い条件を出された時もあっさり逃げます、それも持てる物は全部持ってです。信頼できるのは、リスクを背負った人間だけです。僕はこれを「ザイルを結ぶ」と表現しています。誰かが落ちたら皆で引き上げる、どうしてもだめなら皆で落ちて死ぬ。その覚悟が決まっていない人間を経営の中核に入れては、絶対にいけません。   創業を共にするということは、最悪のときは一緒に死ぬ覚悟を持つということです。創業メンバーは、「事業に欠かせない能力を持ち」「リスクを取る覚悟がある」人間を旨に選びましょう。この二つがそろわない限り、「絶対に必要な人間」として仲間に迎えるのは不可能です。そして、それを踏まえた上での創業メンバー選びが「気の合う仲間」であったなら、それは本当に幸福なことだと思います。まぁ、非常に難しいとは思いますが。   人間を「信頼する」というのは、十分に外形的要因を整えた上でのみ成立する概念だと強く認識しましょう。リスクを負わない人間を信頼しては絶対にいけません。というよりは、信頼出来る人間なんてこの世には1人もいません、信頼するに足る状況にある人間が存在するだけです。あと、契約書にサインする意味のわかってないバカというのも稀に存在して、そういう人間は契約とか結んでもあまり意味がないので絶対経営に入れてはダメです。話が通じない上に落としどころなどという概念もないので、一回揉めたら行き着くところまで行くしかなくなります。(そういう人間がわりとある種の仕事が出来たりするのが世界の怖いところです)       まとめ ・複数人で創業するメリットはあるが、デメリットも多い。   ・リスクを差し出せない人間は経営の中核メンバー足り得ない。   ・複数人で起業をする際は、コアメンバー全員がきちんとザイルを結ぶこと。   ・一度結んだ契約は一切の情を排して履行する覚悟を持つこと、またその厳しさを己にも課すこと。   ・バカは不可。 多くの問題は創業初期に起きている 僕は26歳で起業して今年32歳になりますが、改めてこの数年間を振り返ると、多くの問題の根源は創業初期にあったと感じています。もちろん、僕が抱えていた問題はこのエントリに書かれた程度のものではなく、もっと大量の問題があって、それにふさわしい結果に至ったわけですが。   正直なところ、後悔は尽きません。あの時、ああしていればがどこまでも積みあがります。資金は初めての起業としては望外なほどあった、創業期に集まった人間の能力だって決して低くはなかった。むしろ、僕が発起した会社を考えると望外な能力を持ったメンバーが集まったと思います。でも、たくさんの問題があった。しかし、創業初期にその問題に気づくことは出来ませんでした。根底には、やはり人間に対する理解の甘さがあったと思います。   本当のことを言うと、もっと自分の失敗を具体的かつ赤裸々に書いた方が面白いテキストになるんだろうなぁとは思うのですが、まだ傷が癒えきっておらず吐き気、眩暈、動悸、震えなどの症状が発生したため、この程度の画素数で書かせていただきました。まぁ、勘の良い方なら、大体どこで失敗したかわかりますよね…。人間って、3人集まったらもう戦争するんですよ・・・。あれほど熱く未来を語り合って創業した仲間たちでもね…。   初めての起業はとにかく忙しいと思います。雑務だけでも大量に発生しますし、大体のことが初体験でしょうから、精神肉体両面での負荷も非常に高い。その上、一度事業が動き出してしまえば1日だって無駄には出来ません。人件費がかかってますからね。事務所を借りてれば賃料もかかります。一日無駄にすれば、その分だけ命より尊い資本金が目減りしていくわけです。   しかし、その上で焦らないで欲しいと思います。きちんと会社の仕組みを作り、これから発展させていくことを想定した揺るがぬ土台をきちんと組むことの方がずっと大事です。創業初期に発生していた問題は、往々にしてしばらくは表面化しません。それは、会社が成長していく過程の中で徐々に現れて来ます。そして、そうなってしまってからでは、大きなリスクを伴う抜本改革を行うか、対症療法を繰り返して誤魔化していくかの選択しか取れなくなります。本当に、僕みたいなことにはならないで欲しいです。まぁ、とにかくね、創業時は一回、弁護士に相談に行った方がいいですよ。腕が良くてノウハウ豊富で、タチが悪いアイディアがポンポン出てくるタイプの。   会社経営ですが、想像し得る悪いことは大体全部起きますし、想像もしなかった悪いことも大量に起きます。信頼していた役員が金庫と口座の現金を全部持って失踪、なんてこともこの界隈では大変よくある話です。それに近いことは弊社でも普通に起きました。 それでも尚、起業を志す皆さん、頑張ってください。心から応援しています。僕ももうちょっとこっちを頑張ったら、また追いかけるつもりです。やっていきましょう。     ...

  商人のバイブルとも言われている、「マッチ売りの少女」という物語をご存知でしょうか?少女がマッチを売ろうにも中々売れないという、あの物語です。       この物語のタイトルを一文字ずつ変えていき、変えたタイトルから物語の全貌を想像して強引に文章にすると一体何がどうなるのか、気になったことはないでしょうか?ありませんよね?私はありません。というか、意味がよく分かりません。       それでは原作から順にご覧頂きましょう。   マッチ売りの少女   「マッチはいりませんか。」       大晦日、寒空の下で少女が通行人にマッチを売っている。父親に怒られるので、マッチが売れるまでは家に戻ることは出来ない。寒さと空腹に震えながら歩き回るも、少女からマッチを買う者は、一人もいない。       *       やがて少女は座り込み、寒さを凌ぐために自分のマッチに火をつけ始めた。       マッチに火がついた瞬間、少女の目の前に暖かいストーブや七面鳥、飾られたクリスマスツリーといった幻影が出現する。それらの幻影は火が消えると共に、彼女の前から消えてしまう。       *       ふと空を見上げた少女は流れ星をみつけ、その昔、自分を可愛がってくれた祖母のことを思い出す。       「流れ星が流れる時、誰かの魂が神様の元に引き上げられる」昔、祖母は言った。次に少女がマッチに火をつけると、目の前に祖母の幻影が現れる。       少女は祖母の幻影が消えないように夢中で全てのマッチに火をつける。幻影の祖母はマッチの光の中で少女を優しく抱き、少女はとても幸せな気持ちになる。       *       翌朝、凍え死んでしまった少女を見つけ、人々は可哀想な子だと思う。少女がどれだけ美しいものを見たのか想像する者は、一人もいない。   マッチョ売りの少女   「マッチョはいりませんか。」   大晦日、寒空の下でムキムキの少女が通行人に発達した高背筋を見せつけている。マッチョだけが、彼女の売りなのだ。しかし父親に怒られるので、家の中で披露することは出来ない。       寒さと空腹に震えながら見せつけるも、通行人は、ただただ怯えるばかり。       *       やがて少女は座り込み、寒さを凌ぐために想像を絶するトレーニングを始めた。地面に寝そべり、仰向けになって両腕で近くのベンチの脚を握りしめる。       そして肩甲骨を地面につけた状態で、身体の他の部分を全て宙に浮かせた。「ドラゴン・フラッグ」       そう、これはブルース・リーが究極の肉体を手に入れるために実践したトレーニング法だ。幼くしてこのトレーニングに着手する強者は、そういない。       少女の身体が宙に浮いたままピタリと止まる。両腕の筋肉が悲鳴を上げる。腹筋が悲鳴を上げる。刹那、悲鳴をあげているのは筋肉だけでないことに気付く。通行人もだ。       *       ふと空を見上げた少女は、流れ星をみつけ、その昔、自分を可愛がってくれたムキムキの祖母のことを思い出す。       「流れ星が流れる時、誰かの魂が神様の元に引き上げられる」昔、祖母は言った。少女が腹筋にさらなる力を込めると、目の前に祖母の幻影が現れる。       少女は祖母の幻影が消えないよう、張り裂けそうな全身の痛みを押し殺し、無我夢中で全身の筋肉を酷使する。フルパワー、100%中の100%!       やがて地面についていたはずの彼女の肩甲骨も宙に浮き、うつ伏せの少女が触れているのはベンチの椅子の脚のみとなる。幻影の祖母は少女を優しく抱き、少女はとても幸せな気持ちになる。       *       翌朝、強靭な肉体を手に入れ見違える程成長した少女を見つけ、人々は恐ろしい格闘家だなと思う。その格闘家が、昨日トレーニングをつんでいた少女と同一人物だと想像する者は、一人もいない。   マッチョ牛の少女   「モオオオオオオ〜ン。」       大晦日、寒空の下で少女が重低音の唸り声をあげている。その姿は、胴回り・足回りの筋肉が異常な程発達した牛、すなわち「マッチョ牛」である。       茶色い皮膚、小振りな角、堂々たる四足歩行。寒さと空腹に震えながら歩き回るも、マッチョ牛からマッチを買う者は、一人もいない。というか、別にその牛はマッチを売ってはいない。       *       やがてマッチョ牛の少女は座り込み、寒さを凌ぐために「反芻(はんすう)」をすることにした。       昼に食べ、既に噛み砕いて飲み込んだ食べ物を、胃から口に戻し、改めて噛み、また飲み込む。これは食物を昇華するための活動であり、反芻動物にとっては日常的な出来事である。       マッチョ牛の胃から、昼に食べた七面鳥や、昼に食べた暖かいストーブや、昼に食べたクリスマスツリーといった物体が出現する。それらの物体を充分に噛み砕き、そしてマッチョ牛の少女は改めてそれらを飲み込んでいく。まさに反芻だ。       *       ふと空を見上げたマッチョ牛の少女は流れ星をみつけ、その昔、自分を可愛がってくれた祖母のことを思い出す。       「流れ星が流れる時、誰かの魂が神様の元に引き上げられる」昔、祖母は言った。次にマッチョ牛が反芻をしようとすると、彼女の胃から祖母が現れる。       マッチョ牛の少女は、祖母の幻影が消えないように夢中で反芻を続ける。幻影の祖母はマッチョ牛の少女を優しく抱き、マッチョ牛の少女はとても幸せな気持ちになる。       *       翌朝、寒さに耐え引き続き堂々と闊歩しているマッチョ牛を見つけ、人々はさすが牛だな、と大いに感心する。       今日もミュンヘンの朝は平和だ。   マッチョ牛のShow Time   「ladies and...

  ビジネス本というものがある。商売が成功するために必要なことが書いてあったりするのだけれど、抽象的なことが多い。またビジネスなので、それをやってもすぐに結果がでるわけではないので、果たしてどういうことか、という疑問が浮かぶ。   そこで、ビジネスでよく言われていることを、わかりやすく説明したいと思う。「可視化」である。それをやるとどうなるのか、ということをJKがすべて裸で説明するのだ。 JKのビジネス講座 商売で成功するためには、幾つかのポイントがある。それは「視野を広げる」や、「見る角度を変える」などだったりする。ただそれがどのような結果をもたらすかはわからない。商売は、たとえば積み木のように形があるものではないので、抽象的に感じるのだ。 どうも、JKです!   そこで今回はJKがよく言う商売のポイントを裸で説明したいと思う。視野を広げるとはどのようなことか、見る角度を変えるとどのような結果を期待できるのか、それをJKが説明するのだ。裸で。 どうも、地主恵亮(JK)です! 本名です! JK(地主恵亮)視野を広げる JKとは「女子高生」ではなく、これを書いている「地主恵亮」のことである。イニシャルが「JK」なのだ。そのJKが裸でビジネスを教える。まずは「視野を広げる」。一般的によく言われる商売のポイントだ。 普通の格好です!   視野を広げることでどのようないいことがあるのだろうか。先にも書いたように商売はすぐに結果がでるわけではないので、よくわからない。そこで上記の画像なのだ。近い視野では上記の彼はYシャツにネクタイを締めている普通のビジネスパーソンのように見える。しかし、視野を広げてみようではないか。 裸です!   視野を広げることで、JKの裸を見ることができるのだ。近い視野では確かに服を着ている。しかし、視野を広げれば裸を見ることができるのだ。JKの裸を見たいか否か。見たいに決まっている。視野を広げれば裸を見ることができる。そういうことなのだ。 視野を、 広げれば、 明るい未来の扉が開きます! JK(地主恵亮)見る角度を変える モノの見方を変える、というのも商売のポイントだ。一方からしかモノを見ていては、商売を成功へと導くことができない。違う角度から見ることで、今までとは違う風景が広がるかもしれないのだ。 普通の格好です!   とは言っても、違う角度で見るとどのような結果をもたらすかは分からない。それを説明するのが上記の画像。確かに彼はコートを着ている。寒い日なのだ。コートを着る必要があるのだ。ただ見る角度を変えてみようではないか。違う景色になるかもしれない。 見る角度を 変えれば、 裸です!   一方からしかモノを見ていなかったら、JKの裸を見ることができない。ただ角度を変えたらどうだろうか。裸だ。そういうことなのだ。モノを多角的に見ることで、普段は見ることのできない露出したJKを見ることができるのだ。寒くても裸、ということだってあるのだ。 見る角度を変えると裸が現れます! JK(地主恵亮)上を向く 足元を見て経営することが大切だ。無謀な賭けに出ては、自分はもちろん、社員を路頭に迷わすことになる。ただ常に「上を向いて経営」することも大切だ。高みを目指すのだ。上を見ることで会社はもっと大きくなるのだ。 普通の格好です!   今のポジションに甘んじていてはダメだ。もっと上を向くことが大切だ。ただ上を向くとどうなるのか、というのが問題だ。上を向いて経営して会社が潰れるかもしれない。ただ上を向くといいことがあるのだ。 胸を、見ることができます!   足元ばかり見ていては、せっかくのJKの胸を見ることができないのだ。上を向くことで胸を見ることができる。そういうことなのだ。誰だってJKの胸を見たい。そのためには上を向いて経営するのが大切となってくるのである。 上を向けば、JKの胸を見ることができます! JK(地主恵亮)効率的にする 何事も効率的にすることが求められている。リソースを無駄にしないためには効率的であることが必要だ。ただやはり効率的、と言われても、それをするとどうなるの、と疑問が浮かぶ。今までだって回っていたのに、効率的にすることに意味があるのだろうか。 裸を見ることができます!   こういうことだ。焦らされないのだ。いきなり裸である。脱ぐ時間とか角度を変えたりする必要がない。いきなり裸。そういうことなのだ。いきなり裸って、と思うかもしれないけれど、どうせ裸になるのだから、最初から裸でいいのだ。これが効率的ということだ。 効率的に、 するとは、 常に裸ということです! JK(地主恵亮)長い目で見る 商売はすぐに結果が出るとは限らない。長い目で見ることも必要となる。早くにそのプロジェクトを打ち切ったことで、もしかしたら得ることのできた利益を手に入れることができないかもしれないのだ。 普通の、 格好です!   もちろん長い目で見ることは危険も伴う。軌道に乗るまでは赤字かもしれない。大切な時間もそちらに取られるかもしれない。そんなリスクを犯した先に何が待っているというのか。それが下記の画像だ。 長い目で、 見ると、 やがて、 裸を、 見ることができるのです!   早々に打ち切っていたら、裸を見ることができなかったのだ。皆さんは長い目で時間を割いたから、JKの裸を見ることができた。時にはこのように時間をかけることも大切だ。すぐに判断をしてはダメ。さっきまで服を着ていても、脱ぎ始める可能性だってあるのだ。 時間をかけましょう! JK(地主恵亮)ビジネスのまとめ ここまで学んだことをJKでまとめてみようと思う。これで商売はさらに成功へと近づくのではないだろうか。ぜひ役に立ててほしい。 JKが、 公園で遊んでいる やがて服を、 脱ぎ始める 角度を変えて見てみると、 より見たかった部分を見ることができる! 視線をあげると、女子高生ではないJKであることがわかる 変態であるとわかる   こういうことなのだ。何事においてもあらゆる可能性を考えて商売をすることが大切。最初から視野を広げていれば、見る角度を変えていれば、JKが女子高生でないことがわかるのだ。効率的に商売を進めるには、最初からあらゆる可能性を考えることが必要ということだ。 最初からあらゆる可能性を模索することが大切です! 裸を見なくてすみます! JK(地主恵亮)裸で学べ! 商売でよく言われることを分かりやすく裸で説明をした。これで大切さがわかったのではないだろうか。誰だって裸を見たい、そのためには、視野を広げたり、角度を変えたりすることが大切なのだ。男のJKの裸を見たいかは別として、いいことが起きるのだ、きっと。 上記を守れば、いい商売人になれます! 胸は出てるけどね!     ...

  訪問販売に叩き起こされる。   この経験はどのくらいの人がしているんだろうか。職種によるのかもしれない。私はひんぱんに叩き起こされる。深夜に原稿を書くことが多く、平日だろうが午後まで寝ているからである。   そして、ピンポンの音で目を覚ます。ユニクロのスウェットのまま、寝癖もなおさず、目くそも取らずに出ていくと、見知らぬ若者が立っていたりする。   「グレープフルーツ、お好きですか?」   これは先日、実際にあった。日焼けした若者にニコニコ顔で言われた。大きな箱を抱えていた。そこに果物を入れて売っているらしい。私はグレープフルーツは嫌いじゃないが(むしろ好き)、さすがにこの状況じゃ買いたくないと思った。目覚めて5秒でグレープフルーツを買う人間がどこにいるのか。顔を洗うより先にグレープフルーツを購入。さすがに「好き」の域を超えている。   私の表情を見ると若者は言った。   「あっ、今日はお休みですか?」   休みじゃねえよ、夜中に仕事してんだよ……とは答えずに、「ああ、まあ」と返事した(まだ半分寝ている)。若者は妙に元気がよかった。声も大きかった。ラグビー部の期待の新人という感じだった。寝起きの頭にガンガン響いた。   その後、グレープフルーツを持たされて(「持ってみてください!」と言われた)、しばらく若者の話を聞いた。というか、寝ボケている自分の前で若者が勝手にセールストークを頑張っていた。   「ぜひ!」   「いや、あの、いらないです……」   それだけ言って扉を閉めた。   月に一度くらい、こういうことがある。私にとって訪問販売とは、寝起きの状態でグレープフルーツを売り込まれたり、新聞を購読しろと言われたり、神様について話をしたいと言われたりすることなのである(最後は訪問販売じゃないですが)。 あのとき何をすすめられたら買っていたか? 人は寝起きでモノを買わない。どれだけ元気にすすめられようが買わない。これは数少ない真実である。好きなはずのグレープフルーツですら魅力はゼロ。こんな状況でモノを買うはずがない。   さらに言えば、訪問販売自体がむずかしい。突然やってきた人間からモノを買うことのハードルは高い。しかも寝起き。ハードルの上にハードルを重ねている。   私はあの状況じゃ何をすすめられても買わなかったと思う。グレープフルーツもメロンもリンゴも買わない。最新のiPhoneだろうがスニーカーの限定モデルだろうが買わない。太陽ですら買わない。私はあの状況じゃ太陽すら買わなかった。   私にはすぐに発想が飛躍する癖がある。思考回路が雑だと言ってもいい。油断すると宇宙、目をはなしたすきに太陽、ワン・ツー・スリーの自然なリズムで太陽に飛ぶ。夜型生活を続けると人はこうなってしまうのである(ヤバい)。 太陽を売りに来たらどうなるのか? 要するに、生存に不可欠なものすら買わないという話だ。寝起きの状態で訪問販売に来られても太陽すら買わない。何も買わない。   ということで、私はさっさと二度寝するべく布団に戻ったんだが、そこでふと考えた。太陽を売るとはどういうことなのか。買う買わない以前に、太陽を売るとは何なのか。   「太陽、お好きですか?」   あの若者に言われていたらどうなっていたのか。宗教の勧誘だと思っていただろうか。とりあえず眠気は吹っ飛んでいたかもしれない。グレープフルーツじゃ目は覚めないが、太陽を売りにきたと言われると目は覚めてしまう。   われわれにとって太陽はひとつしかない。それを売るとはどういうことなのか。そもそも太陽はものすごく遠くにある。グレープフルーツのように気軽に持ち運ぶことはできない。地球から1億4960万kmの距離である。バカみたいな大きさの数字である。   「ダッシュで取ってきます」   と、言いそうな若者ではあった。気合があれば何でもできると思っていそうな若者ではあった。しかしダッシュという方法で1億4960万kmの距離は克服できるのか。はやい段階で大気圏に突入するが大丈夫なのか。うわさでは酸素とかも皆無らしいが大丈夫なのか。そもそも陸路じゃないが大丈夫なのか。   「なんとかします」   と、言いそうな若者ではあった。人類はガッツで月面に到達したと思っていそうな若者ではあった。スペースシャトルは気合で飛んでるんだと考えていそうな若者ではあった。しかし私は言いたい。太陽は表面温度だって6000度なのである。距離に続いて温度もバカみたいな数字なのである。この圧倒的高温をどうすればいいのか。   「たしかに素手じゃキツいっすね」   と、言いそうな若者ではあった。60度も6000度も大差ないと考えていそうな若者ではあった。チーズフォンデュも太陽も似たようなもんだと思っていそうな若者ではあった。どちらもまとめて「熱い」の一言で処理していそうな若者ではあった。   「トングがあればなんとか」   と、言いそうな若者ではあった。トングの力を過大評価していそうな若者ではあった。トングでつかめば太陽もなんとかなると思っていそうな若者ではあった。ダッシュで宇宙に飛びだしてトングでつかめば太陽は持ってこれると思っていそうな若者ではあった。   そんな若者ではなかった。   そんな若者ではなかったのだ。突然ハシゴを外す形になって申し訳ないが、そんな若者ではなかったのである。頭の中でどんどんヤバい若者に変貌していった。完全に私の責任である。申し訳ない。   太陽を売る若者など、私の頭のなかにしかいない。ワン・ツー・スリーの自然なリズムで太陽に飛ぶな。ヤバいのはおまえだ。           ↓「上田啓太」作品を他にも読みたい方はこちら↓ 祖母の商店を手伝ったとき、はじめて「商売」のことを意識した     執筆:上田啓太    ...

  商売に長けているわけでも商売への情熱が凄いわけでも商売人としての実績があるわけでもない凡夫の極みである私は、過去に一度だけ「商売人」になったことがある。今からその人生で唯一の成功体験を、ドヤ顔ベースで自慢させて頂きたい。小学生の時だ。       それは神奈川県の外れ足柄上郡というハイパード田舎に存在する大井町という小さな町(東京の大井町とは関係無い)にそそり立つ、上大井小学校というこれまた小さな学校での出来事。小学校の高学年だった我々は、遊戯王というカードゲームにのめり込んでいた。一学年に25人くらいしかいない男子生徒の全員が、授業の時間以外は常にデュエル、デュエル、デュエル。朝から昼から放課後まで、男達の戦いは熾烈を極めた。       それまで足の速さや身体の大きさがスクールカーストを規定してきた空間に、突如として現れた「遊戯王」という新たな価値基準。私はこのチャンスを逃すまいと必死に戦った。メカ・ハンターを生け贄に捧げてデーモンの召喚を繰り出し、相手のヂェミナイ・エルフを攻撃!!相手の万能地雷グレイモヤに対して盗賊の七つ道具ゥゥゥゥうう!!!!       血で血を洗う遊戯王の争いは、喧嘩の元にすらなった。ズルをしたと言って殴り掛かる者。聖なるバリアーミラーフォースを盗まれたと言って殴り掛かる者。負けそうになって殴り掛かる者。何せ、そこでは遊戯王の強さこそが人間の価値なのである。意地とプライドの交錯する教室。デッキを突き合せて戦う男達を、尋常ではない真剣さと想像を絶する緊張感が支配していた。       そんなある日、様々なトラブルの元になるという理由で、遊戯王カードを学校に持ち込むことが禁止された。小林先生からの突然の発表に男達は俯き、教室に沈黙が流れた。       遊戯王で確固たる地位を固めつつあった私は、教室の誰よりも焦っていた。ついに訪れた、人生で初めての栄光時代。それがこんな形で、こんな形で突然終わってしまうなんて。なんでだ。あんまりだ。       その日、絶望に暮れながら千鳥足で家に帰った私は、深い思案の末、紙とペンを取り出して独自のカードゲームの作成を始めた。遊戯王が禁止されてしまった今、遊戯王に変わるカードゲームを作り出さないといけない。何十枚も紙を切り抜き、一心不乱に名前と強さを書いていった。それは当時の私に言わせれば、「自分で考えた独自のカードゲーム」。カードには名前と星と攻撃力と守備力が書いてあった。星がある程度の数以上あると、生け贄のモンスターが必要、そんなルールにした。誰がどう見ても完全なる遊戯王のパクリだ。むしろ紙質以外の違いが全く分からない。著作権ガン無視のド犯罪野郎である。       ある程度の枚数が完成した後これを試験的に学校に持ち込み、小林先生に「これは遊戯王でない」旨を丹念に伝えた。先生は少し考えてから渋々了承した。試作品を、遊戯王でエース格だった数人に渡し、それで何回か遊んだ。予想を超える好感触。そこで一気にアクセルを踏み、家に閉じこもって何百枚単位でカードを作った。それを学校に持ち込み、満を持して学年の男達を全員呼び出し、盛大にカードゲームをおっぱじめる。1週間ぶりのカードゲーム解禁。大井町立上大井小学校の男達は狂喜乱舞した。想像以上の反響、教室は再び男達の熱気に包まれた。待ち望んだ戦いが始まった。最高。これは最高だ。       すぐさま、カードの供給が問題になった。カードの強さを決められるのは私だけという傲慢な神ルールになっていたので、友人がもっと強いカードを自分に渡せと次々に迫ってきた。全員の納得感を保つにはどうすれば良いのか。加えて、労働量的にも1人で絵を描いて、字を書いて、とすることに限界を感じていた。そこで、ルールを変えた。       カードの基本的なデザインやコンセプトは、各人で自由に作って良い。絵を描いて、名前を決めて、テーマを持って私というルール神の元へ、持って来る。各自が起案したコンセプトに対して、全体のバランスを見ながら私が攻撃力・守備力・効果を最終決定して記入。こういう運用になった。これが上手く回った。毎朝、皆の主張を聞きながら「ん〜じゃあ攻撃力2200で。」とコメントしていく。なにが「2200で」だ。ワケが分からない。ただ、人生で初めて帝王になったような気持ちにはなった。私は皆の納得感を保つ為に敢えて自分のデッキを弱くした。謎のバランスが保たれた。       クラスにチョウ君と言う恐ろしく絵が上手い男の子が居て、その子が書くイラストが人気になった。色んな人が、チョウ君にイラストを依頼し始めた。チョウ君も喜んで描いていた。毎朝、紙を切り分けて白紙のカードを大量に作成して皆に配る人もいた。戦績をメモしていく人もいた。何となく作業が分担されていった。よく分からないまま、カードゲームの世界がシステマティックになっていく。カードゲーム自体の楽しさもさることながら、その「カードゲームごっこ」みたいな全員プレーの一体感が楽しかったというのもあったかもしれない。言いようの無い、一つの“世界”みたいなものが出来上がった。それに全員で浸った。       遊戯王カードとしか言いようのないそのパクりゲームは流行り続け、いつしか本家「遊戯王カード」自体は完全に忘れ去られた。ある休みの日に、友人が遊戯王カードをたくさん渡すから自分にこっそり強いカードを作って渡して欲しい、と持ちかけてきた。この極めてグレーな取引を、モラル無き私は秒で快諾した。       何せ私から見ると、紙に絵を描いて数値を記入して渡すだけ。オウケイと言って「アルティメット・ファイヤー・マシーン」と言う名の常識はずれの実力を持つカードを作成し、彼に手渡す。生け贄無しで召喚出来る攻撃力2800のモンスターは、ゲームバランスを崩壊させるポテンシャルを持つ程の強さだ。そして彼からは随分と質感の違う、明らかに一般的な価値が高いと思われる遊戯王カードの束を受け取った。「死者への手向け」や「死者蘇生」を手放した彼は、とても満足気だった。恐ろしい取引。典型的なヤクザである。       さて、このグレーな取引を何回かしたおかげで、私の手元には恐ろしいほどの遊戯王カードがたまった。遊戯王カードは小学校ではもう流行っていなかったが、一方塾では流行っていたので、塾という戦場においてそれらグレーなカード達が火を噴いた。自分にとっては、まだ遊戯王カードにも価値がある。       私は自分で作ったカードのゲームバランスを無視して恐ろしいカードをせっせと供給し、遊戯王カードを次々手に入れた。持続可能な発展をガン無視し、せっかく作り上げたカードゲームの世界をパワーインフレのリスクに晒し、自らの手で積極的に崩壊へと推し進めていくモラル無き強欲人間。強欲な壷。全ては、遊戯王カードを手に入れる為に。       そして物語も最終章、こうして手に入れた遊戯王カードはある日、カードゲームばかりして一向に宿題をやらない私にブチ切れた母親が、纏めて捨てることになる。こんなゴミでいつまでも遊んでいるんじゃないと怒鳴られた末、ゴミ箱にポイ。血のにじむような努力の末、イノベーティブな発想を駆使して手に入れた遊戯王カード達は、目の前に立ちすくむ「レイジング・モンスターマザー」攻撃力8200に一撃で粉砕されてしまった。何という強さなんだ。       こちらのトラップカード「泣きわめく」「暴れ散らかす」も虚しく空を切り、明らかにゲームバランスを逸脱した理不尽な能力を持つ魔人が、「真の強者」の何たるかを見せつけて来る。搾取。これは搾取だ。あんまりだ。と言うか、捨てられたカードは、元はと言えば皆のカードだ。ごめん。ほんとうにごめん。       こうして私の時代はあっけなく終わってしまった。その後何年も経ち、社会人になって商社でトレーディングの仕事をするようになった時、「アルティメット・ファイヤー・マシーン」を差し出したあの伝説の交渉をふと思い出して、我ながら常識外れのビッグディールだったなと心底感服するのであります。トレーディングの常識を覆す、価値の錬金術。一体なんだったんだろう、アレは。(完)             ライター「熊谷真士」に関連するリンク: ブログ「もはや日記とかそういう次元ではない」 Twitter Facebook      ...

      「商売」というものを最初に意識したのは小学生の頃だった。祖母が小さな商店をやっていたからだ。祖母の家は田舎にあった。家の裏には大きな山があった。夜になると田んぼからカエルの鳴き声が聞こえた。網戸にはカメムシが何匹もとまっていた。私はあそこで一生分のカエルの鳴き声を聴いた。一生分のカメムシも見た。       周囲にコンビニもスーパーもない場所だった。二階建の一軒家で、一階の一部を商店にしている。近所の人たちが主なお客さんだった。店にはお菓子があり、パンがあり、アイスがあった。奥のほうではミニ四駆なども売られていた。小学校低学年の自分にとって、これは宝物しかない店だった。       そして、祖母というのは孫に優しいものだから、店のお菓子でほしいものがあれば、持ってきて好きに食べていいと言われていた。ここまでくると「革命」である。だから当時の記憶で強烈だったのは、「祖母の家ではお菓子が食べ放題」ということだった。       すこし意識が変わったのは、店を手伝った時のことである。子供でもできる単純な作業を手伝った。そして徐々に分かりはじめた。べつにお菓子は「食べ放題」ではない。「仕入れたお菓子を祖母がくれているだけ」だ。お菓子が無限に湧き出ているわけじゃない。商店にあるお菓子は別の場所で買ってきたものだ。そんなふうに、「商店のしくみ」の基本を理解しはじめた。 自販機を補充する   具体的には、どんな手伝いをしていたか?       たとえば、自動販売機の補充という仕事があった。店の前に一台の自販機が置かれている。祖母が鍵を出して、自販機を開ける。私は、「自販機って開くのか」というところから興奮していた。内部は銀色で、缶を入れるための穴がいくつもある。その構造にも興奮していた。自販機の内部はカッコよかったのだ。       祖母に補充のしかたを教わった。段ボールに詰められた缶ジュースを、一本ずつ自販機の穴に入れていく。入れる穴を間違えてはいけない。オレンジジュースのボタンを押したのに缶コーヒーが出てくるという現象が起きてしまうから。しかし、それさえ気をつければ簡単な作業だった。       穴に缶を放り込むと、奥まで落ちたときに「ゴトン!」と音がする。この「ゴトン!」が気持ちよかった。そのうち作業にリズムが生まれ、どんどん穴にいれていく。ゴトン!、ゴトン!、ゴトン!と音がする。その楽しさで続けてしまう。最後は祖母に笑われて、「もういいよお」と言われてしまう。       穴から缶が見えるようになれば、満タンになったしるしである。「これはそんなに売れないから、満タンにはしないの」と言われたりもする。そのことばで「売れる・売れない」を意識して、ヘェと思う。「夏場はこの飲み物がよく売れる」という発想も知る。あらためて段ボールを見て、飲み物の種類ごとに仕入れの数がちがうことにも気づく。たくさん仕入れるものがあれば、すこしだけ仕入れるものもあるのだ。 店番と称してレジに立つ ひとりで店番をしたこともあった。もっとも、祖母はふつうに一階の居間にいる。たんに私が店に立つだけである。近所の常連さん相手だから成立したことだろう。それでも店番と称して立っている時は緊張していた。人が来るかもしれない(当り前だ)。モノを買うかもしれない(そりゃそうだ)。カネを払ってくるかもしれない(払うに决まっている)。       そのうち常連のおじさんがやってきた。いつも同じタバコを1カートン買っていくお客さんである。私は袋にいれて渡してやった。ちなみに会計は「ツケ」だった。このあたりも昔ながらの商店という感じがする。       お客さんは結局、居間にいる祖母にも声をかけたので、私がしたのは、本当に「袋にいれて渡す」という行為だけだった。レジの近くに吊り下がったビニール袋の束から一枚ちぎる。袋をひろげて商品をいれて渡す。それだけのことで、「働いた」という妙な満足感を得ていた。 商品を「流れ」で意識した そんなふうに簡単な仕事を手伝いながら、商売のしくみを学んでいった。自販機に補充する飲み物は、どこかから段ボールで届いている。それを祖母が自販機に入れている。お菓子やパンも同じだ。それに届く頻度もちがう。たとえばパンは毎日届く。お菓子はそうじゃない。もうすこし頻度がゆっくりだ。店の奥のオモチャなんかになると、さらに遅い。そして注文する業者もそれぞれにちがう。       商品を「流れ」で意識した最初のきっかけだった。もちろん「物流」なんて言葉はまだ知らない。しかし祖母が商品をまとめて注文して、それを店で売っていることは分かった。そのうち学校で「小売店」なんて言葉も習うことになったが、この具体的な記憶が理解の助けになった。「要するに、うちのばあちゃんちのアレだよな」と考えることができたわけである。       商店は商店だけで独立しているわけじゃなく、社会の複雑なネットワークの一部として存在している。「お菓子が食べ放題」という認識からは、ずいぶんな進歩だった。私は祖母の小さな商店で、はじめて「社会」を意識したのかもしれない。     執筆:上田啓太     ...