Top

【広告運用】の記事一覧

Criteo   こんにちは、satoshiです。   「リスティング広告で集客してみたが、思い通りに売上が上がらない!」そんな悩みを抱えているネットショップ担当者の方に向けて、今回は最近話題のデータフィード広告「Criteo」について解説していきます。 まずは「データフィード広告」について復習しよう 「データフィード広告」という言葉は聞いたことあるが、従来の広告とは何がどう違うのかよく分からないという方は少なくないと思います。   データフィード広告とは、「データフィードを使った動的リターケティング広告」のことです。あれ、説明になってませんかね(笑)データフィード(自社の商品データを、広告配信先のフォーマットに変換・提供する仕組み)の技術を使って、ユーザーのサイト訪問履歴に合わせて動的に再訪問を促す広告(追跡型広告)のことを、データフィード広告といいます。   分かりやすく言うと、ユーザーが見ていたページの内容を記録し、ほかのサイトを訪れた際その内容に応じた商品の広告を自動で表示する機能です。よくYahoo!トップページなどに、以前自分が閲覧したことのある商品の写真が表示されることがありますよね?僕があれをはじめて見たときは、データフィード広告だとは知らずに「あ、気になっていた商品だ!」と、何の疑問も持たずに思わずクリックした記憶があります。   仕組み的には、自社サイトにタグを仕込んでおき、自社サイトに訪問したユーザーのブラウザにCookieを付与することで、今後の訪問者の行動を追跡できるようになっています。 画像引用元:Criteo「プロダクト」 「Criteo」について 「Criteo」は、データフィード広告のパイオニア的存在であり、日本国内においてトップのリーチを誇るフランスの会社です。実に日本人ユーザーの約9割が「Criteo」の提供する広告を目にしているそうです。   Criteoの広告配信先は、Google、Yahoo!、Facebook、goo、msn、食べログ、はてなブックマーク等々、多岐にわたっており、これがCriteoの最大の魅力です。尚、データフィード広告においては、このCriteoと、Googleが提供している「Google動的リマーケティング(GDR)」の二強なので、どちらかを選んでおけば問題無いでしょう。 「Criteo」を利用するのに必要なもの ではCriteoのサービスを利用する際に必要となるものについて見ていきましょう。   1.Criteo用の商品データフィード まずはCriteo側に自社の商品データを提供しなければなりません。 フィードの形式は決められており、データ形式はCSV、TSV、XMLのいずれかです。 入力すべき情報は、タイトル、ディスクリプション、商品ページのURL、価格、画像のパスなどがあります。   2.Criteoが用意するタグの設置 そしてCriteoから提供されるタグを自社のECサイト上に設置する必要があります。 タグを設置する場所は、広範囲であるほど、ユーザーがどこで離脱したかといった情報がより詳細に把握できるようになります。   推奨される場所は、トップページ、検索一覧ページ、商品ページ、カート、コンバージョンページなどです。また「Googleタグマネージャ」を使ってCriteoタグを設置することもできます。   尚、バナーは商品データフィードから自動で生成されるので、作成する必要はありません。 バナー作成の苦労から解放される点も、Criteoを導入するメリットのひとつといえるのではないでしょうか。 「Criteo」を利用するための条件とは? Criteoを導入するには、最初に審査にパスする必要があります。 その条件の1つとして「月間ユニークユーザー数が4万以上」というものがあります。ほかにもいくつかの審査項目があり、それらを総合的に判断しているものと思われます。この審査が「Criteoは中小規模のECサイトにはハードルが高い」と言われる所以でしょう。 最後に いかがでしたでしょうか。 審査は厳しいですが、離脱客をピンポイントでリーチできる点は大きな魅力であり、従来の広告では実現できなかったことです。この記事を参考にして頂き、データフィード広告「Critio」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。     ...

Twitter広告セルフサービス   こんにちは、satoshiです。   Twitter広告は活用できていますか?自社のTwitterアカウントは持っているが、Twitter広告はまだ導入していない、あるいはうまく活用できていない方のために、今回はTwitter広告の攻略法をご紹介します。 Twitter広告は3種類 まずは基礎知識として、Twitter広告には「プロモトレンド」「プロモアカウント」「プロモツイート」の3種類があることを知っておきましょう。 1.プロモトレンド プロモトレンドとは「トレンド欄」の最上位にハッシュタグとツイートの一部を表示させることのできる広告です。この枠はPC版では左上に表示され、ユーザーの目に留まりやすいうえに、1日1社限定で、24時間常時表示させておくことができます。露出度が高いため料金も高額で、24時間の表示で数百万円となっており、大企業向けの広告といえるでしょう。   2.プロモアカウント プロモアカウントは、フォロワーを増やしたいときに使います。主に「おすすめユーザー欄」に表示され、名前の横の部分に「フォローボタン」が設置されているので、フォローボタンをクリックすることでユーザーはアカウントをフォローすることができるようになります。料金はオークションで決まりますが、相場としては大体1フォロアー獲得につき80円〜100円程度のようです。   3.プロモツイート おそらくTwitter広告のメインとなるのがプロモツイートです。見た目は通常のツイートと同じで、ユーザーの「タイムライン」上に表示されます。主に、ユーザーに具体的な行動(外部リンクのクリック、リツイート、アプリのダウンロードなど)を促したいときに利用します。料金はオークションによって決定されますが、後述する「キャンペーン」の種類によって単価や課金方式が異なります。 キャンペーンの種類って!? 「キャンペーン」とは、ユーザーのどのような行動を促進する目的で広告を打つのかということで、ざっくり言うと、先述の「プロモツイート」を目的別に細分化したものです。   1.ウェブサイトクリックキャンペーン 自社サイトやネットショップ等の外部リンクにユーザーを誘導するために行うもので、最も使用頻度の高いキャンペーンです。料金は「リンククリック課金」で、リンク1クリックあたりの単価をオークションによって決める形になっています。単価は大体80円〜100円くらいになります。   2.エンゲージメントキャンペーン エンゲージメントの向上を目的に行うもので、「リツイート」「いいね」「返信」などのアクションを取ってもらうことで、ファンを創出するのが狙いです。料金は「エンゲージメント課金」で、「リツイート」「いいね」「返信」といったアクション1回あたりの単価をオークションによって決める形式です。単価は大体70~80円くらいになります。   3.アプリキャンペーン スマホアプリのインストールを促したい時に行うもので、ツイートに「インストール」ボタンを設置することができます。料金は「リンククリック課金」と「インストール課金」から選ぶことができます。「インストール課金」はユーザーが実際にアプリをインストールしなければ課金されないので、費用対効果が把握しやすいです。   4.リードキャンペーン ユーザーのメールアドレスを収集することを目的とし、ツイート上のボタンを1クリックするだけでユーザー名とメールアドレスが広告主に送信されます。ただ、そう簡単にメールアドレスを教えるユーザーはいないので、「抽選に応募する」や「会員登録でプレゼントゲット」といったキャンペーン形式にする工夫が必要です。 ターゲティングがキモ! どの広告形態にも言えることですが、効果的な広告配信を行いたい場合、リーチしたいユーザー層に的確にターゲティングすることが何よりも重要です。幸いにもTwitter広告には、詳細なターゲティング機能が備わっています。   1.フォロワーターゲティング 自社と関連性の高いアカウントを選び、そのアカウントのフォロワーだけに広告を表示させることが可能です。   2.キーワードターゲティング 特定のキーワードをツイートしたり検索したりしたユーザーだけに広告を表示させることができます。   3.インタレストターゲティング 25種類のカテゴリーと350種類のサブトピックから、自社の商品やサービスに関連性の高いものを選び、そのトピックに関心のあるユーザーに対して広告を表示させることができます。   上記の他にも「性別」「言語」「地域」「端末(デバイスの種類やOS)」を指定して、より詳細にターゲティングすることができるようになっています。   最後に ターゲティングのコツとしては、最初からターゲットを絞りすぎないことです。まずは広く浅くターゲットを設定し、反応を見ながら、より効果のありそうな層に対してターゲットを設定しなおしていくやり方のほうが効果的です。   というのも、最初からターゲティングが適切に設定することが出来れば、それに越したことはないのですが、当初予想だにしなかった層から強い反応を得られるといったことが往々にしてあるからです。これらを参考にして頂き、Twitter広告をうまく活用して、集客やファン獲得に役立てていただければ幸いです。   以上、satoshiでした。     ...

こんにちは、satoshiです。   2016年6月1日より、LINEの新しい広告サービス「LINE Ad Platform」の提供が開始されました。この新しい広告サービスが従来のLINE広告とどう違うのか、そして、この新しい広告サービスを利用すると、どんな効果が期待できるのか解説していきます。 「LINE...

今回は、Yahoo!ショッピング出店攻略法のシリーズ第3回目です。 第1回目は出店準備編、第2回目は店舗運営編をお送りました。 今回は【応用編】ということで、より踏み込んで、集客方法やリピーター獲得などについて書きたいと思います。   まずはアクセス解析 ネットショップの基本は、まずは現状把握です。アクセス解析を行って、正確に現状把握をし、問題点を探りましょう。Yahoo!ショッピングのアクセス解析を行う方法は主に3つあります。   1つ目は、「ストアクリエイターPro」の「統計」を利用する方法 2つ目は、「Yahoo!アクセス解」析を利用する方法 3つ目は、「Googleアナリティクス」を利用する方法です   1.「ストアクリエイターPro」の「統計」を利用する方法 「ストアクリエイターPro」の標準機能で、簡易的なアクセス解析ができます。 ここで閲覧できる情報は、基本情報(売上、注文数、ページビュー、訪問者数)の推移や、顧客の属性(年代、性別)、流入経路、検索キーワードなどで、基本的なアクセス解析機能が備わっています。通常はこの機能で十分でしょう。   2.「Yahoo!アクセス解析」を利用する方法 「Yahoo!アクセス解析」は、一言で表すと「Yahoo!版のGoogleアナリティクス」です。 「Googleアナリティクス」と比較すると機能は若干少ないですが、その分シンプルで見やすく、直感的に把握しやすいという長所があります。 「ストアクリエイターPro」の「統計」よりも詳細なアクセス解析が可能です。   3.「Googleアナリティクス」を利用する方法 普段からGoogleアナリティクスを使っていて、操作に慣れている方であれば、Googleアナリティクスで解析できるよう設定することもできるので、この方法が良いでしょう。Yahoo!ショッピングにトラッキングコードを設置することで、Googleアナリティクスでの解析が可能になります。 参考:トラッキングコードの設置方法   広告を利用しよう Yahoo!ショッピングで集客するには、広告を利用するのが一番です。広告を全く利用しないと、おそらく苦戦を強いられることになると思います。 Yahoo! JAPANには「Yahoo!プロモーション広告」という広告サービスがありますが、Yahoo!ショッピングに出店すると、出店者向け限定機能を利用できるようになります。   そもそもYahoo!ショッピングの無料化の背景には、広告料で採算をとることを目論んでいるので、出店者向けの広告に力を入れている感があります。通常、効果的な広告を出すには、広告の効果を測定するためにコンバージョン測定タグなどをWebサイトに追加する必要がありますが、Yahoo!ショッピングでは、それらのタグが標準で設定されているので、面倒な作業が不要です。   なお、Yahoo!プロモーション広告には「スポンサードサーチ」と「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」の2種類があります。「スポンサードサーチ」はいわゆるリスティング広告で、検索結果の右側に表示される広告です。「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」は、Yahoo!ニュースやヤフオク!などのコンテンツページに表示される広告で、Yahoo!ならではの広告といえます。   Yahoo!プロモーション広告のお申し込みはこちら   Yahoo!ショッピング内のSEO対策 Yahoo!ショッピングでの集客を成功させるためには、楽天と同様に、モール内検索におけるSEO対策が必須です。基本的なSEO対策としては、まず商品登録の際に入力する情報に気を配ることです。具体的には「商品名」と「キャッチコピー」の2項目。「商品名」には、色やサイズといった情報も付加しましょう。顧客がどのようなキーワードで検索するかを予測し、商品名に盛り込みます。   「キャッチコピー」もとても重要です。キャッチコピーとして登録した単語は、商品名の前に付きます。そしてこれは検索結果画面にも表示されます。「キャッチコピー」に登録する単語は、「送料無料」「期間限定」「◯◯%オフ」「ポイント◯倍」などが良いでしょう。   また検索結果の順位に関係する項目には、販売個数や、PV数、Yahoo!ウォレットに対応しているか、送料無料対応しているか、当日配達「きょうつく」・翌日配達「あすつく」対応しているかなどがありますので、これらの項目には注意を払う必要があります。   リピーターの獲得方法 ネットショップで安定した収益を上げていくには、リピーターを獲得するのが一番の近道です。   では、どうすれば新規顧客をリピーター顧客にできるでしょうか? その答えは「お客様を喜ばせること」。これに尽きます。   リピーターをカンタンに増やす小手先のテクニックなどは、残念ながら存在しません。地道に努力していくしかありません。 他店と同じようなことをやっていては、最終的には価格競争に巻き込まれてしまうでしょう。 他店ではやっていないことをやって、お客様にインパクトを与え、そして喜んでいただくことを常に考える必要があります。   さまざまなイベントやキャンペーンを企画したり、ちょっとしたプレゼントをしたり、手書きの手紙を添えたりなど、できることはたくさんあります。 お客様の立場になって、「もし自分ならどんなことをしてくれたら嬉しいだろうか?」とイメージを膨らませていけば、きっと良いアイデアが湧いてくるでしょう。   最後に いかがでしたでしょうか。 今回は応用編ということで、集客方法やリピーター獲得などについて紹介させていただきました。 ネームバリューのあるモールに出店したからと言っても、対策をしないことには集客に繋がりません。広告、SEO対策を始め、リピーター獲得の工夫を怠らないということが成功への第一歩なのではないでしょうか。Yahoo!ショッピングにこれから出店する方も、現在出店中の方も参考にしていただけたら幸いです。   Yahoo!ショッピング出店はこちら     ...

こんにちは!優介です。 ECサイトを運営していたら避けては通れない「web広告」。 広告というのはわかるけど、種類が多すぎて何が何だかわからない・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか? みなさんは知ってると思いますが、今日はweb広告について復習してみます!   リスティング広告 これについては、結構耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? リスティング広告とは、「Yahoo! JAPAN」、「Google」などで検索した際に検索結果に表示される広告のことを指し、別名「検索連動型広告」とも呼ばれています。 キーワード単位の広告出稿が可能なため、キーワードを基にユーザーのニーズを探り、関心や興味を引いて購買に繋がる可能性が充分にあります。 低価格からスタートができ、広告を出稿する際に広告文の設定ができるので、ユーザーの興味を惹く内容を作成すればより効果を上げることも期待できます。   リターゲティング広告 リターゲティング広告とは、一度サイトを訪れたユーザーを追跡して、Yahoo! JAPANやGoogle、またはその提携しているサイトを訪れたときにバナー広告やテキスト広告を表示させる、ターゲットを絞った広告のことです。 一度サイトを訪れたユーザーは、少なからず興味を持って購買に繋がる可能性がある「潜在顧客」です。とはいえ、このうちの9割は何も買わずに離脱すると言われています。そのユーザーに対してさらに追跡アプローチをするのがこの広告の特長です。 リターゲティング広告は、サイト来訪後にユーザーを追跡する有効期間を定められます。 ユーザーのモチベーションは時間が経つほど下がるので、効率と予算の兼ね合いを考えて無駄な表示やクリックを減らしていく方が効果的です。 また、離脱したページの階層ごとにユーザーリストを作っておくと便利です。 買い物かごのフォームまでというように、より深い階層まで到達したユーザーへ優先的に広告を配信したり、「期間限定割引あり」など訴求力の高い広告を出したりして購入の可能性を高めることができるでしょう。   DSP DSPとは、「Demand-Side...

  みなさんこんにちは、のぐさんです。   リスティング広告、 クリック単価は高騰、獲得単価は高くなり、コンバージョンが取れない。 なかなか上手くいかない、思い通りにならない最近のリスティング広告運用。   なにが悪いのか、どこを改善すればいいのか。 迷走している、混乱している運用者に、リスティング広告運用のアカウント分析について忘れがちな基本をまとめました。   「目標」と「課題」を確認する えっ?基本じゃん。   でもココが大事なんです。何を目標に運用しているのか、目標に立ち返ることでどの指標を確認して、どんな課題があって、どんな改善施策を行った方がいいのか、深堀していくことが大事なんです。   例えば、 目標獲得単価(CPA):10,000円で、 現状15,000円であればCPA改善のための施策を行わないといけません。   課題から改善施策に落とし込む 注目した指標から課題を洗い出し、改善施策につなげます。 課題:現状15,000円のCPAを10,000円以下にする       CPAを下げるためには下記2点を考えます。 ①コストを減らす ②コンバージョン数を増やす このケースだとまずは「コンバージョン数を増やす」が最適な改善施策です。 「コストを減らす」を場合、入札を下げる必要がでて来たり、クリック数を減らす必要もあり、 広告表示回数を抑えないといけません。 まずは「コンバージョン数を増やす」改善施策を選択します。   改善施策を行う 「コンバージョン数を増やす」という改善施策を行うにあたって、下記2点の作業をしなければなりません。   ①クリック数を増やす ②コンバージョン率を高める   「クリック数を増やす」を場合 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 広告文を改善する マッチタイプを調整する キーワード見直す、追加する ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   「コンバージョン率を高める」を場合 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 除外キーワードを設定する 広告文を改善する ランディングページを改善する ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   具体的に何を行うかが見えてくるので、施策を実行します。   さいごに 設定している目標を都度確認することが広告運用には大事です。 目標と現状を見て、差があるなら課題を洗い出してみましょう。そこから改善施策が見えてくると思います。   改善施策も分解していき、具体的に何をしていくべきなのかが見えてきます。 全体を俯瞰して見て、具体的な行動に落とし込んでいきましょう。 あと必ず行った施策は検証して、良かったのか、変わらないのか、悪くなったのかを分析してみましょう。これらの一連の流れをスピィーディーに回していくことがリスティングプレーヤーには大事なスキルです。   以上、リスティング広告のアカウント分析についてでした。   ...

  牛丼は吉野家派です。こんにちは、のぐさんです。   牛丼ってカロリーが以外とあるんです。 並盛380円:669kcal アタマの大盛480円:752kcal 大盛:550円:929kcal 特盛:680円:1,063kcal 私は必ず生野菜サラダセットを頼んで野菜も摂取するように心掛けています。 吉野家さんってネット通販もやられてるんです。吉野家公式通販ショップ “ うまい! ”...