Top

【画像加工】の記事一覧

CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)とは、ウェブページのスタイルを指定するための言語です。 CSSは一般的に、Webページのレイアウトや文字のデザインを指定するために使用されますが、CSSを使って画像に装飾を加えたり、画像を加工することもできます。今日はCSSを使った画像加工についてまとめてみたいと思います。   CSSとは? CSSは、通常HTMLで枠をつくったWebページに対して装飾を行うために使用する言語です。 CSSでできる例としては、フォントサイズや背景色などの「表示スタイル」、印刷・出力される際の「出力スタイル」、音声で読み上げを行う際の「再生スタイル」などが挙げられます。   CSSを使うメリットは、文書構造を保ったままスタイルのみを指定することができる点や、1つのCSSファイルで一括してスタイルを管理できる点、そして構文をシンプルにできるためSEO的にも望ましい等が挙げられます。 HTMLだけで1つ1つスタイルを指定しようとすると、ものすごく面倒くさいですし、メンテナンス性も悪いです。 一度CSSの利便性を体験すると、もうCSS無しではWebページを作れなくなると言っても過言ではありません。   CSSはブラウザに依存する CSSの中には、各ブラウザ毎に個別に記述しなければならないものがあるので、注意が必要です。この記述を「ベンダープレフィックス」といいます。   主要ブラウザのベンダープレフィックスは以下の通りです。 最低限、下記のベンダープレフィックスは設定するようにしましょう。   ・Firefox・・・「-moz-」 ・Google...