Top

【裏側】の記事一覧

こんにちは! HameeUSの澤野です。   もともとは日本でネクストエンジンの開発をしていましたが、 HameeUSの立ち上げのためにアメリカに渡り、現在はアメリカに住んでいます。   Hameeは実は2001年から欧米向けのECサイトを運営しています。 日本のネットショップを始めたのが1999年なので、会社としても早い時期に欧米向けECサイトも立ち上げています。 ただ、最初から力を入れて運営しよう!と思っていたわけではなく、たまたま英語ができる社員がいたため始めたのがきっかけです。   2011年より韓国に子会社を設立し、徐々に越境ECに対して力を入れ始めました。 2013年にはアメリカに子会社を設立し、欧米向けECの強化をしています。 欧米向けECサイトは本店サイト( 以下Strapya-world )の他に、Amazon、ebayも運営しておりますが、さらに先日欧米向け本店サイトの2店舗目をオープンしました!   「越境EC」の熱量が高まり、欧米向け本店サイトを運営するのはスタンダードになりつつありますが、何でHameeが本店サイト2店舗目を出店したのか、その狙いをご紹介したいと思います。 欧米向け本店ECサイト2店舗目オープンのきっかけ Strapya-worldは、14年前に選んだカートシステムを今も使っています。その時は最善だと思って選びましたが、今このカートがベストかというとそうではありません。 時代に合わせて商品展開や売り方を変えているように、裏側のシステムも変える必要があると思っています。   Strapya-worldはパッケージなどの外部のものを利用せずにほぼ独自に1からコードを書いて開発しているサイトなので、少し仕様を変更したいと思っていても、手間もコストもかかります。   一番の課題は、海外向けの店舗にも関わらず決済が日本円だということです。当然、現地の通貨では無いため決済時に躊躇してしまうお客様が多くいらっしゃいます。 私たちも買い物をするとき日本円の決済でなければ、買い物を続けるか迷いますよね。「商品は興味あるけど、お金を払うのを躊躇う。」これはネットショップ運営において大きな課題です。   今までは、Strapya-worldで利用しているカートシステムの問題で、この課題を解決することができず諦めていました。しかし、もっと多くの方にHameeの商品を手に取っていただくためには、コレを解決することがMustだと思い、本店2店舗目のオープンを決めました。 欧米向け本店ECサイト2店舗目オープンの狙い 今までのStrapya-worldを一度クローズして、新しい店舗を立ち上げるという選択もありましたが、私たちは今までの本店サイトはそのまま運営して、新たに2店舗目を立ち上げるという選択をしました。 新店舗( hamee.com...

こんにちは!2015年新卒入社の大村です。 楽天市場で10~20代女性向けスマホアクセサリーshop「Ketchup!(ケチャップ)」の店長として日々奮闘しています。 現在弊社では、インターネットにてスマホアクセサリーの総合店や男性向け、可愛いものを集めた店舗などを国内外に30店舗以上展開しています。   私たちの扱っているようなスマホアクセサリーのネットショップはどんどん増えて、最近では10~20代女性のお客様が少なくなりました。そこで、10~20代女性のお客様がファンになってくれるような専門店化したショップの立ち上げをすることになりました。そのターゲットに一番近い「新卒・女性」のわたしが今回店長を務めることになりました。 今日は、実際に新規ネットショップオープンまでの道のりを兼ねてまとめてみました。   今回は出店の申込み等の手続きではなく、手続き後からの流れになります。 新規ネットショップ開業を目指す方の参考になれば幸いです。 step1 コンセプト決め 「コンセプト決め」とは、「どんなお店なの?」とならないための指針です。 全体の中で一番大事なのが、「コンセプト決め」。これ最初に行うことには意味があります。 これから「デザイン」や「扱う商材」、「テーマカラー」を決めますが、何を決めるにも“基準”がないと、ブレてしまいます。   「Ketchup!」は、私一人ではなくデザイナーを含めた5名で立ち上げました。5人いればそれぞれの価値観や好みがあるので、そこに引っ張られないようにする必要があります。「コンセプト」をしっかり決めることにより、意見が分かれてしまっても、コンセプトを基準に話し合いを進めることができます。   「Ketchup!」のコンセプト決めにかかった時間は1〜2ヶ月です。ターゲットは若い女性、商材はスマホアクセサリということを前提にコンセプト決めを行いました。   ワードはポロポロとあがっていたのですが、1つの言葉としてコンセプトを表すことが出来ず、とても苦戦しました。またコンセプトが決まっても、コンセプト通りのショップを作ると売り上げには繋がらないかもしれないという懸念があがりました。   時間はかかりましたが、「洋服を選ぶようにスマホケースを選んでほしい」という私たちの思いから「女の子にとってどんなケースをもっているかは、どんな服を着るかと同じくらい大事なこと。」と少し長いコンセプトが決まりました。 step2 しっかりとしたペルソナ設定 「ペルソナ設定」とは、架空のターゲットユーザーを設定し、よりターゲットに対する理解を深めることです。架空のターゲットユーザーですが、その人物のライフスタイルや考え方、生活レベル等を設定し、それにあわせたデザイン設定やプロモーションを行うとペルソナに近い実在のお客様に響きやすくなります。   【Ketchup!のペルソナ項目】 年齢 性別 名前 職業 出身地 好きな色 興味のある本・雑誌・テレビ・音楽 恋人の有無 口癖 年に何回ディズニーランドにいくのか コンセプトによって、項目は変わってくると思いますが、今回は細かく設定しました。雑誌を読み比べると参考になるので、オススメです。 step3...