Top
ホーム > EC  > ECサイトとはどんなものか?
21

 

今や個人でもパソコンやスマートフォンを使ってECサイトを開くことができるようになりました。
「ECサイトって興味があるけど、実際どんなものなの?」「自分のような素人でもできるの?」といった疑問を持つ方々も増えているようです。

 

ECサイトとは?

ではそもそもECサイトとは何でしょう。
ECサイトとは、インターネット上で商品を販売するウェブサイトのことです。「オンラインショップ」や「ネットショップ」とも呼ばれます。
大手で有名なのは楽天Yahoo!ショッピングAmazonですね。これらは複数のショップが軒を連ねているので「ショッピングモール」とも呼ばれます。
ほかには、スマートフォンで使えるフリマアプリの「mercari(メルカリ)」や「Fril(フリル)」なんかもECサイトの一種です。
 
また「ヤフオク!」や「モバオク」といったオークションサイトも、ECサイトとして扱われることがあります。
そして、業者が独自にウェブサイトを持ってネット通販をしている場合もあります。
これら全てがECサイトであり、実にさまざまな形態が存在しています。

 

ECサイトのメリット・デメリット

ECサイトとは何か分かったところで、今度はECサイトのメリットとデメリットを見ていきましょう。

1.ECサイトのメリット

(1)実店舗を持たずに運営できる
ECサイトはインターネット上の店舗なので、実店舗を構える必要がありません。実店舗を構えるには土地や建物、登記などが必要ですが、ECサイトでは一切不要です。無料のサービスを使えば、元手ゼロで店舗を構えることもできます。

(2)全国に向けて販売できる
実店舗と違ってECサイトでは、全国のお客様に向けて商品を販売できます。場合によっては海外にだって販売できます。インターネットにさえつながれば、地理的制約を一切受けることなくショップ経営ができます。

(3)営業時間という制約がない
ECサイトでは24時間365日注文を受け付けることができます。仮に夜間に注文が入ったとしても、翌日に発送すればよいのです。実店舗を24時間365日オープンしようとしたら、それだけ人手もかかり大変なことです。

 

2.ECサイトのデメリット

(1)イタズラで注文する人もいる

顔が見えない相手との取引とあって、中にはイタズラ目的で注文する人もいないとは限りません。

(2)競合が多く、価格競争になりやすい

ECサイトの参入は敷居が低いので、多くのライバル店が存在することになります。またお客様がネットで簡単に価格を比較できてしまうため、実店舗以上に価格競争に陥りやすいといえます。

(3)集客・販促のためのコストがかかる

膨大なライバル店のなかから自分のショップを選んでもらうためには、それなりの集客活動や販促活動が必要になり、手間もコストもかかります。集客ができずに誰も自分のショップに訪れないなんてことが、ECサイトにおいては頻繁に起こります。

 

以上、ECサイトについて解説してきましたが、あなたもメリットとデメリットを理解した上で、自身のECサイトを開いてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。