Top
ホーム > EC  > 購入意欲を高める!ネットショップの決済方法
19+

 

24時間いつでも思い立ったときに商品を探して購入できるネットショップ。
最近では、個人や企業を問わずネットショップが非常に増えましたが、ユーザーが望む決済方法が用意されていないケースも少なくありません。せっかくユーザーが商品の購入に踏み切ろうとしても、希望の決済方法がないことによって、購入を断念されてしまう場合もあります。今回は決済方法の種類と用意しておくべき決済方法についてご紹介します。

 

決済方法の種類。クレジットカード、代金引換・・他には?

それでは、早速決済方法の種類を紹介していきます。

 

◆利用率No.1!クレジットカード決済

ネットショップの利用者およそ半数以上が利用する、利用率No.1決済です。
導入方法は、EC事業者様自身で加盟店契約するケースのほか、決済代行会社に加盟店契約を委任し、カード会社と一括で契約を結ぶケースがあります。

 

◆不動の人気決済。代金引換

利用されたことのある方は多いのではないでしょうか。宅配業者が商品を配達する際に、商品と引き換えに料金を徴収するタイプの決済です。クレジットカードをネットで使うのがこわいという方も安心して利用できる決済方法のひとつです。

 

◆意外と利用者が多い?!銀行振込、郵便振替

手間がかかって不便なように感じますが、およそ2割ほどの利用者がいる決済方法です。

 

◆気軽にショッピングが楽しめる!コンビニ決済

コンビニ決済は設置していないショップが少なくないですが、クレジットカードを利用できない未成年者だったり、クレジットカードを利用したくない方などに人気の決済方法です。
商品到着後の後払いというのも、ユーザーにとっては魅力のひとつなのではないでしょうか。

 

◆ネットバンキング

インターネット上で銀行振込をする決済方法です。利用者は上記と比較すると少ないですが、日頃からネットバンクを利用しているユーザーにとっては便利な決済でしょう。

代表的な決済方法をピックアップしましたが、他にも電子マネー決済や携帯キャリア決済など、決済方法には多くの種類があります。
ひとつひとつを契約手続きしていくのは非常に手間がかかりますが、決済代行会社にクレジットカード決済以外の決済も契約を委任できます。委任できる決済方法は決済代行会社によって異なりますので、利用される場合は、十分比較してからにしましょう。

 

各決済方法のメリット・デメリットは?

クレジットカード決済のメリットは即時決済のため、発送もすぐに出来るので手間がかからないというところが大きいですが、決済代行の手数料が必要であったり審査が厳しく導入に時間がかかるというデメリットもあります。

代金引換は買い手が一番安心して売買できる決済方法なので、通販での支払いは代引き派のユーザーを取りこぼさないというメリットがあります。デメリットとしては、代引き手数料がかかってしまうことが挙げられます。
また、商品の発送をしたにもかかわらず、ユーザーが受け取らないというケースも見受けられます。

銀行振込は、誰でも利用できるということが大きなメリットです。ただ、前払いの場合はユーザーにとっては商品到着まで不安を感じる場合もあるかもしれません。また、入金を確認後の発送になるため、到着まで時間がかかるということがデメリットとして挙げられます。

コンビニ決済のメリットは近くにコンビニがあれば、いつでも誰でも決済が可能なのでお客さんの幅が広がります。
未成年のユーザーを取りこぼさないためには必要でしょう。

全ての決済方法がそろっているというところはそれほど多くなく、企業が運営しているネットショップは決済方法も多いですが個人でやっていると最低限の決済方法しかないというところもあります。
初期費用がかかったり導入方法が面倒という理由がありますが、決済方法が1つ増えるだけで売り上げが上がる可能性は大きく上がります。

 

 

上記の決済方法はネットショップを運営する上で最低限導入すべき種類です。これからネットショップを立ち上げる方、ネットショップの運営をしていて決済方法が少ないという方は、メリット・デメリットを参考に決済方法の充実化をはかってみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。