Top
ホーム > EC  > 「在庫管理をエクセルでやっています・・・」そんな担当者にご提案したい在庫の一元管理システム

 
在庫管理システム」とパッと聞いただけでは何が出来るのか、イメージしづらいですよね。複数ECサイトの在庫を一元管理できるシステムでは何が出来るのか、何が良いのか、その正体に迫ります。

在庫管理をエクセルで行うをやめて、在庫管理システムに移行-その1-

在庫管理システム」というのはその名の通り、楽天市場やYahoo!ショッピング、amazonなど複数のECサイトの注文や在庫を
それぞれの店舗の管理画面でなく、1つのシステムの中で管理、操作してしまおう、というものです。
 
ECサイトを何店舗も運営していると、注文の確認をするだけでも店舗分の管理画面を開く必要があります。全店舗を同じ在庫数に保つとなると、在庫の上書きだけでも店舗分、同じ作業を繰り返さなければいけません。非常に面倒ですね。
ec_allinone_1
こういった複数店舗管理の手間や複雑さを解消、軽減するものが、在庫管理システムです。全ての店舗の情報が1つの場所に集約されるので、「複数店舗管理の手間や複雑さ」が解消され効率化される、つまり人的、時間的コストの削減になります。
ec_allinone_2
複数店舗の注文や在庫の管理を効率化することで、それらに掛かっていた時間や人を、イベント施策などの売上アップの為の計画作りに充てることが出来るわけです。
 

複数ECサイトの一元管理システム

・複数の店舗の注文や在庫を、1つの所にまとめて管理する
・店舗分かかっていた作業コストを削減し、効率的なECサイト運営を可能にする

在庫管理をエクセルで行うをやめて、在庫管理システムに移行-その2-

では在庫を一元管理できるシステムが必要になる、もしくは検討すべきタイミングはいつなのでしょうか?
もちろん複数のECサイトを運営しているというのは大前提ですが、※1
 
「注文が増えて売上UPしたけど超忙しい!注文の処理だけで一日が終わっていく!
 
というような「注文数が増加して、他の事になかなか手が付けられなくなってきた」というタイミングで、効率化の為に一元管理システムの導入を検討されるお客様は多いと思います。
※1ネクストエンジンは大量の注文を短時間で処理する事が出来る為、ものすごい注文が多い店を1店舗だけ運営している、というお客様も稀におられます。
ec_allinone_3
ですがこのタイミングでは、一元管理システムの導入が難しい場合があります。理由としては以下の2つが挙げられます。
 
【多忙な時にシステム導入しにくい理由】
①一元管理システム導入の際の設定作業を行う時間が作れない
②システムに慣れるための時間が取れず、結局使わずに今までのやり方になってしまう
 
なぜか理由を2つ挙げましたが要するに導入のための時間が取れないという事ですね。
システム導入の為の事前設定や使い方を覚える時間が必要だと考えると、店舗の閑散期や、注文が増え始めて「人を雇おうか、システムを導入しようか」と考えだすくらいの時期が、一元管理システムのお試しや検討にちょうど良いです。
 
忙しくなりすぎる前に、前もって動き始めて、注文が集中する時期にはスムーズに一元管理できている状態がベストですね。
 

複数ECサイトの一元管理システム導入のタイミングは

・人を雇わないと処理が間に合わないな・・・くらいに忙しくなっている時
・今は忙しくないけど、2~3か月後に繁忙期(もしくはセール)になる時
・売り上げが伸びて、これから多店舗展開をすることになった時

在庫管理をエクセルで行うをやめて、在庫管理システムに移行するメリット

全てのECサイトを1つに管理できると色々な作業が効率化され、コスト削減になる!というように書きましたが、他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
 
基本的には効率化、自動化の為のシステムですが、ここでは弊社の提供している複数ECサイトを一元管理するシステムネクストエンジン」を例に、いくつかその他のメリットをご紹介します。
 
【考えられるメリット】
・ヤマト運輸などの配送業者の送り状発行ソフトへ取り込むための注文データを出力できる
全店舗の売上管理も一括で管理されるようになるので、会計業務が楽になる
・購入者からのメッセージなど、確認すべき注文がどれなのか一目でわかる
・決済方法、配送方法や店舗ごとに異なるテンプレートのメールを自動で送信できる。
・今までの注文や売上のデータをCSV形式で好きな形で出力できる
・同じ商品ページを複数の店舗に一括でアップロードが出来る
 
(その他色々・・・具体的なメリットは別の機会にご紹介します)

さいごに

複数ECサイトの一元管理システムについて、ざっくりとお伝えしましたが伝わったでしょうか?
関連記事では注文処理や在庫の一元管理など、機能ごとにフォーカスし、「在庫管理システムを使うと何が出来るのか?」をより具体的に紹介していきます。
 
 
え?そんな先まで待てない?
「その具体的な所を知りたいんだ」ですって?
 
そんな方はネクストエンジンの無料体験をやってみましょう!
30日間無料で機能制限のないネクストエンジンを触る事が出来ます!もちろん触らない事も可能です!
実際に「在庫の一元管理システム」、触ってしまいましょう!

▼ネクストエンジン公式サイト▼
(右上の「ネクストエンジンをはじめる」から無料体験を申し込めます)
 http://next-engine.net/

 
 

この記事を書いた人

現在、係長の座に甘んじていますが、ニューアキンドセンターのセンター長の座を狙っています。ジェームズ係長をどうぞよろしくお願いします。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!