Top
ホーム > EC  > 闘将‼ マークベンチマン!悩める「まつぼっくりショップ」を救え!

EC必須の競合分析ツール「mark bench」誕生

ECショップを運営している人なら、誰しも気になる「他の店、どれだけ売れてるの?」。右肩上がりで拡大を続けるEC市場において、「競合分析」は最早避けては通れないものと言えるでしょう。

一方で、「何から手を付けたらいいのやら」という人も多いのでは。そんなあなたにおすすめのツールが「mark bench」です。

mark bench 公式サイト

「mark bench」には大きく分けて2つの機能があります。

①商品売上推計機能

他の店舗の売上を推計することができます。例えば、これらの商品が他のお店でどれだけ売れているのかの当たりをつけることができます。

・ランキングや検索結果で上位のあの商品
・自社の商品と似ているあの商品
・SNSで話題になっているあの商品

②商品情報追跡機能

ある商品について、商品名の変更履歴を見ることができます。他社で売れている商品の商品名を分析し、自社商品の商品名を改善するといった可能です。

一体どれほど便利なのか。これらの便利な機能について、ECショップを営むヒデカツさんの例で見ていきましょう。

まつぼっくりショップを経営するヒデカツの苦悩

ヒデカツは焦っていた。まつぼっくり専門のECショップを開いて早3年。珍しさと、世に言う「第2次まつぼくりブーム」もあり、立ち上がりこそ順調に売り上げたが、ここ最近は伸び悩んでいる。

もっともっとまつぼっくりを売りたい!でも何が原因で伸び悩んでいるのか、全く見当がつかないし、とっかかりすら無い!まるで俺の頭のようにツルツルな山を登っている感覚だぜ…

イカれちまいそうだぜ…

令和の新ヒーロー「マークベンチマン」現

そんなヒデカツの前に現れたのは、ひたいに「M」の文字が書かれた謎の男。

私はマークベンチマン。おでこの文字は水性だから、心配ご無用!

心配ご無用

まずいな、幻覚だ。相当ストレスが溜まってるみたいだ。くそったれ、消えろ!消えろ!消えてくれ!南無三!

ヒデカツくん、幻覚とはご挨拶だな。私はマークベンチマン。悩めるEC子羊を救う、スーパーヒーローだ。

マークベンチマン?バビディに洗脳されたベジータじゃなくて?
まあいいや、助けてくれるっていうのか?俺は何をすればいいの?

焦りなさんな。まずは四の五の言う前にmark benchに申し込みをしろ!話はそれからだ。無料で7日間使えるぞ!

早く申し込め

え~、申し込み?面倒くさいな。俺ってそういうのあんまり好きじゃないタイプの人間じゃん?

その言い回しをする人間の方が面倒くさいぞ。
入力項目も少ないし、あっという間に終わる!つべこべいわずに早くしろ!

わかったよ。ハイ、申し込んだよ。確かに簡単だね。

よし!では早速説明だ!

フォームの入力って面倒くさい

マークベンチマンによるmark bench講座~ 商品売上推計機能~

まず、他店のまつぼっくりの売上状況を見ていこう。

①ジャンルを選択して、②今回はそのまま検索してOKだ。③上から売れている順に商品が並ぶから、目標金額に近い商品を選べ。選んだら、④「詳細」の列のボタンを押すと下の画面が出る。
この画面では、各情報の推移から他社商品がどのように売上を伸ばしているかを推測することができる。

①まずは売上の推移を確認だ。「いつが売れやすい」「売れてきている」「売れなくなってきてる」をここで把握しろ。 ②次に、商品価格やポイント倍率を確認する。「価格を下げたときに大きく売れている」「ポイントの影響が大きい」など、売れている理由を紐解こう。

これらの情報を総合すると、売れているまつぼっくりが商品価格を下げたタイミングで売上が上がりやすいことがわかるだろう。この場合、他社商品と同じタイミングで価格を調整するか、逆に他社商品が落ち着いているタイミングで自社商品を上げていくという選択肢がある。どちらもテストして効果の良い方を継続すればよい。どうだ?次に何をすべきか考えやすいだろう。
分かる、分かるぞ!

なるほど!これなら売り上げアップのために何をすればいいのか分かる!
やる気が出てきたぞー!

そうだろうそうだろう。mark benchは7日間無料体験ができるから、自分でも色々試してみたまえ。それではさらばだ!

ちょっと待った!

ちょっと待ってくれ

もう一つ困ってることがあるヒデカツ

ちょっと待ってくれ。もう一つ悩みを聞いてくれないか。

ワンモアタイムワンモアチャンス

なんだ?もう額の文字が消えかけてるから、何かあるなら早く言ってくれ。

少しこすった

新しく海外産のまつぼっくりを仕入れて販売しようと思うんだけど、売れるかどうか全く分からないから不安なんだ。過去にドイツ産の巨大まつぼっくりを10万個仕入れて全く売れなかったということがあって、もう同じ失敗はしたくないんだ!

一体どんな勝算があってそんなことをしたんだ。よし分かった。もう一度mark benchを開け。

ヒデカツのトラウマ、巨大まつぼっくり

マークベンチマンによるmark bench講座~ 商品情報追跡機能~

今回も他のまつぼっくりの売上状況を見ていこう。

①ジャンルを選択して、②特殊な条件がなければそのまま検索してOKだ。③売れている順にまつぼっくりが並ぶから、まずは上位商品の売上を見ていこう。上位4商品の合計は14日間で59万円~98万円売れているな。④1つ選んだら、「詳細」ボタンで詳細を見ていくぞ。

今回も売上の推移を主に確認するぞ。

①「いつが売れやすい」「売れてきている」「売れなくなってきてる」をここで把握できる。ブームに乗ることも重要だが、瞬間的に売れているのか、それとも継続して売れているのかはしっかりと把握する必要がある。ここで自社商品のポテンシャルを把握し、最適な仕入れ数を考えろ。
仕入れ数が決まったら、商品名を考える。その際にもmarkbenchが力を発揮するぞ。

①この部分で、商品名の変更履歴がわかる。
②赤色が前回と比較して削除された点、緑色が追加された点だ。一定期間変更されていなかったり、毎回削除されていないキーワードはこの商品にとって重要なキーワードであることがわかる。これらの情報をベースに自社商品の特徴と照らして、商品名を決めていこう。
どうだい?適切な仕入、商品名に近づけることができそうだろ?
GYUGYUGYU~

ありがとう!これで血迷った仕入れをしなくてすむよ!

そうだな!君はちょっと危ない一面があるから、「イケる!」と思っても必ずmark benchで一度確認する癖をつけたほうがいいぞ。それでは、さらばだ!

さらばマークベンチマン

ヒデカツのその後

マークベンチマンのアドバイスとmark benchで、商品選定や仕入れに合理性が生まれたヒデカツ氏のショップはその後急成長。地元に建築された豪邸は「まつぼっくり御殿」と呼ばれ、地域の人に愛されたという。おしまい。

mark benchについておさらい

mark benchには2つの機能があり、お店の売上アップにつながる分析をすることができます。

①商品売上推計機能
 他のお店の商品がどれくらい売れているのか、推計値を確認できる

②商品情報追跡機能
 他のお店の商品価格、ポイント、商品名などの変更履歴が追跡できる

7日間の無料体験中には、細かい分析手法やノウハウの紹介をメールにて配信しております。 ぜひ競合分析にmarkbenchを活用してみてください。

この記事を書いた人

ニューアキンドセンターのセンター長という名の伸びしろ。伸び悩んでいる。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!