Top

25年ぶりの優勝を遂げたカープ   1991年以来、25年ぶりの優勝を遂げた広島東洋カープ。惜しくも32年ぶりの日本一こそ逃しましたが、ペナントリーグでの独走はファンの喜びと驚きを呼びました。そこで、今回はカープの強さの一因でもある「人材(選手)育成」に焦点を当てて、ご紹介していきます。最後までご覧ください。 お金が使えない……からこそ人材育成に注力 球団創設から、カープは一貫して「人材育成の球団」とも言われています。   今年活躍した選手を見てみても、センターとして3番打者を一年間打ち続けた丸佳浩、セカンドの名手である菊池涼介、そして「神ってる」という言葉で一躍脚光を浴びた鈴木誠也など、助っ人外国人を除くほぼすべての選手が生え抜きの選手です。   12球団唯一の「市民球団」として、親会社を持たないがゆえに資金には恵まれておらず年俸も多くの額を出すことができず、自由に他球団と契約を結ぶことのできる権利である「FA権」を行使するような有名選手の獲得にもなかなか動けないカープが、こうして生え抜きの選手を多く使うのは当然ともいえます。しかし、ここまでそれぞれの選手が活躍するのはなぜなのでしょうか。 「選手表」と「独自の視点」で宝を見つけるスカウティング まず、その理由としてあげられるのは「スカウトの能力」です。カープのスカウトには「年齢別選手表」というものが配布されており、選手それぞれの年齢と守備位置が記載されてています。これを見れば、「いま、どのポジションが手薄なのか」「何年後にどのポジションが空くのか」というのが一目瞭然です。   これに沿ってドラフト戦略を立てることで、主力選手が抜けたあとにも次々に有望な選手が登場してくるのです。また、それ以外にもカープのスカウトには特徴があります。   それは、「能力以外のところをチェックする」という点です。2016年に最多勝を獲得した野村祐輔投手を2011年に指名した際には、野村の能力もさることながら、それ以外の点にもスカウトは注目していました。   基本的に、投手は投球を終えたあとに肩をアイシングするのですが、野村はそれをせず、試合が終わったあとにも走り込みをする習慣があり、それを知ったスカウトが、「これならプロに入っても期待できる」と、1位指名を決めたそうです。   また、今年引退を決めた黒田博樹投手を獲得する際にも、肝心の投球よりも打席に立った際の全力疾走や、メンタル面に注視していたようです。  カープのスカウト能力の高さは、日本人の獲得だけにとどまりません。   エースとして活躍しているジョンソン、今年20本のホームランを放ったエルドレッド、セットアッパーとして大車輪の活躍をしたジャクソンやヘーゲンスなど、カープは助っ人外国人にも恵まれていることで知られています。   その陰には、「シュール便」とも呼ばれている優秀なスカウトの存在があります。以前カープに在籍していたシュールストロム氏です。過去に巨人から高額のオファーも受けましたが、「カープには一生の恩がある」と断ったことでも有名です。   そのほか、ドミニカ共和国で展開している「カープアカデミー」という野球のスクールでも育成を行い、アカデミー出身である選手の中にはメジャーリーグで大活躍している選手もいます。 12球団随一の練習量 また、なんといってもカープの選手は練習量がとても多いことでも知られています。キャンプ中には休むことなく朝から日の暮れたあとまでどっぷりと練習をこなし、ランチタイム以外はほとんど練習、練習です。   阪神タイガースから復帰し、今年は2000本安打、300本塁打を記録し4番として精神的支柱の役割を担った新井貴浩選手も、多くの練習をこなすことで知られています。   新井選手はもともとはドラフト6位指名での入団でした。身体こそ190cmの身長で大柄な新井選手ですが、ドラフト使命に至ったのも「コネ」だったこともあり、当初はあまり期待されていませんでした。   しかし、「アニキ」と慕う現在は阪神タイガースの監督を務める金本知憲とともに猛練習に励むことで、その資質を開花させました。こういったハードな練習をこなすことで、個々の選手が持っている資質を存分に開花され、続々とカープの生え抜き選手が活躍するバックボーンとなっていそうです。 まとめ さて、今回はカープの生え抜き選手が活躍する理由を探ってみました。他の球団よりも使える資金が少ないぶん、育成に注力するカープの秘訣はスカウトと練習量の二つにありました。来年こそ、この育成力で日本一を奪還してほしいですね。 ...

いまやオウンドメディアを持っている企業も増えてきました。   しかし、そうした企業でも、Webライティングの専門家を雇っている場合は少なく、専門外の人がとりあえず担当にされてしまい、暗中模索でライティングをしているといったところが実情ではないでしょうか。そこで、今回は突然Webライティングの執筆担当になった方が困ることの多い「ネタ探し」についてご紹介します。 Webライティングのコツ:読者目線 「何を書けばいいのかわからない」「書くべきネタがなくなってしまった」   Webライティングに携わる人であれば、ほとんどの方が直面したことのある悩みだと思います。しかし、こうした方の多くは、実は「書くべきネタがない」のではなく、身の回りにあるネタに「気づいていない」というパターンがほとんどなのです。   この理由は、多くの方が「発信する側」の視点でライティングを考えてしまっていることにあります。大事なことは、読者の視点に立つことです。   読者の目線に立つことは、多くの視点を創り出すことにもつながります。なぜなら、読者はどれか一つということではなく、十人十色のニーズを抱えており、全く同じ趣味や傾向、好き嫌いを持っているわけではないからです。   そこで、まずは「発信側」と「読者側」の視点の違いについて考えてみましょう。 Webライティングのコツ:「効果」と「わかりやすさ」 新発売のドリンクを例にとってみましょう。このようなステータスを持った商品です。    ・天然由来の成分を他の商品よりも多く含んでいる ・漢方由来の○○配合 ・全国の百貨店のみでの限定発売 ・国際デザイン賞受賞のデザイナー発案のパッケージ   これらの特徴はあくまで、作る側の視点でしかありません。   これをそのまま、読者やターゲットに提示するだけでは、いまいち魅力に欠けてしまいます。そこで、これを読者目線に書き換えるとこうなります。    ・他の商品よりも圧倒的に健康 ・体がよろこぶ成分配合 ・いつもよりリッチな時間を過ごしたい人向け ・自慢したくなるデザイン   このように、少し発想を変えるだけで与えるイメージが変わってきます。 作る側、発信する側としてはどうしてもその「努力」や「成分」を宣伝したくなりがちですが、あくまでも読者が求めているのは「効果」や「わかりやすさ」です。   このような点に目を向けるだけで、グッと魅力的な記事を書けるようになります。 Webライティングのコツ:読者の悩みを解決 ここからはニーズの高いとされているトピックをご紹介していきます。   ①お悩み解決系 読者のわからないことや不安を解消する記事は、鉄板中の鉄板です。一般的にはインターネットで悩みを解決したいと思っている人の悩みの傾向は2つあります。   一つは、機械の操作や行政の手続きなど、煩雑なもののプロセスを知りたがっているものです。こうしたものに対しては、懇切丁寧に解決するまでの流れを書くことが重要です。その際、思い込みで読者のレベル感を作るのではなく、本当に低いところまでターゲットを想定して書くことがコツになります。   そのほかには、身体的なものや精神的なもの、環境的なものなど、どちらかというと一般的ではない特殊な悩みを持っているパターンもあります。こうしたものに対しては、体験談や、その悩みに対して代表的な回答を与えてあげるのがよいでしょう。   ②お金やノウハウ……お得な情報 お金や時間といったものはいくらあっても足りることはありません。 そうした人間の根源的な欲求を満たす情報も、歓迎されます。   代表的なものとしては、金額などの比較です。例えば他社のものと自社のものを比べて自社のものの優位性を宣伝することは、説得力も増しますし、根源的な「お金」の欲求にも訴求できるオーソドックスなテーマです。   しかし注意すべきなのは、やはりデリケートさです。お金に関する話題は、興味関心が高い分、あまり煽りすぎてしまうと詐欺にもつながってしまいます。   また、会社以外でも個人的なブログなどでお金に関するコンテンツを多く発信する方も多いですが、こうしたものは情報の陳腐化も早く、どうしても消耗戦になりがちですので、長期的な優良コンテンツを作りたい場合には、あまりオススメできません。   他には、お役立ち情報もニーズが高いものです。エクセルやワードといったオフィスソフト、アプリの活用法などは時間の短縮や利便性の高い情報でもあり、商品と結びつけやすいのなら、発信して損はありません。   お金とは違い、具体的なノウハウですので発信もしやすいですし、読者の納得も生まれやすい分野です。また、自身のつまずいた点などを共有することでより具体性を持った情報にもなりやすく、書きやすい分野でもあります。   こうしたお得な情報は、優良なコンテンツを発信すれば読者の好感度も上がりやすく、リピーターを掴みやすい分野です。ネタに困ったらとりあえず書いてみる、くらいの心境でいるといいでしょう。 さいごに さて、今回はWebライティングをする上でのネタ探しについてご紹介してみました。   まずは、凝り固まった視点を見つめなおし、読者目線に立つことで、ある程度ネタを見つけやすくなるということを紹介しました。そのあとは普遍的な悩みや欲求に訴求する鉄板ネタも、尽きることがないネタの宝庫です。こうしたことに気を付けながら、優良コンテンツを発信していきましょう。     ▼Webライティングに困っている人は読んで▼ 【初心者向け】読みやすさを意識したWebライティングの方法   【見出しの書き方】Webライティングする上で押さえておきたい3つのこと    ...

Webライティングをするときに、インターネット上で様々な情報が溢れる中、目的の読者に対し多くの人に情報を届けるのは至難の業。そこで、今回はより多くの読者に記事を読んでもらうための見出しのつけ方をご紹介します。 Webライティングにおける「見出し」とは いまや、何かを調べようと思ってもインターネットには星の数ほどの情報が溢れており、逆に迷ってしまうほどです。情報を発信する側になってもそれは同じこと。インターネットの恩恵で、誰でもが無料で不特定多数の人に情報を発信できるようになりましたが、こうした状況の中では工夫が求められます。     ここで例として、「立地の悪いお店」について考えてみましょう。立地の悪いお店は、多くが独特の存在感を持っており、なかなか入りづらいものです。そこでお店側も工夫して、インターネット上のクーポンサイトや口コミサイトにお店の情報を掲載し、ほかにもビラを配ったりし、認知度の向上を図ります。     インターネットのレビューサイトなどは、もともとその土地やジャンルでお店を探していた人が検索して発見するもので、もしニーズに合致するものを発見できれば、強力なリピーターとなってくれるでしょう。     こうした立地の悪いお店のセールスは、Webライティングの戦術ともかぶるものです。Webライティングにおける「見出し」は、お店のネット戦略やビラ配りと同じく、何か興味を持ち検索してきた「リピーターの種」を引き込み、大輪のリピーターにするための重要な手段なのです。     しかし、かといって難しく考えることはありません。実は、その見出しにも3つのパターンしかありません。そこで、ここからは3つのパターンをご紹介します。 見出しの書き方:鉄板3パターン 見出しの書き方①:煽り系 これは一番ポピュラーなものではないでしょうか。 例えば、「これで10キロ痩せられた!魔法のサプリとは?」や、「いまさら聞けない◯◯」といったような見出しです。     こうした煽り系の見出しは、常識と思われていることに逆張りし、本来訴求できない層にもアピールできることです。特に最近のネット記事はSNSのタイムラインなどで「流し見」されることも多いので、ユーザーの常識だと思っていることや劣等感などの感情を刺激することで、アプローチを仕掛けます。     しかし、注意する必要があるのは「炎上」です。もちろん、「炎上マーケティング」という言葉もあるほど、炎上はうまく使えば武器にもなりますが、リピーターを掴んでいきたいのなら、あまり内容とはかけ離れすぎた見出しをつけることはしないようにしましょう。     見出しの書き方②:記事要約系 その名の通り、記事の内容を簡潔にまとめた見出しです。この「簡潔に」というところがミソで、多くの方は簡潔にまとめたつもりでも、読者にとっては簡潔になっていないものがほとんどです。     要約系見出しの特徴としては   長くても31文字程度 今までの常識ではない新しい情報も盛り込む 珍しい固有名詞はいれない   などのポイントがあります。 要約系の見出しのお手本としては、「Yahoo! ニュース」を見ると良いでしょう。Yahoo!ニュースの見出しはほぼすべてが13.5文字で構成されるように努力されています。決められたスペースで端的に情報を伝える見出しを作りたいなら、じっくりとYahoo! ニュースを観察するのもアリですね。     見出しの書き方③:SEO SEO対策として検索エンジンで上位に表示されるための見出しの書き方はどうすればいいのでしょう。SEO対策としての見出しを作るためには、実際に検索エンジンで検索してみるのがいいでしょう。     例えば、何か食品に関する記事を書くとき、ここではステーキとしてみましょう。まず検索ボックスに「ステーキ」と入力すると、それに続き「東京」や「赤身」などのキーワードが出てくると思います。つまり、これは「ステーキ 東京」や「ステーキ 赤身」で検索する人が多いということです。     そこで、ステーキと東京の2つの言葉の裏に潜む思惑を想像します。真っ先に思いつくのがデートのお店として探しているケースでしょうか。であれば、タイトルを「デートで使えるおいしい東京のステーキ店◯◯選」といった見出しをつけることで、SEO的にも良い見出しになるわけです。     ただ、見出しだけでなく、記事の中身できっちりと読者の課題を解決してあげることが重要です。 まとめ さて、今回はインターネットで読者を呼び込むための見出しの書き方についてご紹介しました。大きく分けて3つのパターンがありましたが、どれか1つというわけではなく、記事の内容や発信したい媒体に合わせて柔軟に使い分けることが重要です。しっかりとリピーターを掴めるような見出しをつけられるようにしていきましょう!     ▼あわせて読みたい▼ 【初心者向け】読みやすさを意識したWebライティングの方法    ...

こんにちわ、curecarpです。   広島東洋カープ、25年ぶりの優勝!得意の「育成」は選手だけではなかった。     1991年の優勝以来、25年ぶりの優勝を遂げ、全国に赤ヘル旋風を起こした広島東洋カープ。1990年代から2000年代には、FA制度により主力選手が相次ぎ強豪球団に流出し、苦難の時代を過ごしました。しかし、ここ数年で若い世代を中心に生え抜きの選手が台頭し、「育てる」力で金銭的には圧倒的な差がある強豪チームを打ち負かし、優勝に輝いたカープ。     華々しい優勝の裏には、地方球団ながらも堅実に収益を積み重ねるコンテンツマーケティングがありました。今回の記事では、地方で不況にあえぐ個人店や企業の生き残りのヒントになるかもしれない、限られた資金で最大限の戦力を創りあげてきたカープの「経営」面に光を当てていきます。 12球団唯一の「市民球団」ながら40年にわたり黒字経営継続中 カープと言えば、日本のプロ野球12球団のうち唯一の「市民球団」として有名です。ジャイアンツであれば読売新聞、タイガースであれば阪神電車など、他の11球団には球団を経営するオーナー企業がついています。     オーナー企業は、球団の運営において、赤字分を補てんする費用は「職業野球団に対して支出した広告宣伝費等の取扱について」という国税庁の通達により、特別損失として企業の会計に合算できることになっています。つまり、球団のオーナー企業は、自社の広告宣伝というだけでなく、会計上の優遇も受けられるため、本気で球団経営を黒字化させなくてもよいのです。 そうした一方でオーナー企業のないカープは、球団経営を出せば出すだけただの「損」となってしまい、球場設備や選手の給料に割く費用の削減に直結してしまいます。非常にシビアな環境の中、初優勝を果たした1975年以来、公表されている2015年まで、40年にわたり黒字経営を続けているのです。     悲願の優勝を果たし、これからクライマックスシリーズを本拠地球場で開催するため、2016年度の黒字達成も間違いないでしょう。このような堅実な経営を続けながら、一方で選手の育成に成功し、今や強豪球団ともいえるカープ球団の経営に注目が集まるのも当然といえます。 ファンが、広島市民が、「育てる」球団 カープの魅力と言えば、ファン目線からいえば何と言っても「育成力」でしょう。若いころから見守ってきた選手が幾度もの困難を乗り越え、一流の選手として他の強豪球団と渡り合い、打ち負かすほどになるまで成長する姿を見るのは、なんとも言えない感動を味わうことができます。     実際に、カープの主力選手と言えば、助っ人外国人を除けば他はほとんどが生え抜きの選手。若いころを知っているからこそ、一人前になった今でも応援についつい力が入ってしまいます。     「育成」は選手だけに限らず「カープ」というチームそのものについても当てはまります。球団創設時には資金が集まらず、「たる募金」と言って、広島市中に置かれた樽に市民からの募金を募り、なんとか球団経営を継続してきました。また、現在の本拠地球場である「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」建設の際にも、たる募金が実施され、1億円を超える資金を集めています。 あまり知られていませんが、マツダスタジアムの正式名称は、「広島市民球場」。以前の本拠地であった「広島市民球場」は旧市民球場、こちらは新市民球場とされています。名前にも地元密着が見て取れるのです。このように、市民に愛され、選手やチームが育っていく姿を見ることができるのが、他球団との大きな違いと言えるでしょう。 「ファンをリピーターに」結実したコンテンツマーケティング 今度は、経営面から「カープ」を見てみましょう。40年以上も黒字が続く唯一の球団であるカープ。一般に、プロスポーツは収入の多くを興行収入に頼っており、チームが弱ければ弱いほど観客動員の数字は縮小し、そのため選手に支払うことのできる給料も削減せざるを得ず、優秀な選手が流出してしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。     1990年代の中盤から2000年代までは、カープにもこの法則が当てはまりました。世間の注目がカープに集まりだしたのは、初のクライマックスシリーズの進出を果たした2013年ごろからですが、実はそれまで横ばいだった黒字額は前年の2012年から増加しているのです。これはなぜでしょうか。     それは、「ファンをリピーターに育てあげる」という球団のコンテンツマーケティングが成功したからに他なりません。人口の多い関東近郊に本拠地を構える球団とは違い、広島県民は280万人ほどで、球場のある広島市の昼間人口は100万人ほど。都心より少ない人口で着実に収益を上げていくには、ファンをリピートさせる施策が不可欠でした。 例えば、球場にその工夫が見られます。現在のマツダスタジアムは、2009年に開場。大人数でバーベキューを楽しみながら観戦できるシートや、寝そべって試合を見られる「寝ソベリア」など独創的な座席を設営し、何度来ても飽きない球場づくりがされています。座席以外にも、球場内には小さな子供が遊べるスペースや、数多くの清潔トイレが設営されていたりと、様々な工夫が凝らされています。     また、スピーディーなグッズ展開にも工夫があり、チームがサヨナラ勝ちをしたり、選手が記録を達成すると、最速で翌日には関連するグッズが発表され、どのグッズもすぐに完売してしまうほどの人気です。最近では、関東の「カープ女子」を新幹線一両をまるまる手配し広島まで招待し観戦してもらうツアーなども展開しており、型破りなサービス展開に今後も注目です。 地方の個人商店や中小企業にも生かせる手法 カープ球団のリピーターをがっちり掴み放さないようにする地元やファンに密着した取り組みは、これからますますプロ野球全体に広がっていくと考えられます。     一昔前までは、放映権の大きな収入が見込める国民的に人気のある球団の巨人戦を頼りにした球団経営が多かったプロ野球ですが、娯楽の多様化やテレビ離れが深刻化し、放映権収入だけでは経営が成り立ちにくくなっているのです。     特に交流戦以外巨人戦のほとんどないパ・リーグの球団では、北海道に移転して成功を収めている北海道日本ハムファイターズや、九州に密着し、九州出身の選手を中心に育成しながら豊富な資金力で優秀な選手を獲得し、バランスよく経営をしている福岡ソフトバンクホークスなど、カープと同様に地元やファンに密着した経営が展開されています。     また、こうした経営手法は、「早い」「安い」を売りに規模の経済性にモノを言わせて世界中に展開しているグローバル企業やチェーン企業に対する、地元の昔ながらの個人商店や中小企業が生き残るためのヒントにもなります。今後は、画一的で広汎的なサービスを展開するのではなく、ピンポイントに効果的にサービスを展開する経営方法に、注目が集まっていきそうです。 引用元:http://www.carp.co.jp/win16.html おわり 今回は、25年ぶりに優勝を果たしたカープの経営面に注目をして紹介してきました。一時は長い低迷期を経験し「暗黒球団」と呼ばれながら悲願の優勝を達成した裏には、着実な経営を続け、一度つかんだファンを簡単には手放さない一貫したコンテンツマーケティングがあったようです。こうしたマーケティング手法は、人口減にあえぐ地方の経営者にとっても参考になりそうですね。    ...