Top

【一元管理】の記事一覧

業務改善して余った時間は遊ぼう!ジェームズです。   前回の「「在庫管理をエクセルでやっています・・・」そんな担当者にご提案したい在庫の一元管理システム」の記事に引き続き、今回は注文(受注)にスポットを当てて、一元管理システムのネクストエンジンを例にご紹介します。   題して「複数ECサイトの注文を一元管理すると何が出来るの?」です。 ネクストエンジンで自動化その①:注文を一元管理していないとどうなるの? まずはネクストエンジンで注文を一元管理していないとどうなるのでしょうか。あるECサイト運営者の心の声を例に挙げて見てみましょう。   ・それぞれの管理画面で注文を見なきゃ・・・ ・あれ?あの店舗の注文ってチェックしたっけ? ・Yahoo!店担当が休みだ!マニュアルあるけどよくわからん ・出荷間際なのに送り状発行システムへの送り先コピペが終わらない! ・あああああああああ   注文数、運営店舗が増えれば増えるほど、現場は混乱していきそうですね。 ネクストエンジンで自動化その②:一元管理してると「ここ」が良い! ではネクストエンジンで一元管理した場合のメリットを「注文を受けてから出荷するまで」の順番で説明していきます。   【注文を受けた時】全ての注文がどんな状況なのか、一目でわかる お客様から注文が入ると、注文メールがネクストエンジンに取り込まれ、全ての店舗の注文が一望できる場所に集まります。※1   また「入金待ち」「出荷待ち」等、注文状況によってステータスが自動で割り振られるので、どの注文から処理すべきか、優先順位が一目瞭然になります。設定によっては取り込んだ注文情報を元に、発送日まで「発送日待ち」ステータスに止めておいたり、逆に確認しなくてもいい注文はすぐに「出荷待ち」のステータスに自動で移動させる、という事も可能です。   ※1場合によっては、注文メールだけでは注文情報として足りない為、CSVデータを各店舗からダウンロードして、ネクストエンジンに取り込む必要があります。   【注文の確認】1度操作を覚えれば、何店舗増えても同様に処理できる 取り込んだ注文は、出荷できる状態にするまでに、色々と確認する必要があります。例えば後払い決済会社への与信依頼や、別の注文商品の同梱、ラッピングの希望への対応など・・・。 ※2 複数のECサイトを運営していると、1つの対応でも店舗ごとに操作方法が異なりますが、ネクストエンジンでの操作は1種類(場合によっては2,3種類)です。   つまり、ネクストエンジンの操作方法を1度覚えてしまえば、新しく店舗が増えても注文処理のフローを変える必要がありません。そして、ネクストエンジンでは注文伝票に対して「誰が」「何をしたか」の履歴が残るので、注文処理の漏れや重複が軽減されます。   ※2多くの一元管理システムではこれらのような注文処理に関する操作は、大抵簡略化されたり、自動化されています。   【購入者へのメール対応】メールの自動送信とメールソフトとの連携 「ご注文ありがとうございます」などのサンクスメールや、発送連絡メール、フォローメールは、ネクストエンジンから自動で送ることが出来ます。各メールはテンプレートを作成する事が出来るので、様々な種類のメールを条件によって自動で送ることが可能です。   例えば、以下のような条件で送るメールの内容を変えることも出来ます。   ・店舗の種類 ・PCからの注文か、携帯サイトからの注文 ・配送方法 ・支払方法 ・注文商品 ・購入回数(リピーター) ・季節(月ごと)   季節の変わり目や、リピーターのお客さんには店舗からの生の声をメールに載せたい・・・そんな時にメールテンプレートは重宝します。ネクストエンジンの場合はメール管理ソフトのメールディーラーと連携しており、お客様の注文伝票から、やり取りしているメールの画面を直接開く事が可能です。   【出荷のタイミング】ピッキング時のミス削減、大量の出荷を短時間でこなす 基本的に店舗毎の違いは意識せず「一気に納品書を出力して、短時間でどんどん出荷作業を行う」事が可能です。バーコードリーダーを使って納品書に記載のある商品と突合して検品をすれば、出荷ミスが起こることはありません。   またヤマト運輸や佐川通運などの送り状発行ソフトへ取り込むための送り先情報のデータを、配送方法毎に一括で出力できるので、基本的には「ネクストエンジンからデータ出力→送り状発行ソフトへ取込む→送り状番号を発行してそのデータを出力する→ネクストエンジンへ送り状番号データを取込む※3」だけの手順になります。   出荷業務は、システムを導入することで手作業や目視で確認が必要だった大部分の自動化、効率化を特に期待できます。   ※3このタイミングで送り状番号(追跡番号)が反映された発送連絡メールを自動で送信する事が可能です。   【他には・・・】注文データ、売り上げ情報を管理する事のメリット 過去の注文データはネクストエンジンの中で閲覧、確認することが可能です。顧客のリピート率を調べたり、また決算期の会計処理のために使うデータ※4も出力出来るので、いちいち集計する手間が省けますね。   ※4出力するデータをカスタマイズするには、開発元の会社に依頼する必要があるシステムや、自分でカスタマイズできるシステムとがあります。 ネクストエンジンで注文処理を自動化しませんか? 注文の一元管理をすると下記のような業務時間削減、効率化をすることが出来ます。   ・注文状況が一目で分かるようになり、注文処理の優先順位を付けられる ・楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなど種類の違う店舗を複数運営していても、処理フローを統一できる ・各種メールの自動送信が可能 ・出荷時の確認作業の簡略化、配送会社の送り状ソフトとのデータ連携が出来る   文字数の関係上、ご紹介できなかった部分もありますので「こういうことは出来るの?」と言った疑問点がありましたら、下記までお気軽にご連絡ください。   【注文一元管理システム ネクストエンジン】 Tel:03-4570-0638  http://next-engine.net/   次回は「ECサイトの商品、在庫を一元管理すると何が出来るの?」についてお伝えします。     ...

  「在庫管理システム」とパッと聞いただけでは何が出来るのか、イメージしづらいですよね。複数ECサイトの在庫を一元管理できるシステムでは何が出来るのか、何が良いのか、その正体に迫ります。 在庫管理をエクセルで行うをやめて、在庫管理システムに移行-その1- 「在庫管理システム」というのはその名の通り、楽天市場やYahoo!ショッピング、amazonなど複数のECサイトの注文や在庫を それぞれの店舗の管理画面でなく、1つのシステムの中で管理、操作してしまおう、というものです。   ECサイトを何店舗も運営していると、注文の確認をするだけでも店舗分の管理画面を開く必要があります。全店舗を同じ在庫数に保つとなると、在庫の上書きだけでも店舗分、同じ作業を繰り返さなければいけません。非常に面倒ですね。 こういった複数店舗管理の手間や複雑さを解消、軽減するものが、在庫管理システムです。全ての店舗の情報が1つの場所に集約されるので、「複数店舗管理の手間や複雑さ」が解消され効率化される、つまり人的、時間的コストの削減になります。 複数店舗の注文や在庫の管理を効率化することで、それらに掛かっていた時間や人を、イベント施策などの売上アップの為の計画作りに充てることが出来るわけです。   複数ECサイトの一元管理システム ・複数の店舗の注文や在庫を、1つの所にまとめて管理する ・店舗分かかっていた作業コストを削減し、効率的なECサイト運営を可能にする 在庫管理をエクセルで行うをやめて、在庫管理システムに移行-その2- では在庫を一元管理できるシステムが必要になる、もしくは検討すべきタイミングはいつなのでしょうか? もちろん複数のECサイトを運営しているというのは大前提ですが、※1   「注文が増えて売上UPしたけど超忙しい!注文の処理だけで一日が終わっていく!」   というような「注文数が増加して、他の事になかなか手が付けられなくなってきた」というタイミングで、効率化の為に一元管理システムの導入を検討されるお客様は多いと思います。 ※1ネクストエンジンは大量の注文を短時間で処理する事が出来る為、ものすごい注文が多い店を1店舗だけ運営している、というお客様も稀におられます。 ですがこのタイミングでは、一元管理システムの導入が難しい場合があります。理由としては以下の2つが挙げられます。   【多忙な時にシステム導入しにくい理由】 ①一元管理システム導入の際の設定作業を行う時間が作れない ②システムに慣れるための時間が取れず、結局使わずに今までのやり方になってしまう   なぜか理由を2つ挙げましたが要するに導入のための時間が取れないという事ですね。 システム導入の為の事前設定や使い方を覚える時間が必要だと考えると、店舗の閑散期や、注文が増え始めて「人を雇おうか、システムを導入しようか」と考えだすくらいの時期が、一元管理システムのお試しや検討にちょうど良いです。   忙しくなりすぎる前に、前もって動き始めて、注文が集中する時期にはスムーズに一元管理できている状態がベストですね。   複数ECサイトの一元管理システム導入のタイミングは ・人を雇わないと処理が間に合わないな・・・くらいに忙しくなっている時 ・今は忙しくないけど、2~3か月後に繁忙期(もしくはセール)になる時 ・売り上げが伸びて、これから多店舗展開をすることになった時 在庫管理をエクセルで行うをやめて、在庫管理システムに移行するメリット 全てのECサイトを1つに管理できると色々な作業が効率化され、コスト削減になる!というように書きましたが、他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。   基本的には効率化、自動化の為のシステムですが、ここでは弊社の提供している複数ECサイトを一元管理するシステム「ネクストエンジン」を例に、いくつかその他のメリットをご紹介します。   【考えられるメリット】 ・ヤマト運輸などの配送業者の送り状発行ソフトへ取り込むための注文データを出力できる ・全店舗の売上管理も一括で管理されるようになるので、会計業務が楽になる ・購入者からのメッセージなど、確認すべき注文がどれなのか一目でわかる ・決済方法、配送方法や店舗ごとに異なるテンプレートのメールを自動で送信できる。 ・今までの注文や売上のデータをCSV形式で好きな形で出力できる ・同じ商品ページを複数の店舗に一括でアップロードが出来る   (その他色々・・・具体的なメリットは別の機会にご紹介します) さいごに 複数ECサイトの一元管理システムについて、ざっくりとお伝えしましたが伝わったでしょうか? 関連記事では注文処理や在庫の一元管理など、機能ごとにフォーカスし、「在庫管理システムを使うと何が出来るのか?」をより具体的に紹介していきます。     え?そんな先まで待てない? 「その具体的な所を知りたいんだ」ですって?   そんな方はネクストエンジンの無料体験をやってみましょう! 30日間無料で機能制限のないネクストエンジンを触る事が出来ます!もちろん触らない事も可能です! 実際に「在庫の一元管理システム」、触ってしまいましょう! ▼ネクストエンジン公式サイト▼ (右上の「ネクストエンジンをはじめる」から無料体験を申し込めます)  http://next-engine.net/     ...

ECサイトの運営に関わる業務は多岐にわたります。 商品登録から受注管理、売上管理、在庫管理、梱包や発送作業もこなさなければなりません。 これらの業務負荷を軽減するために、さまざまな「クラウドサービス」が提供されています。   ECサイト運営にまつわる業務の数々 ECサイトを運営していくにはどのような業務をこなす必要があるでしょうか。   まずは商品登録を行います。 商品の説明文を書き、商品を撮影して、ECサイトに登録しなければなりません。 また、日々の受注管理や売上管理、在庫管理、梱包・発送作業、またクレームや返品対応といった業務が次々に発生します。 1つのECサイトだけであればなんとかなるかもしれませんが、複数のECサイトを管理するとなると、上記の業務がECサイトごとに発生するため、恐らく従業員を雇わなければ到底回らないでしょう。すると人件費がかさんでしまうことになります。 それに、日々の業務に忙殺されてしまうと、ECサイトのオーナーとして本来やるべき集客や、販促のための企画、業務改善といった上流の仕事に時間がさけないという事態に陥ります。   クラウドサービスの特徴 このようなECサイトオーナーの悩みを解決するために、さまざまな「クラウドサービス」が提供されています。 このようなクラウドサービスを使うことでどのようなメリットがあるか、Hameeが提供する『ネクストエンジン』の機能を例にとって解説します。   1.複数のECサイトを一元管理できる 複数のECサイトで発生する受注管理、在庫管理、商品ページ管理といった業務を、一元管理化できます。これにより大幅な業務削減が期待できます。 2.数多くのモール・カートに対応している 『ネクストエンジン』の対応しているモールは、楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、eBayなどなど、主要なモールは網羅されています。 カートについても、カラーミーショップ、MakeShop、BASE、EC-Cube、ショップサーブなど、メジャーどころは大体対応しています。 3.複数名での運営に対応 従業員を雇用している場合、複数名で使えるシステムであることが求められますが、『ネクストエンジン』は、操作ログやログイン履歴の取得、担当者毎の権限設定、アクセス制限等に対応しており、複数名での利用を安全に行うための考慮がなされています。   以上、ECサイト運営を効率化するクラウドサービスについて解説しました。 これを機にクラウドサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。...

ECサイトを運営するにあたり、1つのECサイトで販売するよりも、複数のサイトを持って運営したほうが断然有利です。 とはいえ、複数のECサイトを運営すると、店舗ごとに「商品登録」「受注」「在庫管理」などの業務が発生するため、それらの業務に時間を取られすぎてしまうという問題があります。 問題の解決策として、『ECサイト一括管理ツール』の活用を紹介します。   『ECサイト一括管理ツール』とは? 『ECサイト一括管理ツール』とは、複数のECサイトを運営する人向けに開発された業務支援ツールで、主にクラウドサービスとして提供されます。 ここではHameeが提供する『ネクストエンジン』を例に挙げ、どのような機能が提供されているか紹介します。   1.受注の自動化・一元管理 複数モールの受注ファイルアップロード、出荷確定処理、欠品処理、入金消し込み、納品書・領収書出力などの機能が提供されています。 2.在庫の一元管理 複数モール間での在庫連携、商品検索、在庫状況確認などの在庫管理に関わる業務を効率化します。 3.ページ登録 複数モールの商品ページを一括管理する為の基本データの登録、編集ができます。また商品情報のダウンロードやアップロードにも対応しています。 4.メール管理 受注・出荷時のお客様へのメール自動送信や、送信済みメールのリスト管理などの機能が備わっています。 5.発注管理 在庫数に応じて発注量を自動計算したり、発注書出力を行ったりします。 6.データ分析 売れ筋商品や客単価を分析したり、売上速報を表示したり、店舗運営に必要なデータ分析機能が用意されています。   『ECサイト一括管理ツール』を利用するメリット それでは次に、『ECサイト一括管理ツール』を利用するメリットについて見ていきましょう。   1.作業時間の削減・人件費の削減 業務効率化により作業時間が短縮され、余った時間で商品企画や販促活動といった攻めのセールス活動ができるようになります。また、従業員を雇っている場合、人件費の削減にも寄与します。 2.対応のスピードアップによるサービスレベル向上 作業時間が短縮されることにより、お客様への対応スピードも向上します。これにより顧客満足度のアップにも貢献します。 3.ミスの削減 これまで手作業で行っていたものが自動化できると、人的ミスを減らせます。ミスにより発生したロスやクレームなどの削減につながります。   以上、『ECサイト一括管理ツール』の機能や、導入のメリットについて解説しました。 複数のECサイトを運営し、日々の業務に忙殺されている方は、こちらの記事を参考にしていただき、『ECサイト一括管理ツール』の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。...