Top

【楽天市場】の記事一覧

こんにちは。ニアセクリエイターズ古田島です。   今回は、ここ数年で一気に知名度をあげてきたネット通販サイトであるBUYMAについて、老舗ネット通販サイトの楽天、アマゾンの違いを簡単にご紹介するとともにどういうシーンで利用するのが適切かということにも触れていければと思っています。   昨今、ECサイトの伸びが著しく、買い物をECショップで済ます人が増えています。それはスマホの普及とともに、どこででもインターネット環境に接続することができ、好きなものを好きなときに購入することができる社会になりました。   もうわざわざ実店舗に足を運ばなくても、好きなものを購入できる時代になったわけです。またネット通販黎明期のころは、「ネットで買うのは危ない」といわれていたことも、流通体制や追跡番号、出品者の評価システムの信憑性など可視化できる部分が増え、だいぶ不安は払拭されたのではないでしょうか。   今回のBUYMAについては、主にファッションブランドに強いECサイトという印象が強く、日本未上陸の海外ブランドや日本より安い海外価格で購入できるとあって好評を得ているECサイトなので、早速詳しくみていきましょう。 1.BUYMAとは 株式会社エニグモが、2005年からサイトを立ち上げたBUYMA。「Fashion is Borderless」を表題に掲げ、なんといっても日本にいながらにして世界中のありとあらゆるファッションが、現地バイヤーを介して手に入るという画期的なサービスです。立ち上げ当初では商品ジャンルを特定にしていなかったのですが、2006年には海外ファッショントレンドに敏感な女性をターゲットに絞り、サービスを展開。現在ではレディースのみならずメンズやキッズのほかインテリアなどの雑貨を扱うまでの商品量に広げている。というのも、現在では会員数は300万人を超え、世界120ヵ国以上の商品を扱うまでの巨大マーケットに成長したからだともいえます。   BUYMAの一番の魅力は、「誰でもバイヤーになれる」プラットフォームなのではないでしょうか。特に海外旅行や海外ブランドが好きな人にとっては一度ならずともバイヤーになって世界中を周りたいなどと考えた経験はあると思います。バイヤーになれる人はそんなに多くはないですし、企業に属したバイヤーならまだしも、フリーのバイヤーともなると食べていけるのはほんの一握りなため、現実的にはバイヤーになる夢を諦めたり、現実的ではないので他の職種を選んだりする人が多いのです。   しかし、BUYMAは、極端のことをいえば商品画像を撮影して出品登録してしまえば、誰でもバイヤーになることができます。日本にいながらにしてネットで海外から安く仕入れ、BUYMAで売ったり、現地買い付けにいきBUYMAで売ったり...

  こんにちは、satoshiです。   今回は、楽天出店攻略法のシリーズ第3回目です。 第1回目は【シリーズ】楽天市場出店攻略法! その1(出店準備編)、第2回目は【シリーズ】楽天市場出店攻略法! その2(出店編)をお送りました。   今回は【店舗運営編】ということで、より踏み込んで集客方法やリピーター獲得などの店舗運営について書きたいと思います。   アクセス解析で改善ポイントを探ろう 店舗運営の基本は、現状把握です。正確に現状を把握できていないと、問題点を見つけることができず、改善案も出てきません。 楽天市場の「RMS」(店舗運営システム)には、アクセス解析機能が備わっています。ページ毎のアクセス数や、検索キーワードや、転換率、売上といった情報をグラフ表示してくれます。   ここでおさらいですが、ネットショップにおける売上の公式は、 「アクセス数」☓「転換率」☓「客単価」=「売上」です。 ※転換率=アクセスした人が実際に購入に至った割合   売上目標を達成するには、今よりアクセス数を増やす必要があるのか、転換率を上げるべきか、はたまた客単価を上げたほうが良いか、といったことを「RMS」のアクセス解析を材料にして検討します。   集客でアクセス数を増やす 先述の売上の公式によると、アクセス数を2倍にすれば転換率と客単価が同じでも、売上は2倍になります。 転換率と客単価を上げるには、様々な要因が絡むため、やるべき施策を絞るのが難しいです。 一方、アクセス数を増やす手段は的を絞りやすく効果計測もしやすいので、まずは集客によってアクセス数を増やすことを考えましょう。   「広告で集客する」 楽天では下記の広告サービスが用意されていますので、それらを導入するのも一法です。   1.バナー広告 楽天市場内にショップのバナーが表示される形式です。クリック毎に広告料が課金されます。   2.楽天メルマガ広告 楽天メルマガ文中の枠を契約する形式です。1掲載枠毎に広告料が決まっています。   3.サーチワード広告 楽天市場で検索した時に、検索結果の上位に表示してくれる形式です。商品タイトルの頭に【PR】と付いているものは広告です。 クリック課金ではなく、2週間の掲載期間保証になっています。   4.CPC広告 前項のサーチワード広告の、クリック課金版です。   「イベントやキャンペーンで集客する」 楽天市場では様々なイベントやキャンペーンが行われており、これらの開催を楽しみにしている「楽天びいき」のユーザー達の存在が、楽天に出店するメリットでもあります。 とはいえ、ライバル店との差別化を意識しないと結局横並びの状態になり、価格競争に疲弊することになりかねません。 他店が行っているイベントやキャンペーンを分析しつつ、そのまま真似るだけではなく、オリジナリティーを付加する工夫が必要です。   リピーター(ファン)を獲得しよう! 楽天に限らず、ネットショップにおいては、価格目当てで買ってくれた「一見さん」のみを相手にしていては、生き残ることはできません。 安定した収益を上げていくには、リピーターの獲得は必須条件です。   リピーターを獲得する唯一の方法は、お客様を喜ばせることです。 「価格が安い」というのもお客様を喜ばせる大切な要素ではありますが、価格だけで勝負するショップの運営は楽しいでしょうか?   「自分が趣向を凝らした施策によってお客様が喜んでくれた!」と感じられる時が、ショップを運営していて良かったと思える瞬間です。   価格以外にもお客様を喜ばせる手段はたくさんあります。 梱包・包装に力を入れたり、気の利いたプレゼントをしたり、他店では買えないものを提供したり、お客様の意見を取り入れた新商品を開発したり、品揃えをものすごく豊富にしたり・・・。   楽天市場においても、そんな真心のこもった人間味溢れるショップが成功しているように思えます。   最後に いかがでしたでしょうか。 今回は店舗運営編ということで、集客方法やリピーター獲得等の店舗運営について紹介させて頂きました。参考にいただけたら幸いです。   以上、satoshiでした。  ...

  今回は、楽天市場出店攻略法のシリーズ第2回目です。 第1回目は【シリーズ】楽天市場出店攻略法! その1(出店準備編)として、出店前に楽天市場に関して最低限知っておくべきことを解説しました。   今回は【出店編】ということで、出店までの流れや出店後の動きについて解説したいと思います。   出店までの手続きの流れ 楽天市場への出店を検討し始めたら、まずは楽天市場が全国各地で定期的に開催している説明会へ一度足を運ぶことをオススメします。 説明会に行けばいろいろな資料がもらえますし、担当営業に気になることを質問したり、説明を聞いたりすることができるので、出店に対するイメージやビジョンがより鮮明になってきます。   出店の申し込み自体はカンタンです。 楽天市場トップページから[出店・開業案内 トップページ]にアクセスし、「出店申込」から必要事項を入力して送信します。 申し込みをすると楽天市場担当者から電話がかかってきて、その後「出店申込書」と各種必要書類を提出し、楽天市場の審査に入ります。 審査には2〜4週間ほどかかり、審査に通ると契約となります。   契約完了後は「RMS」(Rakuten...

  こんにちは、satoshiです。   今回は、楽天市場に出店する際の攻略法について、全3回のシリーズでお送りしたいと思います。 第1回目は【出店準備編】として、出店前に楽天市場に関して最低限知っておくべきことを重点的に解説します。   楽天市場への出店を検討されている方は是非参考にしてみてくださいね。   楽天の特徴とは? 楽天市場は、言わずと知れた国内最大のショッピングモールです。 会員数は1億人以上。ネット通販全体に占める流通総額シェアは27%で、成長を続けるAmazonやYahoo!ショッピングを押さえ堂々の1位をキープしています。   出店している店舗数も4万店以上と非常に多く、商品ジャンルも多岐にわたるため、ユーザーからは「楽天で探せば大抵のものは買える」と認知されています。 楽天の持つネームバリューと集客力は、出店者にとっても大きな魅力であり、「楽天に出店すること」自体が一種のステータスにもなっています。 また、楽天グループは楽天市場以外にもさまざまなサービスを展開しています。   「楽天銀行」「楽天カード」「楽天証券」「楽天トラベル」「楽天BOOKS」等のサービスを保有しており、これらのサービスをユーザーが行き来することによるシナジー効果が望めるのも、楽天市場ならではの特徴と言えるでしょう。   楽天市場のメリットはこれ! では、楽天市場に出店するメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。   1.集客力 先述のとおり、楽天市場の持つ最大の武器は「集客力」です。 ネットショップにおける最初の難関は、ズバリ「集客」ですが、楽天に出店すればとりあえず「誰もショップを訪れない」という状況は回避できるでしょう。 これは実際の店舗運営において「立地条件」が最も重視すべき点であるというのと似ています。 人が集まる場所に店舗を構えることができれば、それだけで店舗運営の難易度はグッと下がります。ネットショップにも同様のことが言えるのです。   一方、独自のショップサイトを構築した場合は、集客するために広告を打ったり、SEO対策をしたりといった、さまざまな集客の施策が必要になります。   2.サポートやコンサルが充実している 楽天市場側の本音としては、出店者に儲かってほしいと思っています。 なぜなら楽天市場は、出店者が支払う出店料やシステム利用料を主な収入源としているからです。 そのため、出店者が成功するためのサポートやコンサルに力を入れています。 「ページの作りや商品紹介をこう改善したほうが良い」とか「リピーターを獲得するためにこんなキャンペーンをやりましょう」といった具体的かつ的確なアドバイスがもらえます。   また「楽天大学」という講座も開講しており、楽天市場に出店している店舗の成功事例や失敗事例を学ぶことができます。   3.楽天スーパーポイント 楽天市場には「楽天スーパーポイント」というポイント制度があり、これが強力な販促ツールになっています。   通常は買い物100円につき1ポイント貯まるようになっていますが、「ポイント◯倍」などのキャンペーンを楽天負担により開催してくれることがあります。 また、「楽天カード」で溜まったポイントを「楽天スーパーポイント」に交換することができる制度も、楽天市場ならではのメリットと言えるでしょう。   楽天市場のデメリットも知っておこう メリットの大きい楽天市場への出品ですが、デメリットもあります。   1.出店料・システム利用料が高い 楽天市場の一番のデメリットは、他のモールや独自ドメイン出店と比較すると、出店料やシステム利用料が高いことです。 出店料とは、毎月かかる固定費です。各プランによって異なりますが、月額19,500円〜100,000円かかります。 システム利用料とは、売上の一定割合を楽天市場に支払うもので、これも各プランによって変わりますが、売上の2%〜7%を上納しなければなりません。   その他、初期登録費用(6万円)や、決済サービス利用料等もあります。 これらの費用を事前に見込まずに出店すると、売上が上がっても利益が残らないといった状況に陥る恐れがあるので注意しましょう。   2.ページの自由度が低い 次のデメリットは、ページの自由度が低い点です。 ショップのデザインやブランドイメージにこだわりたい場合には、この点がネックになるでしょう。 ある程度のカスタマイズは可能ですが限界があります。「楽天っぽいかんじ」を完全に払拭することは難しいです。 ページの自由度という点からすると、やはり独自ドメイン出店に軍配が上がります。   3.ショップ間の熾烈な争い 楽天市場が集客に優れているのは事実ですが、それは同時に「楽天に出店している他店との熾烈な争い」を意味します。 ユーザーは通常、楽天市場トップページからキーワード検索をして商品を探します。そうすると膨大な数の検索結果がヒットし、検索上位のページからアクセスされます。 つまり、楽天市場内においてもSEO対策が必要ということです。よってタイトル(商品名)の付け方がとても重要になります。 また、検索結果を「価格が安い順」や「レビューの評価が高い順」に並び替える機能が付いているので、価格競争力や顧客満足度にも注意を払う必要があります。   楽天市場出店は個人でも可能か? 楽天市場への出店は、難易度的には高い部類に入るでしょう。それはデメリットにも挙げた「出店料・システム利用料が高い」ことによるものです。 個人で出店することも可能ですが、少し敷居が高いと言えます。初期費用もそれなりにかかるので、ネットショップ初心者がいきなり参入するにはリスクが高いです。   準備資金に余裕があればチャレンジする価値はありますが、初心者であればまずAmazonやYahoo!ショッピングで出品してみて、ネットショップ運営の基礎を学んでから、楽天市場にチャレンジしても遅くないと思います。 楽天市場は集客力が大きな魅力ではありますが、ネットショップのプロ達がしのぎを削る舞台であることを念頭に置いておきましょう。   楽天市場のユーザー属性 次に、楽天市場に集まるユーザーの属性についてみてみましょう。 特徴的なのは「20代から30代の女性」の利用者が多い点です。さらに、どの年代を見ても女性が男性を上回っています。対してAmazonは男性の利用者が多く、楽天市場とは対象的です。   また、Amazonは「指名買い」(ほしい商品の名前や型番を知っていて、その商品目当てで買いに来る)をするユーザーが多いのに対し、楽天市場の場合は、サイトを巡回しながら買うものを探す「衝動買い」の傾向があります。   そしてもうひとつ特徴的なのが「ポイント目当て」や「セール目当て」のユーザーの存在です。 これらはAmazonには無い特徴で、このあたりからも、楽天はポイントやセールが大好きな女性をターゲットにしていることが伺い知れます。   楽天市場に向いている商材とは? ユーザー属性からも分かるように、楽天市場で人気の高い商材は「ファッション・アパレル関係」「食料品」「生活雑貨」の3つです。 楽天市場は、商品説明ページを詳細に作り込めるうえに、写真もたくさん掲載できるので、これら3つの商材を扱うのに適していると言えます。   20代から30代の女性にターゲットを絞って考えると、定期購入が見込める「化粧品・美容関係」や「健康・サプリメント関係」などの消耗品も楽天向きの商材です。   また、女性が店頭で買うのはちょっと恥ずかしい商材に目を向けても面白いかもしれません。 例えば、「ダイエット関係」のようにコンプレックスを解消するための商材は、店員と対面することなく購入できるネット通販の独壇場と言えます。   最後に いかがでしたでしょうか。 今回は出店準備編ということで、楽天市場の特徴を解説しました。 次回は、出店までの流れや、出店後の動きについて書きたいと思います。   以上、satoshiでした。   ...

「楽天市場の検索順位結果が大切な理由と、どうやって上位表示しているか知ってますか?」   知り合いの楽天市場店舗担当者から、そんな挑戦状をもらった。(実際には挑戦状でもなんでもない、ただの疑問だったわけですが)翌日からの3連休の旅行中も気になって仕方がなかったので、いろいろと調べてみました。 「楽天 検索」順位を制する者が売上を制する!? 楽天市場での購入の内、約50%がキーワード検索からの購入と言われています。   では検索結果の1ページ目にある商品と5ページ目にある商品品物も価格も同じだった場合、どちらが売れるのでしょうか?皆さんご存知だとは思いますが、1ページ目です。   検索結果の1ページ目が最も購入される可能性が高く、2ページ、3ページになってくると購入される可能性はグッと低くなり、4ページ以降はそもそも見られないといった傾向にあるようです。   ジャンルによって多少誤差はあるようですが、検索結果の表示順位の目安として「3ページ以内に表示される」ことが必須条件なんですね。ではどうすれば上位に表示されるようになるのか。これは一朝一夕でできるものではありません。   まずは今現在、自社の商品が何番目に表示されているのかという順位の把握となぜその位置なのかを考える必要があります。そのために必要なのが毎日の順位の確認です。   順位を確認する場合は、概ね以下のような手順をたどると思います。 1.順位を確認したい商品に使用されているキーワードを楽天市場で検索 2.自分の商品が何番目に表示されているかを目視で確認 こうやって確認した順位のデータをもとにして「どうやって上位に表示させるか」を考えることが売上アップには必要なんですね。 「楽天 検索」単純作業を自動化して考える時間を確保する為には 「検索順位の確認作業」は地味に時間がかかります。1件2分掛かるとすると・・・50件で100分、100件だと200分!更に競合店の商品のチェックまでしたら倍々で時間が掛かってしまいます。毎日の検索作業が負担になるばかりか、単純作業に時間ばかり取られ対策する暇がない…なんてことになるのは本末転倒。   いかに効率よく検索順位のデータを収集するかがカギになりそうです。   調べてみると検索順位を効率的に確認するツールはいくつかありますが、例の知り合いに聞いてみると、順位の確認は 楽天検索順位チェッカー(Hamee株式会社) というツールを使っているとの事。 彼曰く、 ...

  はじめまして、ネクストエンジンAIラボ所長の " J " です。   今月から月1で記事を書くとなったので、 EコマースからAIまで幅広く書いていきます。   先日、楽天市場の出店店舗のデータを引っこ抜いて眺めていました。 レビューや商品数やカテゴリのデータの統計をとったりして遊んでいたのですが、 今回は地域に着目していくつかの統計を共有しようと思います。   まず、楽天に出店しているお店の全国分布はどんなだろう? と思い集計してみました。ついでに人口や面積や人口密度も横に並べてみました。 人口は平成27年国勢調査の人口速報集計結果から、 面積は2015年10月1日の国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」から持って来ています。   楽天市場出店店舗数の全国ランキング ...

こんにちは、のぐさんです。   楽天がドローン配送サービス「そら楽」の提供を開始しました。 まずはゴルフ場でプレーヤー限定でサービスが展開されます。 そら楽   他社より先にいち早くサービスを展開する楽天はさすがです。 成功のコンセプトをしっかり実行しています。 「スピード!スピード!スピード!」 重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。 勝負はこの2~3年で分かれる。   今日はアキンドなら学んでおきたい楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長の「三木谷浩史」氏の名言をお送りいたします。 たくさんありましたが5つに厳選しています。 引用元:名言DB   それではどうぞ!   学びたい名言① 「こうしたほうがいい」でなく、「こういうことができる」と実例をもってこそ世の中を動かせる。   →感想:「こうしたほうがいい」ってよく言っている気がするので、実例を持つように行動していきます。   学びたい名言② 人が集れば、物が売れる。売れたら、また人が来る。   →感想:シンプルです。   学びたい名言③ 僕はまず『そもそも論』を考えるべきだと思う。どんな仕事のときでも、「そもそもこの仕事はなんのためにするのか」を考えろということだ。いつもそう考える癖をつけておけば、それが仕事のアイデアに繋がっていく。改善のための仮説も自然にわいてくるはずだ。   →感想:あれこれやろうするから迷走するんでしょうね。そもそも論を常に考える。   学びたい名言④ 世の中は天才ばかりではない。けれども、改善は誰にでもできる。そして、日々改善を続けていけば、どんな巨大な目標だっていつかは達成できる。つまり、改善は凡人を天才にする方法なのだ。くじけず、うまず、たゆまず、一段ずつ階段を登っていけば、いつかは天才を超えることができる。そう僕は信じている。歴史はそうやって進歩してきたのだから。   →感想:凡人の私でも改善はできます。改善を続けていきます。   学びたい名言⑤ ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。   →感想:うん、納得     他にもたくさんありますが厳選しました。 これら5つの言葉から学び、行動に移しましょう。 それでは今日も一日頑張りましょう!     ...

こんにちは!2015年新卒入社の大村です。 楽天市場で10~20代女性向けスマホアクセサリーshop「Ketchup!(ケチャップ)」の店長として日々奮闘しています。 現在弊社では、インターネットにてスマホアクセサリーの総合店や男性向け、可愛いものを集めた店舗などを国内外に30店舗以上展開しています。   私たちの扱っているようなスマホアクセサリーのネットショップはどんどん増えて、最近では10~20代女性のお客様が少なくなりました。そこで、10~20代女性のお客様がファンになってくれるような専門店化したショップの立ち上げをすることになりました。そのターゲットに一番近い「新卒・女性」のわたしが今回店長を務めることになりました。 今日は、実際に新規ネットショップオープンまでの道のりを兼ねてまとめてみました。   今回は出店の申込み等の手続きではなく、手続き後からの流れになります。 新規ネットショップ開業を目指す方の参考になれば幸いです。 step1 コンセプト決め 「コンセプト決め」とは、「どんなお店なの?」とならないための指針です。 全体の中で一番大事なのが、「コンセプト決め」。これ最初に行うことには意味があります。 これから「デザイン」や「扱う商材」、「テーマカラー」を決めますが、何を決めるにも“基準”がないと、ブレてしまいます。   「Ketchup!」は、私一人ではなくデザイナーを含めた5名で立ち上げました。5人いればそれぞれの価値観や好みがあるので、そこに引っ張られないようにする必要があります。「コンセプト」をしっかり決めることにより、意見が分かれてしまっても、コンセプトを基準に話し合いを進めることができます。   「Ketchup!」のコンセプト決めにかかった時間は1〜2ヶ月です。ターゲットは若い女性、商材はスマホアクセサリということを前提にコンセプト決めを行いました。   ワードはポロポロとあがっていたのですが、1つの言葉としてコンセプトを表すことが出来ず、とても苦戦しました。またコンセプトが決まっても、コンセプト通りのショップを作ると売り上げには繋がらないかもしれないという懸念があがりました。   時間はかかりましたが、「洋服を選ぶようにスマホケースを選んでほしい」という私たちの思いから「女の子にとってどんなケースをもっているかは、どんな服を着るかと同じくらい大事なこと。」と少し長いコンセプトが決まりました。 step2 しっかりとしたペルソナ設定 「ペルソナ設定」とは、架空のターゲットユーザーを設定し、よりターゲットに対する理解を深めることです。架空のターゲットユーザーですが、その人物のライフスタイルや考え方、生活レベル等を設定し、それにあわせたデザイン設定やプロモーションを行うとペルソナに近い実在のお客様に響きやすくなります。   【Ketchup!のペルソナ項目】 年齢 性別 名前 職業 出身地 好きな色 興味のある本・雑誌・テレビ・音楽 恋人の有無 口癖 年に何回ディズニーランドにいくのか コンセプトによって、項目は変わってくると思いますが、今回は細かく設定しました。雑誌を読み比べると参考になるので、オススメです。 step3...