Top
ホーム > EC  > ネットショップ運営代行を選ぶ前に、確認したいチェック項目
17+

 

ネットショップを自社で運営する上で大きな壁に当たることがあります。

狙っているキーワードでの検索順位が上がらない、アクセス数が伸びない、リピーターが少ないなどさまざまですが、ネットショップ運営代行を利用することでさまざまな問題を解決することができます。しかし運営代行サービスを提供する業者もたくさんありますので、その中できちんとしたネットショップ運営の行うノウハウが豊富で信頼できる代行業者の選び方について知っておきましょう。

ネットショップ運営を代行してくれる業者って何?

企業や個人でネットショップを運営していると、人手不足や集客方法などで足踏みしてしまうことが多々あります。相当豊富なノウハウがないと運営は頭打ちになってしまいますが、そういった際にはネットショップ運営代行を利用するのも一つの手です。

しかし、運営代行業者が何をしてくれるのかわからないと大事な自社ショップの運営代行を任せる訳にはいきません。では、選ぶ基準としてネットショップ運営代行業者が主に行っている作業を上げていきます。

コンサルティング、メルマガ管理、顧客管理、問い合わせ対応、SEO、ページデザインなどのウェブ制作、撮影など基本的にネットショップを運営する上で必要なことは対応してくれる業者が多いです。

ただ、業者によって強み、提供するサービスの内容は異なりますので、運営する上でどこを強みにしたいのかという明確な希望があれば業者の選び方も楽になります。

まずは自社の課題をチェック!!どの作業に時間がかかっているのか

ネットショップ運営代行業者を選ぶ上で、最初に運営全てを委託するか、一部分のみのサポートをお願いするかを考えます。それによって費用や業者の選定などが変わってきます。

どちらを選ぶかにかかわらず、自社の課題をチェックする意味でも、負荷の高い業務を把握するために業務の棚卸を実施すると良いでしょう。また依頼にあたっては自社の基本戦略に沿うかたちで、注力すべき場所や今後の成長性なども睨んで判断する必要があります。

「大変だからお願いしよう」という発想のみだと、自社で実施するのとあまり変わりません。「来年の今頃にはこれだけ成長するから、そのときまでに体制を整えよう」という設計が大切です。

  1. ☑ まずは全面委託か、部分サポートかを決定する
  2. ☑ 自社の対応業務を洗い出し、自社内でかかっているコストを算出する
  3. ☑ 今後の戦略・成長性と照らし合わせて、アウトソーシングを利用する部分を決定する

ここまで適切であれば、大まかな予算感が見えてきます。

自社のネットショップに合った運営代行業者の選び方

代行サービスの内容、各業者の強みを把握する

ネットショップの業務は多岐にわたります。そのため、代行サービスの内容も多岐にわたっていますし、業者によって強みも様々です。

後は自社のネットショップのどこを改善したいかの希望と照らし合わせて業者を選びます。業者によってもSEOに強い業者や、コンサルタントのアクセス解析に詳しい業者、デザインに力を入れている業者などさまざまです。また、全ての業者が全てに対応しているわけではありません。

営業担当によっては「何でもできます」というような表現もあるかもしれませんが、過去実績などから、どの領域に事例が多く、何に強みを持っているかを判断するのがよいでしょう。

サービスの料金形態の種類を把握する

料金形態に関しても固定報酬、成果報酬という風に分かれています。

固定報酬は結果や成果に拘わらず、毎月決められた月額での料金となり比較的料金は安い方に位置します。サービス内容の縛りが強い可能性があるので、受けられる範囲をよく確認します。
成果報酬は取り決めた何らかの結果が達成された際に料金を支払う形態です。サービスによっては成功報酬と記載されている場合もあります。

例:「○○」のキーワードでGoogleの検索結果10位以内に表示させた場合、料金を支払う

成果達成で金額が発生するため、成果未達成の場合は料金が発生しませんが、全体の予算が小さいと、サービスを提供する側としても旨みが小さいため、大きな力をかけて運営を行うことができません。何事も小さく始めるのが原則ではありますが、サービスの裏側で動く人たちの人件費はどうしても発生します。成果報酬の場合には業者側にも「大きな夢」のある依頼であると、ビジョンや戦略を共有しておくのが望ましいでしょう。

  1. ☑ 業者ごとのサービス内容だけでなく、強みを持つ領域を把握する
  2. ☑ 固定報酬の場合、その範囲で得られるサービスを確認する
  3. ☑ 成果報酬の場合、予算や計画の共有によって業者の本気度をコントロールする

たとえ部分的にでも、自社ショップの運営を委託することは委託者としても責任が伴います。たくさんの業者がありますので、慎重に慎重を重ねて納得のいく運営代行業者を選んでください。

この記事を書いた人

商人の商売繁盛を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」の編集部です。略してニアセ編集部です。基本はマジメに、時にはふざけたり。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。

  • ECサイト運営を効率化する「クラウドサービス」とは?ECサイト運営を効率化する「クラウドサービス」とは?
    ECサイトの運営に関わる業務は多岐にわたります。 商品登録から受注管理、売上管理、在庫管理、梱包や発送作業もこなさなければなりません。 これらの業務負荷を軽減するために、さまざまな「クラウドサービス」が提供されています。   ECサイト運営にまつわる業務の数々 ECサイトを運営していくにはどのよう […]
  • 【楽天はやってるけどYahoo!はやっていない方へ】Yahoo!ショッピング出店攻略法! その3(応用編)【楽天はやってるけどYahoo!はやっていない方へ】Yahoo!ショッピング出店攻略法! その3(応用編)
    今回は、Yahoo!ショッピング出店攻略法のシリーズ第3回目です。 第1回目は出店準備編、第2回目は店舗運営編をお送りました。 今回は【応用編】ということで、より踏み込んで、集客方法やリピーター獲得などについて書きたいと思います。   まずはアクセス解析 ネットショップの基本は、まずは現状把握です。アクセス解析を行っ […]
  • 運営前に学ぶべきネットショップ制作方法とメリットデメリット運営前に学ぶべきネットショップ制作方法とメリットデメリット
      一時的な商品の売買であればネットオークション等を利用すると思いますが、これからネットショップを運営し長期的に売買を行おうとお考えの方のためにネットショップの制作方法をはじめ、モールに出店するのか、オリジナルショップでの出店にするのか、それぞれのメリット、デメリットをお教えします。   運営の方向性を […]
  • なかなか上手くいかない広告運用。リスティング広告のアカウント分析と改善方法なかなか上手くいかない広告運用。リスティング広告のアカウント分析と改善方法
      みなさんこんにちは、のぐさんです。   リスティング広告、 クリック単価は高騰、獲得単価は高くなり、コンバージョンが取れない。 なかなか上手くいかない、思い通りにならない最近のリスティング広告運用。   なにが悪いのか、どこを改善すればいいのか。 迷走している、混乱している運用者に、リス […]
  • 【実はTwitterが熱い!!】Twitter広告を使って集客やファンを獲得する方法【実はTwitterが熱い!!】Twitter広告を使って集客やファンを獲得する方法
    Twitter広告セルフサービス   こんにちは、satoshiです。   Twitter広告は活用できていますか?自社のTwitterアカウントは持っているが、Twitter広告はまだ導入していない、あるいはうまく活用できていない方のために、今回はTwitter広告の攻略法をご紹介します。 Twitt […]