Top
ホーム > EC  > みんなは知ってると思うけど、web広告について復習してみる!

こんにちは!優介です。
ECサイトを運営していたら避けては通れない「web広告」

広告というのはわかるけど、種類が多すぎて何が何だかわからない・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
みなさんは知ってると思いますが、今日はweb広告について復習してみます!

 

リスティング広告

これについては、結構耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

リスティング広告とは、「Yahoo! JAPAN」、「Google」などで検索した際に検索結果に表示される広告のことを指し、別名「検索連動型広告」とも呼ばれています。

キーワード単位の広告出稿が可能なため、キーワードを基にユーザーのニーズを探り、関心や興味を引いて購買に繋がる可能性が充分にあります。
低価格からスタートができ、広告を出稿する際に広告文の設定ができるので、ユーザーの興味を惹く内容を作成すればより効果を上げることも期待できます。

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、一度サイトを訪れたユーザーを追跡して、Yahoo! JAPANやGoogle、またはその提携しているサイトを訪れたときにバナー広告テキスト広告を表示させる、ターゲットを絞った広告のことです。

一度サイトを訪れたユーザーは、少なからず興味を持って購買に繋がる可能性がある「潜在顧客」です。とはいえ、このうちの9割は何も買わずに離脱すると言われています。そのユーザーに対してさらに追跡アプローチをするのがこの広告の特長です。

リターゲティング広告は、サイト来訪後にユーザーを追跡する有効期間を定められます。
ユーザーのモチベーションは時間が経つほど下がるので、効率と予算の兼ね合いを考えて無駄な表示やクリックを減らしていく方が効果的です。
また、離脱したページの階層ごとにユーザーリストを作っておくと便利です。

買い物かごのフォームまでというように、より深い階層まで到達したユーザーへ優先的に広告を配信したり、「期間限定割引あり」など訴求力の高い広告を出したりして購入の可能性を高めることができるでしょう。

 

DSP

DSPとは、「Demand-Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)」の略で、オンライン広告において、デマンドサイド(広告主側)が使用するプラットフォーム(ツール)を指します。

DSPを使って配信された広告が「DSP広告」と呼ばれている広告です。
ターゲットや予算などの設定とバナーの準備だけで出稿ができ、あとはDSPが自動で広告枠の買い付けや配信の設定、クリエイティブ分析などを行ってくれるという仕組みです。
DSPは単体で使用するツールではなく、広告配信の際はSSPという媒体側のプラットフォームと連携させなければなりません。

DSPには、人の手では分析できない広告効果最適化エンジンが搭載されています。

ユーザーの反応を見ながら最適化してパフォーマンスを向上させることが可能です。
例えば、どの曜日・時間帯の反応が良いのか、何度目の広告表示の反応が良かったのかなどのデータを組み合わせて、相関関係を自動で予測できるのです。
これにより、運用者自身の分析時間は大幅に短縮できるでしょう。
また、複数のネットワークを横断して配信できるため、デマンドサイドの都合で広告が購入できます。より柔軟な広告配信が可能となったのも大きなメリットです。

 

DMP

DMPとは、「Data Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)」の略です。
ネット上に蓄積されている、あらゆるユーザーデータを管理するプラットフォームのことを指します。

DMPを導入することによって、アクセス解析だけでは取得が困難なオーディエンスデータを活用してターゲティングすることが可能になります。
その結果、ターゲティングをより細かくセグメント分けすることが可能になり、効率的なマーケティング施策ができるようになるのです。

DMPを使用する際は目的を明確にしておかないと、マーケティングの幅が広がりすぎて収拾がつかなくなってしまう場合があります。
どんな施策を打ちたいのか、誰がどんな体制で施策を行うのかなどを具体的にしたうえで活用することが大事です。
DSPなどのアドテクとも関わっているので、DSP、DMP、SSPはまとめて押さえておくと良いでしょう。

 

最後に

web広告は上記のほかにもたくさんあり、その種類を把握するだけでなく覚えることもたくさんあります。
今回は「こういう広告があるんだな」程度に記憶に残していただけると幸いです。
ひとつひとつの広告について、またゆっくりと掘り下げてお話できたら良いなと思います!

 

ありがとうございます。優介でした。

 

この記事を書いた人

高校を卒業後に上京。東京在住。 昼間はWEBに携わる仕事をしており、帰宅後に時間を有意義に使うために記事の作成をしています。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!