Top

【ライティング】の記事一覧

2016年の暮れ、webメディア業界に大きな転換期を迎える年になりました。ことの発端は、DeNAパレットを掲げた、大手企業のwebメディアコンテンツの相次いでの閉鎖、記事供給の停止など、師走を駆け巡るニュースは、IT・web業界ならず、テレビでの謝罪会見という、大の眼に触れるような大きな事件にまで発展しました。   もちろん、球団を抱えるだけの巨大な企業組織であったがゆえの対応となったわけですが、これまで以上に、読者(ユーザー)、そして記事供給をするライター、編集者、今までとは違う、厳しい見方が予想されると思います。そこで、今後のオウンドメディア運営について、どのようにしていけばよいかをまとめていければと思います。 これまでのオウンドメディアの功罪とは何か そもそも論になってしまいますが、まずオウンドメディアについて考えていきたいと思います。特に企業が運営するオウンドメディアは、昨今のgoogle検索やSEOとの結びつきと関連性が高く、記事コンテンツを生成しておいて損はない、そのような考えで取り組んでいる企業もあれば、しっかりと外注企業と協力し、本腰を入れて運営している企業もあります。   これは、その企業がオウンドメディアをどういう認識で捉えているかによると思いますが、数学の解のように正解はないとも考えています。   今回のDeNA騒動を受けて、googleのアルゴリズムなどSEO周りは、また変わるだろうと予測されますし、ひと昔前は被リンクがいいだとか、長文コンテンツがいいなどと憶測や手法がたくさんありましたが、全て一掃されるのではとも思ってしまいます。   もちろん、売上をとりに行くのであれば、オウンドメディアとしてキュレーションメディアのような、ある一定層の多くのユーザーを集客することで、クライアント広告主に、月刊これくらいのPVないしはUUがありますよと、プレゼンでき、シナジーある商品の広告やタイアップ、記事広告など、マネタイズしやすいのもうなずけます。   しかし、今回のDeNA騒動がきっかけで、メディアの本質である、どれだけ良質なユーザーがいるか、本当のファンがいるかを第一に考えてコンテンツを作りこまないと、広告を入れようとは思わなくなるのは、周知の事実だと思います。   この状況はどこかで同じようなことがいわれてきたと思いませんか。以前、ステマなどと騒がれた、有名人など今でいうインフルエンサーと呼ばれる人を活用したマーケティング手法です。   実際に気に入ったように見せてみたり、ヤラセ疑惑が生じたりと、何かと話題になりましたが、ある種、リバイバルした形で、今回のキュレーションメディアの問題に発展したのだと思います。情報の真意が疑われかねない記事コンテンツを量産し、SEO対策をガチガチにしたメディア運営はリスクを伴うことはいうまでもありません。 今後メディア運営に求められるコンテンツとは それでは、今後のオウンドメディアはどういう立ち位置で運営すればよいのでしょうか。SNSが台頭し始めてきて約7年。残り東京五輪まで3年、ダイバーシティや労働環境の改善など、世の中起こる全ての世相が、オウンドメディアの方向性をも決めるともいえるかもしれません。   少しオーバーな表現ではありますが、人々が働く環境や、日常生活がSNSのルーティーン(タイムラインをみたり、アプリのニュースをみたりする行為)を決めるからです。webメディアの多くはモバイルで読まれているので、もし週休3日が導入されたら、平日の1日は土日と同じように、ユーザーの見る時間帯が変わったり、休みにウケがよいコンテンツを増やしたりと、うまく対応していかなければなりません。   このように、先を見据えてユーザーライクかつ柔軟な対応ができるような記事コンテンツの配信を心がけたり、またSNSで分散させていくというのも当然に行っていくことが、これからさらに必要になってくるでしょう。   良質なコンテンツであるのはもちろん、ニッチな内容であったり、こんなものもあったのだという、ある種1次コンテンツ的要素も組み入れないと、星の数ほどあるメディアとの差別化も苦労するのではと思います。   ただ一番はやはり自社サービス、主力事業に沿ったオウンドメディアを運営するのが一番であると思います。それは、主力事業で取得したコンテンツ(写真や記事ネタになるようなもの)をさほど手間なく使えるので、リスクになりにくいからです。   ただ、一概にリスクがないとも言い切れないので、自社サービスと照らし合わせ、記事コンテンツとしても十分な内容で、メディアを立ち上げるには十分だと感じたら、行動に移してみるのもいいと思います。   結局のところ、いかに自社サイト、ないしはサービスに紐付けできるかがオウンドメディアを運営するにあたり、一番のKPIになるのではないでしょうか。 さいごに あのメディアの記事を見に行ったらいつも役に立つ情報が載っているので、ブックマークして毎日記事を見に行こう、と思ってもらうファンをいかに多く作ることができるかです。   人気の飲食店もいい食事のメニューやサービスがあるからこそ、ファンがつき、混み合いを見せるように、オウンドメディアもwebのお店だと思い、ユーザーペルソナをしっかりと定め、フレンチなのか、中華なのかみたいに、ユーザーに対しどういった良質でかつ気に入ってもらう記事コンテンツを配信するかでメディアのグロースに影響してくると思います。   そのためには、まずメディアではなく、主幹のサービスを固めてからオウンドメディア施策を走らせることも全然遅くありません。     ...

いまやオウンドメディアを持っている企業も増えてきました。   しかし、そうした企業でも、Webライティングの専門家を雇っている場合は少なく、専門外の人がとりあえず担当にされてしまい、暗中模索でライティングをしているといったところが実情ではないでしょうか。そこで、今回は突然Webライティングの執筆担当になった方が困ることの多い「ネタ探し」についてご紹介します。 Webライティングのコツ:読者目線 「何を書けばいいのかわからない」「書くべきネタがなくなってしまった」   Webライティングに携わる人であれば、ほとんどの方が直面したことのある悩みだと思います。しかし、こうした方の多くは、実は「書くべきネタがない」のではなく、身の回りにあるネタに「気づいていない」というパターンがほとんどなのです。   この理由は、多くの方が「発信する側」の視点でライティングを考えてしまっていることにあります。大事なことは、読者の視点に立つことです。   読者の目線に立つことは、多くの視点を創り出すことにもつながります。なぜなら、読者はどれか一つということではなく、十人十色のニーズを抱えており、全く同じ趣味や傾向、好き嫌いを持っているわけではないからです。   そこで、まずは「発信側」と「読者側」の視点の違いについて考えてみましょう。 Webライティングのコツ:「効果」と「わかりやすさ」 新発売のドリンクを例にとってみましょう。このようなステータスを持った商品です。    ・天然由来の成分を他の商品よりも多く含んでいる ・漢方由来の○○配合 ・全国の百貨店のみでの限定発売 ・国際デザイン賞受賞のデザイナー発案のパッケージ   これらの特徴はあくまで、作る側の視点でしかありません。   これをそのまま、読者やターゲットに提示するだけでは、いまいち魅力に欠けてしまいます。そこで、これを読者目線に書き換えるとこうなります。    ・他の商品よりも圧倒的に健康 ・体がよろこぶ成分配合 ・いつもよりリッチな時間を過ごしたい人向け ・自慢したくなるデザイン   このように、少し発想を変えるだけで与えるイメージが変わってきます。 作る側、発信する側としてはどうしてもその「努力」や「成分」を宣伝したくなりがちですが、あくまでも読者が求めているのは「効果」や「わかりやすさ」です。   このような点に目を向けるだけで、グッと魅力的な記事を書けるようになります。 Webライティングのコツ:読者の悩みを解決 ここからはニーズの高いとされているトピックをご紹介していきます。   ①お悩み解決系 読者のわからないことや不安を解消する記事は、鉄板中の鉄板です。一般的にはインターネットで悩みを解決したいと思っている人の悩みの傾向は2つあります。   一つは、機械の操作や行政の手続きなど、煩雑なもののプロセスを知りたがっているものです。こうしたものに対しては、懇切丁寧に解決するまでの流れを書くことが重要です。その際、思い込みで読者のレベル感を作るのではなく、本当に低いところまでターゲットを想定して書くことがコツになります。   そのほかには、身体的なものや精神的なもの、環境的なものなど、どちらかというと一般的ではない特殊な悩みを持っているパターンもあります。こうしたものに対しては、体験談や、その悩みに対して代表的な回答を与えてあげるのがよいでしょう。   ②お金やノウハウ……お得な情報 お金や時間といったものはいくらあっても足りることはありません。 そうした人間の根源的な欲求を満たす情報も、歓迎されます。   代表的なものとしては、金額などの比較です。例えば他社のものと自社のものを比べて自社のものの優位性を宣伝することは、説得力も増しますし、根源的な「お金」の欲求にも訴求できるオーソドックスなテーマです。   しかし注意すべきなのは、やはりデリケートさです。お金に関する話題は、興味関心が高い分、あまり煽りすぎてしまうと詐欺にもつながってしまいます。   また、会社以外でも個人的なブログなどでお金に関するコンテンツを多く発信する方も多いですが、こうしたものは情報の陳腐化も早く、どうしても消耗戦になりがちですので、長期的な優良コンテンツを作りたい場合には、あまりオススメできません。   他には、お役立ち情報もニーズが高いものです。エクセルやワードといったオフィスソフト、アプリの活用法などは時間の短縮や利便性の高い情報でもあり、商品と結びつけやすいのなら、発信して損はありません。   お金とは違い、具体的なノウハウですので発信もしやすいですし、読者の納得も生まれやすい分野です。また、自身のつまずいた点などを共有することでより具体性を持った情報にもなりやすく、書きやすい分野でもあります。   こうしたお得な情報は、優良なコンテンツを発信すれば読者の好感度も上がりやすく、リピーターを掴みやすい分野です。ネタに困ったらとりあえず書いてみる、くらいの心境でいるといいでしょう。 さいごに さて、今回はWebライティングをする上でのネタ探しについてご紹介してみました。   まずは、凝り固まった視点を見つめなおし、読者目線に立つことで、ある程度ネタを見つけやすくなるということを紹介しました。そのあとは普遍的な悩みや欲求に訴求する鉄板ネタも、尽きることがないネタの宝庫です。こうしたことに気を付けながら、優良コンテンツを発信していきましょう。     ▼Webライティングに困っている人は読んで▼ 【初心者向け】読みやすさを意識したWebライティングの方法   【見出しの書き方】Webライティングする上で押さえておきたい3つのこと    ...

Webライティングをするときに、インターネット上で様々な情報が溢れる中、目的の読者に対し多くの人に情報を届けるのは至難の業。そこで、今回はより多くの読者に記事を読んでもらうための見出しのつけ方をご紹介します。 Webライティングにおける「見出し」とは いまや、何かを調べようと思ってもインターネットには星の数ほどの情報が溢れており、逆に迷ってしまうほどです。情報を発信する側になってもそれは同じこと。インターネットの恩恵で、誰でもが無料で不特定多数の人に情報を発信できるようになりましたが、こうした状況の中では工夫が求められます。     ここで例として、「立地の悪いお店」について考えてみましょう。立地の悪いお店は、多くが独特の存在感を持っており、なかなか入りづらいものです。そこでお店側も工夫して、インターネット上のクーポンサイトや口コミサイトにお店の情報を掲載し、ほかにもビラを配ったりし、認知度の向上を図ります。     インターネットのレビューサイトなどは、もともとその土地やジャンルでお店を探していた人が検索して発見するもので、もしニーズに合致するものを発見できれば、強力なリピーターとなってくれるでしょう。     こうした立地の悪いお店のセールスは、Webライティングの戦術ともかぶるものです。Webライティングにおける「見出し」は、お店のネット戦略やビラ配りと同じく、何か興味を持ち検索してきた「リピーターの種」を引き込み、大輪のリピーターにするための重要な手段なのです。     しかし、かといって難しく考えることはありません。実は、その見出しにも3つのパターンしかありません。そこで、ここからは3つのパターンをご紹介します。 見出しの書き方:鉄板3パターン 見出しの書き方①:煽り系 これは一番ポピュラーなものではないでしょうか。 例えば、「これで10キロ痩せられた!魔法のサプリとは?」や、「いまさら聞けない◯◯」といったような見出しです。     こうした煽り系の見出しは、常識と思われていることに逆張りし、本来訴求できない層にもアピールできることです。特に最近のネット記事はSNSのタイムラインなどで「流し見」されることも多いので、ユーザーの常識だと思っていることや劣等感などの感情を刺激することで、アプローチを仕掛けます。     しかし、注意する必要があるのは「炎上」です。もちろん、「炎上マーケティング」という言葉もあるほど、炎上はうまく使えば武器にもなりますが、リピーターを掴んでいきたいのなら、あまり内容とはかけ離れすぎた見出しをつけることはしないようにしましょう。     見出しの書き方②:記事要約系 その名の通り、記事の内容を簡潔にまとめた見出しです。この「簡潔に」というところがミソで、多くの方は簡潔にまとめたつもりでも、読者にとっては簡潔になっていないものがほとんどです。     要約系見出しの特徴としては   長くても31文字程度 今までの常識ではない新しい情報も盛り込む 珍しい固有名詞はいれない   などのポイントがあります。 要約系の見出しのお手本としては、「Yahoo! ニュース」を見ると良いでしょう。Yahoo!ニュースの見出しはほぼすべてが13.5文字で構成されるように努力されています。決められたスペースで端的に情報を伝える見出しを作りたいなら、じっくりとYahoo! ニュースを観察するのもアリですね。     見出しの書き方③:SEO SEO対策として検索エンジンで上位に表示されるための見出しの書き方はどうすればいいのでしょう。SEO対策としての見出しを作るためには、実際に検索エンジンで検索してみるのがいいでしょう。     例えば、何か食品に関する記事を書くとき、ここではステーキとしてみましょう。まず検索ボックスに「ステーキ」と入力すると、それに続き「東京」や「赤身」などのキーワードが出てくると思います。つまり、これは「ステーキ 東京」や「ステーキ 赤身」で検索する人が多いということです。     そこで、ステーキと東京の2つの言葉の裏に潜む思惑を想像します。真っ先に思いつくのがデートのお店として探しているケースでしょうか。であれば、タイトルを「デートで使えるおいしい東京のステーキ店◯◯選」といった見出しをつけることで、SEO的にも良い見出しになるわけです。     ただ、見出しだけでなく、記事の中身できっちりと読者の課題を解決してあげることが重要です。 まとめ さて、今回はインターネットで読者を呼び込むための見出しの書き方についてご紹介しました。大きく分けて3つのパターンがありましたが、どれか1つというわけではなく、記事の内容や発信したい媒体に合わせて柔軟に使い分けることが重要です。しっかりとリピーターを掴めるような見出しをつけられるようにしていきましょう!     ▼あわせて読みたい▼ 【初心者向け】読みやすさを意識したWebライティングの方法    ...

こんにちは、のぐさんです。   ニューアキンドセンターの宝石部に強制異動になったことでニアセ記事を書かなくてはならなくなりました。(上級鑑定士の宮口からの命令)   宝石部とは↓ なんて言ったって「ニュー」だからねぇ   やりたくない!とは言えないのでもう書くしかありません。 しかし、どのように書いたらいいのかまったくわからないので、Webメディアで記事を書く時に意識しておいた方いいことをまとめました。   結論から申し上げて「読みやすさ」が大事です。 なぜ読みやすくする必要があるのか、どのように読みやすくするのかについて触れていきます。   自社でWebメディアを立ち上げてWebライティングする機会があるアキンドの方に役立つことができれば嬉しいです。   前提として意識しておくべきこと 4月1日に立ち上げたばかりのニューアキンドセンターはメディアになります。 メディアといってもWebメディアになります。 Webメディアの特性や意識しておくべきことをまとめました。   Webメディアの特性 Webメディアの特性は「突発的」に読まれるということです。   突発パターン1:GoogleやYahoo!で「検索」をして、検索結果にたまたま出てきた 突発パターン2:FacebookやTwitterなどの「SNS」でたまたまタイムラインに流れてきた   たまたま「検索」や「SNS」で接触した人が読みにくるパターンが多いです。   ニューアキンドセンターも「検索」と「SNS」から訪問されている方が多くいます。 このように突発的に訪問してきた方に、興味を持ってもらい、途中離脱せずに最後まで読み進めてもらうことができるかがWebメディア運営では重要です。 興味を持ってもらうこと、読みやすいことを意識したコンテンツ作りが重要になってきますね。   スマホでサラっと読まれる やはりスマートフォンを意識しておかないといけません。 通勤などの移動中、昼の休憩中など隙間時間に読まれるケースが非常に多くあります。 長ったらしい文章では途中で読むのやめてしまいますよね。   ニューアキンドセンターは約40%がスマートフォンで読まれています。 一文が長過ぎると読んでいてよくわからなくなったり、読み疲れてしまうので、一文をなるべく短く区切るといった工夫をしてみましょう。   読んでもらう前にやらなきゃいけない「記事タイトル」作成 読みやすさも大事ですが、記事を読みに来てもらうことを意識しないとそもそも読んでもらえません。 思わず読みたくなる(クリックしたくなる)記事タイトルについて、例を見ながら学んでいきましょう。   この記事を読めば自分の役に立つと思ってもらえるような記事タイトル例   ■実践的な内容を伝える「◯◯な方法」 ------------------------------------------------------------------- 片手間でも余裕で海外子会社設立!台湾子会社を設立する方法 ------------------------------------------------------------------- →これから台湾に子会社を設立したい人と考えている人に、  簡単に設立できる方法があることを伝えている記事タイトルです。  課題を明確にし、記事を読むとその解決策が見つかるかもしれないという記事タイトル例です。   ■具体的な数字をいれる ------------------------------------------------------------------- 【基本編】どこから手をつければいい?スマホ対策の5つのポイント! ------------------------------------------------------------------- →スマホ対策で対応しておいた方がいい、詳細な項目(情報量)があるので、  やるべきことがイメージしやすい記事タイトルになっています。   ■限定性を打ち出す ------------------------------------------------------------------- 【残り5席】ヤフオク!で売上拡大を実現するセミナー ------------------------------------------------------------------- →期限が近く、興味のある人が確認をしなければならない情報と感じさせる記事タイトルです。   読みやすいライティングの基本構成 基本構成を設けておくとライティングがしやすいです。 ニューアキンドセンターが採用している構成は下記です。 ■記事タイトル ・記事タイトル&アイキャッチ →役割:記事タイトルで興味をもってもらうことが大事です。タイトルで読むか読まないかを判断するので読みたいと思われる記事タイトルをつけましょう。   ■序文 ・序文 →役割:記事タイトルにつられて見に来た人が読むべきなのかを判断するとても重要な部分です。序文で興味付けができれば読み進んでもらえるでしょう。要は「掴み」が大事ということですね。   ■本文 ・小見出し ・本文 →役割:記事を読んでいて飽きないように、何かひとつでも読者に役立つようなことを書く部分です。 小見出しを入れることで読みやすくなるので、文章をだけではなく小見出しを上手く使うと良いですね。   ■まとめ ・まとめ文章(この記事で言いたかったことをまとめます。) ・CTAにつなげる(資料請求やメールマガジン登録、SNSシェアなど) →役割:結局何が言いたかったの?とならないように記事の要約することで読者の満足度は向上します。新規顧客の獲得や自社メディアの拡大につなげるためにCTAへ誘導するようにしましょう。   まとめ Webメディアは落ち着いて、ゆっくり読みやすい環境で読んでくれるケースはあまりないと考えられます。 突発的に読まれる、スマートフォンから読まれる、といった状況なので、 Webライティングする上で意識しなければならないことは「読みやすそう」と思ってもらうこと、 「すぐ読めそう」と思ってもらうことがとても重要です。   今回ご紹介したニューアキンドセンターが採用している基本構成をぜひ参考にしてみてください。 ...

ネットショップにおいてキャッチコピーの力は想像以上に強力です。 たとえ商品は平凡であっても、キャッチコピーが秀逸なら、その商品は売れます。 また商品の質に自信があったとしても、平凡なキャッチコピーであれば、お客様に商品の存在すら知られることはないでしょう。   そこで、お客様の心に響くキャッチコピーを作るにはどうすればよいか 解説していきましょう。     店舗のキャッチコピーを作る 店舗のキャッチコピーは、「お店の顔」ともいえる重要なものです。 お客様に一瞬で店舗の特徴を伝える自己紹介のようなものです。 以下のポイントを踏まえて店舗のキャッチコピーを作ってみましょう。   店舗キャッチコピーのポイント 1.店舗のコンセプトを決める まずは店舗のコンセプトを決めなければ始まりません。 他店とはここが違う、ここが強みだという「お店のウリ」を設定しましょう。 強みを見つける一つのやり方として「QPC分析」があります。品質(Quality)、価格(Price)、利便性(Convenience)の3つの観点から店舗の強みを分析します。強みが見つかったら、それをいくつかのキーワードとして洗い出しておきます。 2.客層を想定する 次にあなたの店舗に訪れる客層を想定します。顧客の属性(性別・年齢層・住居地など)と、あなたの店舗で購入する動機(安いから・品揃えが良いから・商品の到着が早いからなど)を分析します。そして想定した客層の心に響きそうなキーワードを洗い出します。 3.キーワードを組み合わせてキャッチコピーを作る 上記で洗いだしたキーワードを組み合わせてキャッチコピーを作ってみましょう。キャッチコピーはあまり長すぎても印象に残らないですし、あとロゴやバナーに載せることを考えると、30文字程度に収まるようにすると良いでしょう。 4.完成したキャッチコピーをチェックする 完成したキャッチコピーは以下の項目を使ってチェックしましょう。 (1)インパクトがある言葉か、人の目を引くことができるか? (2)一目見てどんなお店か、何を売るお店かイメージできるか? (3)お店の強みがアピールできているか? (4)想定する客層に響くか? (5)ブランディングを意識し、店舗の品格を落としていないか?   これらの質問にすべてYesと応えられるようでしたら、 優れたキャッチコピーといえるでしょう。 納得がいくキャッチコピーができるまで、語呂を変えたり、漢字をカタカナに変えてみたり、いろいろと試行錯誤してみましょう。   商品ごとにキャッチフレーズを作る 商品ごとにキャッチコピーが必要かどうかは、ネットショップの商品ラインアップに よります。 商品数が少ない場合や、目玉商品については、商品ごとにキャッチコピーを作ったほうが良いでしょう。 商品のキャッチコピーを考える上で役立つ、いくつかのポイントを紹介します。   商品キャッチコピーのポイント 1.呼びかけ 「肥満でお悩みのあなたに朗報!」といったように、読んだ人に「あ、私に対して呼びかけている」と思わせるキャッチコピーです。消費者の注意を引くのに有効なテクニックです。心理学では『カクテルパーティ効果』と呼ばれています。 2.人気・流行 人は人気のあるものや、流行しているものを支持する傾向があります。行列があるとつい並んでしまうというのがその典型です。これを利用して「月間売上No.1!大人気商品」といったキャッチコピーがよく使われます。これは『バンドワゴン効果』と呼ばれる心理テクニックを利用しています。 3.権威付け 「タレントの◯◯さんも愛用」や「〇〇大学院博士がその効果を認めた」といったように、著名人や社会的権威のある人物を使ったキャッチコピーです。これは『ハロー効果』や『後光効果』と呼ばれています。 4.具体的な数字 「購入者の93%が効果を実感」や「レモン100個分のビタミンC」といったように、キャッチコピーに具体的な数字を入れると、説得力があり、信ぴょう性を付加することができます。 5.即効性・カンタン 人は安易ですぐに効果が出るものを好みます。この心理を利用し「カンタン、速攻ダイエット!」「買ったその日から効果を実感!」といったキャッチコピーがよく用いられます。 6.限定・希少性 「早い者勝ち!」「100個限定!」「幻の日本酒」といったように、数量限定や期間限定、希少性をアピールすると、消費者の反応がぐんと上がります。   以上、有効なキャッチコピーのポイントを紹介しました。...