Top

【PhotoShop】の記事一覧

今回はネットショップに掲載する写真の撮り方についてご紹介します。一眼のカメラを持っていないし、良い写真が撮れるか不安・・・という方もご安心ください。スマートフォン(スマホ)のカメラ機能で十分です。ちょっとしたコツを押さえるだけで、目にする方が思わず欲しくなるような商品の写真が撮ることが出来るようになります。 撮る前にまず意識したいのは姿勢 撮る時の姿勢は、基本中の基本ですが、サイトの写真や街中でスマホ撮影をする方を見ると、意外とできていない方がいるようです。後から色補正や加工などが施せるとはいえ、写真本体がブレてしまうとどうしようもありません。 Before 上の画像のように、片手で撮影ボタンを押してしまうと特にブレやすいので要注意!手がふさがっていない限り、スマホは両手で持ちましょう。また、被写体に近付けようとして、無意識に腕を伸ばして不安定な状態で撮影してしまい、結果手ブレが起こってしまいます。手ブレ補正機能がついていても、激しいブレは補正できません。 After このように、被写体を撮るときは脇をしっかり締めてスマホを固定させることを意識しましょう。スマホの画面上ではきれいに撮れたように見えても、アップにするとブレ気味になってしまう場合もあるので要注意。撮った直後に拡大して確認する癖をつけるとよいでしょう。手ブレのない写真を撮ることが、撮影の第一歩です。 自然光をうまく取り入れよう 姿勢を正したら、次は撮影場所です。もちろんスタジオや外に行けない時は部屋の中でもかまいません。撮る場所を工夫するだけで商品の印象もグッと変わってきますよ。 Before こちらは陽差しがうまく差し込んでいないまま撮影しているため、綺麗な赤色がくすんでしまいどこか暗い印象になってしまっていますね。 After こちらはうまく陽が当たっていて、花の色がより鮮やかに出ていますね。一番大切なのは自然光を活かして撮ること。人工的なライトの下できれいな写真が撮れるのはプロのカメラマンならではの技術です。初心者は、自然光を取り入れることで簡単にきれいな写真が撮れますよ。   ただ陽が当たっていればよいというわけではなく、柔らかな光が差し込んでいるのがベストです。快晴の日はレースカーテンで光を調整するとよいでしょう。慣れないうちは、窓のそばにテーブルや椅子を持っていき、その上に被写体を置いて全体にまんべんなく光があたる角度を探りながら何度も試してみてください。 サイトにアップする前に編集作業を ➤画像編集ソフトのPhotoshop。上バーの解像度を統一すればサイトに掲載した際も同じ大きさとなりますよ。姿勢や採光を意識しながら良い写真が撮れましたか?ここで満足して後は載せるだけ、となる前にもうひと手間!サイト内で掲載される写真の大きさ(解像度)はチェックしていますか?特に商品紹介の場合、一枚一枚の大きさがバラバラだと統一感がないうえ実際の大きさも把握しづらく、見る方にとって興味を失わせる要因となりかねません。サイズ変更をするには、写真編集ソフトのPhotoshopを利用するのが簡単でおすすめです。同ソフトでは、画像の切り抜きに加え色補正や背景色をつけることもできるので、より見やすい画像となり購買意欲がそそられるのではないでしょうか。 最後に 今回はECサイトに載せる写真の撮り方について、基本事項をご紹介しました。いずれもちょっとした工夫や注意をするだけなのですが、これができていないサイトも少なからず存在します。せっかく良い商品を扱っていても、写真の撮り方がいまいちだと魅力が伝わりにくいですよね。まずは、こちらの基本の撮り方をマスターして徐々にオリジナリティーを出していくとよいですよ。    ...

ネットショップでPRしたい商品の撮影の仕方についてポイントをご紹介していきます。カメラの技術や性能は気にする必要はありません。カメラ初心者の方がほとんどだと思いますので、スマートフォン(スマホ)のカメラ機能で事足ります。   撮影にはいくつかコツがありますので、それさえ知っておけば他のサイトと差を付けられるはずです。では、どんなことに気を付けていけばよいのか見ていきましょう。 綺麗な写真を作るための「写真 分割」とは 撮る際に用いる機器は余程画質の悪いものでなければスマートフォンのカメラやデジタルカメラなどを使っても問題ありません。下記画像から綺麗に写真を作るための構図を学んでいきましょう。 撮影したい商品がしっかりと真ん中に写っておりインパクトはありますが、全体的に整っていない感じが否めません。ここで最初のコツです。   背景をすっきりとさせ、3分割図を用いる。 まず3分割図を重ねてみます。3分割図とは下の写真の赤色の線を見ると分かりますが、単純に縦と横で写真をそれぞれ3分割しているだけです。 赤線で囲まれた各領域に商品の一部が中途半端にそれぞれ入ってしまっているので、メリハリの感じられない写真になってしまっていたようです。これを踏まえて改めてメリハリのついた写真を撮影してみたいと思います。 厳密にしっかりと赤線の図を重ねる必要はなく、写真を撮影する際に頭の中で3分割図を思い浮かべながらでも問題ありません。空白の部分をしっかりととることで写真に奥行きを出すことができました。   また、人の目は線同士の交差する部分に注目しやすいという特長があります。注目してもらいたいポイントを交点の部分に配置するように写真を撮影することで、商品の魅力をより強く引き出すことが出来るようになります。それではこの撮影した写真にPhotoshopで処理を行っていきましょう。 写真分割した綺麗な写真を作るための処理とは 先ほど撮影した写真をPhotoshopに読み込みます。 読み込まれました。 それでは、一眼レフで撮影した時のように商品にのみピントが合っている画像にしていきます。まず、ピントの合っていてほしい部分を囲みます。今回は背景はぼかしつつも商品全体がくっきりと写っているようにしていきます。 コピーして別のレイヤーに商品部分の写真を抽出します。 ①非表示にしていた背景を表示させ、背景を選択します。 ...

ECサイトに掲載する写真のなかでも、目にとまる写真があります。SNSを見ていると、「これはどうやって撮っているの?」と思わせる写真があります。特別なカメラや技術は必要なく、写真の撮り方さえ知っておけば誰でも簡単に撮れます。今回は写真撮影の基本を一緒に学んでいきましょう。 定番の遠近法 人が小人に見えるような写真や、子どもが巨人のようになり大人をつまみあげている写真。これらの写真は遠近法を使用した「トリック写真」と呼ばれ、定番の撮影方法です。   やり方は単純で、大きく見せたいものを近くに、小さく見せたいものは遠くに配置。それらが上手く組み合わさる瞬間をカメラに収めます。ここでは、ピラミッドの写真で見てみましょう。 エジプト、ギザの砂漠にそびえ立つピラミッド。大きなものになると高さが140メートル近くあるため、近くまで行くと見上げてもてっぺんが見えないぐらい巨大な建造物です。遠景法を用いて撮ると下のようになります。 人物とラクダの配置がポイント。ラクダの首をピラミッドのラインにかぶらせて写すことで、手を伸ばせば届きそうな大きさに見えます。被写体になる人物に表情やポーズを大げさにしてもらうと、リアルなトリック写真ができあがります。 ぼかし効果で魅力的に見せる 手前の被写体にピントを合わせて背景をぼかして撮る構図もよく使われますね。スマホカメラで撮る場合は、チューリップのマークが目印のマクロ機能を使えば手前に焦点が合います。さらに凝った写真を撮りたければ、フォトアレンジメントやFotorといった画像加工アプリを活用するのもよいでしょう。 夕陽や影を利用してみよう 逆光を利用してアートっぽく見せるのも有効です。通常、逆光の状態で撮ると人物の顔が暗くなってしまうのですが、あえて見えにくくシルエット状にすることで雰囲気が出ていますよね。商品自体がハッキリ見える写真のほかに、イメージとしてこのような画像を載せておくのもよいでしょう。 このように、地面や砂浜に自分の影を写すのも影絵のようで面白いです。何人かで同じポーズを撮ってポスターのような一枚を作るのもよいでしょう。 彩度に一工夫 彩度を抑えて写真をセピア調にしてみたりモノクロにしたりすることもできます。時にはカラーよりもうまく商品の魅力を引き出してくれます。 こちらの写真をPhotoshopで開いて、以下のようにします。 その後は、ウィンドウ→スタイル→セピア調をクリックすると、下記のようなセピア調の写真に! さまざまな画像で試してみると、セピア調が映えるパターンが掴めてくるでしょう。   彩度調節は、スマホのカメラ機能にも搭載されています。まずは既存の写真を使ってどんどん試してみましょう。また、彩度を上げると色合いがはっきりして明るく絵画のように見えます。商品やアピールしたいイメージによって使い分けましょう。今回紹介した撮り方の他にも、商品の様々な表情を引き出すやり方がたくさんあると思います。写真を撮る場所を変えたり知り合いに協力してもらったりして、オンリーワンの一枚を撮ってみましょう。    ...