Top
ホーム > アキンド探訪  > 【湘南ゴールドエナジードリンク】を作った男の話
SD1_5446

 
皆さんはエナジードリンクを飲んだことはありますか?
スポーツの前、受験勉強の前、徹夜明け、10連勤明け・・・様々な「ここぞ!」という場面で飲まれるエナジードリンクは既に日常的な飲料水になっています。
 
そんな中でも、2016年5月19日に現れた新星「湘南ゴールドエナジードリンク 」をご存知でしょうか。サーフィンをしている乳首丸出しのキャラが燦然と輝くデザイン。飲んでみると柑橘系の後味爽やかな風味・・・おいしい、おいしいぞ!
 
非常においしい!という事で、今回はこの湘南ゴールドエナジードリンク開発者である守屋佑一さんにお話を伺いました。

 

湘南ゴールドエナジードリンクが生まれたきっかけ

 
―今日はよろしくお願いします。まずは守屋さんは何者なんでしょうか。何だか色々されているようですが・・・。
 
SD1_5472
守屋氏:色々な所で聞かれます(笑)
元々はJAで農業の指導員をやっていました。今は家族が代々経営しているこの飲料の卸元で働いているんですが、社員でもなくてフリーランスでUMEMARU.incという独自の団体で商品開発や色々なことをやっています。
ダイドードリンコさんとイラストレーターの漆川世文(ウルシガワ セブン)さんとプロジェクトを結成して小田原絵巻という自動販売機を企画したり、本当に色々行っているんですが、今は湘南ゴールドエナジードリンクに一番力を入れています。
簡単に言えば企画屋ですが、やりたい事を色々やっている感じです。

 
―元々エナジードリンクが好きだったんでしょうか。
 

守屋氏:もうエナジードリンクが体の一部になっています。
高校時代はお金がなかったので3日に1回とかだったんですが、大学時代から毎日飲むようになってしまって。今は1日1本にしてますけど、人が飲んでいるのを見ると飲みたくなっちゃいます。

 
―湘南ゴールドエナジードリンクが生まれたきっかけ聞かせてください。
 

守屋氏:もともと湘南ゴールドっていう小田原近辺でしか栽培されてない種類のみかんが面白いと思っていて、何かに使えないかと思っていたんです。昔UHA味覚糖に企画書を送ってぷっちょ湘南ゴールド味になって全国販売されたこともあります。(商品名:ぷっちょ『まぼろしのオレンジ』)
それでもっと何か出来ないかなと思っていた時に、山梨でご当地エナジードリンクというのを見つけたんです。それで「農産物でエナジードリンクって面白いな」と思って。
湘南ゴールドっていう名前も、何だかエナジードリンクっぽいじゃないですか。それで湘南ゴールドとエナジードリンクを絡めて何かできないかと考え始めました。

 

湘南ゴールドエナジードリンクへのこだわり

 
―湘南ゴールドエナジードリンクを見た時、まずそのデザインが気になりました。ゆるくもありカッコよくもあり・・・非常にこだわっておられる部分ではないかと思うのですが。
 
SD1_5466
守屋氏:湘南ゴールドエナジードリンクの缶は漆川世文(ウルシガワ セブン)さんにデザインしていただきました。とても個性的なイラストレイターで、新月堂という新月の夜にしか表示されないサイトを運営している方です。
 
湘南ゴールドの原産地小田原といえば武将、更に湘南なのでサーフィン、そして外人が思い描くようなファンキー忍者みたいなものにしよう、というようにキャラクターの方向性は割とすぐに決まりました。ですがデザイン自体はかなり時間がかかりました。
乳首を入れるか入れないかでもかなり議論しました。(笑) 
でも完璧なものより「なにこれ!?」って思わせて、まずは手に取ってもらってみてもらう事が重要なので、最終的には「突っ込みどころのある方がいい」という事で乳首を入れてあります。
 
それと色の決定にも時間がかかりました。デザインの最初の段階では青色で、少しごたごたしたものだったのですが、エナジードリンクはかっこよくあるべきなので、よりクールにするためにシンプルに黒地に湘南ゴールドの黄色という形にしました。
かっこよすぎても少し引かれちゃうんですが、そういう意味ではこのゆるさは絶妙かなと自分でも思っています。

 
―湘南ゴールドの実自体の絵が含まれていないのはなぜなのでしょうか。
 
守屋氏:実は湘南ゴールドってまだ知名度が低いんですね。なので実の絵を入れると、単なるみかん味のエナジードリンクという風に認識されてしまうし、お土産品っぽくなってしまうのを避ける為に、あえて入れませんでした。
また、エナジードリンクはエンタメ産業なので、今回のデザインには想像の余地を残しておきたいと考えていました。なのでこのキャラクターの名前もないです。ない方が面白いし、みんな色々想像できるんじゃないかと思いまして。

SD1_5449

 
―味についてはいかがでしょうか。
 
守屋氏:味に関してもかなりこだわっています。湘南ゴールドの味の再現がすごい難しかったんです。湘南ゴールドって普通のみかんよりも糖度が高くジューシーで、熟すとパイナップルに近い感じなんですね。酸味があるけど甘い。
エナジードリンク評論家の福田慎一郎さんにも開発に入ってもらって、合計4種類くらいの味を工場に作ってもらって、最終的には自分で飲んで決めました。
飲み終わった後のケミカルさがあまりなくて、湘南ゴールドの柑橘系の後味も良く出ていると思っています。

 
―確かにエナジードリンク特有の喉に引っかかる感じというか・・・そういう物がなく、後味も爽やかですね。
 

守屋氏:ありがとうございます。味については私も大満足してるんです。

湘南ゴールドエナジードリンクが出来るまで

 
―湘南ゴールドエナジードリンクを作っていく上での苦労話を聞かせていただけますか。
 

守屋氏:実は一番大変だったことは事務作業です(笑)飲料水の開発って、意外と各機関への提出書類だったり説明が多いんです。生産工場に対しても、湘南ゴールドの原材料情報を渡したりしないといけない。
企画したり、営業したり、お話ししたりは大好きなんですけど、パソコンの前に座っての事務作業がなかなか・・・(笑)
果実集めから、交渉、工場調べなどは全て自分一人でやったので大変でした。企業にいた時は分からなかったんですけど、やっぱり人がいないとだめだなっていうのが身に染みました。人の力は大事だなと。

 
―実際に企画が走り始めてから「投げ出したい」、と言いますか諦めたいと思うことはあったんでしょうか。
 
SD1_5482
守屋氏:めちゃくちゃありました(笑)「失敗しちゃうかも」と不安になる事もありましたし、自分は遊び人なんで、山登ったり外出たり遊びたいという思いに駆られるところが大変でした。
でも自分のやりたい事の最終的なビジョンが自分の中では見えていたので、「ここを乗り越えたら絶対成功する」と思う事で進めてきました。1回やりたいと思ったらそれを最後までやりきる、っていう自分の性格の部分もありますね。
ただゴールが見えてないとすごいモチベーション下がってしまうんですが。企画が動き出すまではやっぱり不安ですし、いろいろ考えました。

 
―ゴールが見えているという事は何か綿密な計画を立てて、それを遂行するという形で進めていたんでしょうか
 

守屋氏:いえ、そういう事はしてなくて、企画を走らせながら都度考えて進めていきました。計画はある程度立てましたけど。

 
―こういった色々な企画はどういう風に考えているのでしょうか
 
守屋氏:遊びまくった結果だと思っています。僕は旅行がすごい好きで47都道府県を回ったんですが、そういったところで得た情報、見てきたものが自分の中で有機的につながって今回の企画も出来上がっています。
我慢しないでやりたい事をやってます。あと僕はすごいノリが良いんで、どんなに忙しくても飲みの誘いは断らないです(笑)こういった機会で得られないものは基本的にないとも思っていますし。

 
―旅行へ行くというと、色々遊びつくすという事でしょうか。温泉に入ったり美味しいもの食べたり・・・。
 

守屋氏:そういわれるとそうでもなくて、自分の場合、旅行中のほとんどが移動なんです。下道旅行がすごい好きで、綿密な計画は立てないんです。
「この場所とこの場所に行こう」とだけ決めてその間の移動は何も決めずに移動して、途中で面白いものがあったらやってみたり食べてみたりする。泊まる場所もその日その日で決めちゃってます。
でもこういった旅行だと色々面白いことに出会えることが多いんですね。そうして何かを見つけた時に、「帰ったら次はこうしてみよう」というようなアイデアの一つにしています。

湘南ゴールドエナジードリンクのこれから

 
―これからの湘南ゴールドエナジードリンクの展望を聞かせてください。
 
SD1_5498

守屋氏:
色々な事と絡めて面白いことをやっていきたいと思っています。
大手のエナジードリンクって世界中で年間59億本売れてて、日本でも数億本も売れてるんですね。それほどエナジードリンクは日常で飲まれるものなので、将来的にはもっと普及できるようにしたいです。
野望はこの地域(神奈川)では大手エナジードリンクよりも、湘南ゴールドエナジードリンクが飲まれている、というようにしたいですね。神奈川の湘南・西湘地域では大手エナジードリンクじゃなくて湘南ゴールドエナジードリンクを飲んでいるぞ、みたいな(笑)
また、それに伴って湘南ゴールドっていうブランドも有名になって、小田原の農業自体の振興農業が盛り上がってくれれば嬉しいです。
そういったブランドにしたいと思っています。
   

SD1_5535

 

編集後記

ご当地エナジードリンクを企画して売り出す所まで1人で全部やってしまう。その原動力は「面白いことをやろう」。
3年前からエナジードリンクの開発を考え、友人や知人に必ず発売すると宣言していた守屋さん。
宣言通り湘南ゴールドエナジードリンクを発売し、有言実行した守屋さんの行動力には驚かされました。ゴールを決めたら、最後までやりきる。しんどくても、くじけそうになっても必ずやりきる。全力で働き、全力で遊ぶ。大変なことはたくさんあるけど、楽しんで仕事をする。とてもアグレッシブで、どんな状況でも楽しむことを忘れない守屋さんの今後の展開に期待が高まります。また間を空けてお話を聞きたいと思います。

 
そして、湘南ゴールドエナジードリンク大変おすすめです。
さぁ、みなさんも黄金の体験を!
 


 

この記事を書いた人

商売繁盛を応援するハイブリッドメディア・ニューアキンドセンターのセンター長をやっています。 もっとエッジを効かせたい、もっとトンガリたいです。どうぞよろしくお願いします。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。

  • 二宮金次郎の道徳経済を現代に活かす。「地域貢献に取り組む報徳二宮神社インタビュー」二宮金次郎の道徳経済を現代に活かす。「地域貢献に取り組む報徳二宮神社インタビュー」
    小学校の校庭で見かけた事がある二宮金次郎の銅像。     勤勉の象徴として知っている人は多いと思いますが、どんなことをして、どんな教えしたかを知る人はあまりいないのではないでしょうか。     本日は「二宮尊徳翁(二宮金次郎)」が祀られている報徳二宮神社さんに地域貢献の極意を学びに伺い […]
  • 【提案するキッチン雑貨店】エコキッチンインタビュー【提案するキッチン雑貨店】エコキッチンインタビュー
      こんにちは。自炊のレパートリーはキャベツ肉炒め!のみ!男気のニアセ編集部です。 先日キャベツが1玉98円で売られており、迷わず買い込みました。色んな火加減のキャベツ炒めが出来るぞ!とホクホクです。   ところで食材を切る時って「トントントン」というまな板に包丁が当たる音が出ると思いますが、この音って自分が […]
  • 【お客様対応の「質」にこだわる】アパレルショップ  「FIRST&STADIUM」インタビュー【お客様対応の「質」にこだわる】アパレルショップ 「FIRST&STADIUM」インタビュー
    暑過ぎて外に出ないため、ネットショッピングがはかどりますね。 ところでネットショップって、問い合わせをする時に緊張しませんか。特にキャンセルする時とかは、「怒られたらどうしよう」と怯えませんか。そうでもないですか。 でもそんな時に優しく対応してもらえると「いい店だ!」ってなりますよね。   今回は実店舗を持ちつつ楽天市 […]
  • 18歳で起業した川原あやかが語る!企業からの企画依頼が止まらない事業の創り方とは18歳で起業した川原あやかが語る!企業からの企画依頼が止まらない事業の創り方とは
    今回は、平成生まれの女性社長で、「お姫様プロデューサー」という何とも興味深いメルヘンチックな肩書きをお持ちの方がいらっしゃる川原あやか氏実際にお会いしてインタビューさせていただきました。果たして、お姫様プロデューサーとはどういう意味なんでしょうか? 川原あやか氏が18歳で起業に至った理由 -こんにちわ。今日はお忙しい中ありがとう […]
  • 「パーティーグッズでお客様に笑顔を!」株式会社コンプロス インタビュー「パーティーグッズでお客様に笑顔を!」株式会社コンプロス インタビュー
    ミンミンとセミが鳴き盛り、うだるような暑さに体がやられないようにしっかりと体調管理をして、仕事に集中したい季節ですね。 はじめまして、古田島です。   いきなりですが取材に行ってきました。今回取材に伺ったのは、パーティーグッズのインターネット通販を主軸に事業を展開されている株式会社コンプロスの入江社長です。夏は野外音楽フ […]