Top
ホーム > EC  > 【ラッピング包装】ネットショップ担当者は「気遣い」が必要
wrapping

ネットショップで悩まされることの一つがラッピング包装プレゼント包装とも言われているくらいで、凝りすぎても、逆にコストがかかってしまいオプション料金を徴収しなければいけなくなるということにもあります。
 
見た目も良くローコストで、喜ばれるラッピング包装とはどんなものなのか?をご紹介します。

店舗ではなくネットでプレゼントを購入する人の心理とは

ネットでプレゼントを購入する人の心情を考えてみてください。
 
本当であれば、誰かにプレゼントを考えるとき、手にとって色々と思いを馳せながら買い物をするのが通例ではないでしょうか?しかし、そこを敢えてネットで買い物をするということは何かしかの理由がある場合がほとんどです。
 

・買いに行く時間がない
・あまり市販で流通していない
・一度店舗で確認済みのものをネットで手軽に手に入れたい
・運搬が困難である
・プレゼントを送りたい相手が遠方にいる

 
本来ならばもっと吟味したいのに何らかの理由でそれが叶わない場合、もしくは既に商品を一度ないしは何度か目にしていて情報をたくさん持っているが故に購入しているという2パターンに分かれます。
 
前者の、もっと吟味したかった派の人達は、プレゼントを贈る側も贈られる側もその商品を実際に手に取ったことがない場合も考えられます。後者の一度商品を見たことがある派に比べると、そもそもの商品に対して不安材料の大きさが違いますよね。

ラッピング包装に望まれること

wrapping2
では、そういった不安材料を抱えているであろうユーザーから望まれているラッピング包装とはどんなものなのでしょうか?
 
まず一番はプレゼントであっても中身を知りたいというのが心情ではないでしょうか?梱包を開けた時に、中身が確認可能な状態でベストであるといえます。
 
そして、発送時のラッピング包装状態もさながら、配送後の後付けのラッピングにも気を配られているとさらに評価が上がります。プレゼントした人とプレゼントされた人、両者に気を配ることがポイントと言えるでしょう。
 
一方お歳暮のようにガッツリ中身の見えないきっちりした包装技術も重要な場合もあります。洗剤や食用油をきっちり確認したいかといわれたら、それはガッツリ綺麗にラッピングしておいてちょうだいというのが心情ですよね。
 
ネットショッピングでのラッピング包装には、商品によって臨機応変さが非常に重要になってきます。

ラッピング包装でこだわること

いろいろな人の気持ちを汲み取って、あれもこれも考えるのは決して悪いことではありません。しかしながらこだわりすぎはNGです。なぜならコストとの兼ね合いがとても重要になってくるからです。
 
ラッピング包装のこだわりは「無料」だから喜ばれるのであって、そこにコストがかかってくるとなると話は変わってきます。コストをかけてまでラッピング包装をしたということになると、ユーザーにとって今まで「感謝」であったはずの気持ちが、有料なのに・・・という「クレーム」へと変貌するのです。できる限り「無料で」できる工夫をするのが、評価アップへのカギだといえます。

無料でここまでできる感動のラッピング

では、実際にどんなことが「気遣い」に範囲内でできるのか?私が今まで一番感動したラッピング包装の実例をもとにご紹介します。
 
まず商品は、母の日にソープカービングという、石鹸に彫刻を施した商品を購入しました。これは1点ものですし、店頭販売もされていません。前述でいうところの、不安材料が盛りだくさんのプレゼント品ということになります。
 
幸い友人からのご紹介だったので、商品がどんなものかという前評判は聞いていたので、全てが不安というものではありませんが、やはり実際プレゼントする前に確認をしたい・・・というのが心情です。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-14-40-06
サロンドフェリール
 
しかも商品は、とても繊細なもの。発送時は大丈夫でも運搬中に乱雑に扱われはしないか・・・などと、余計な心配も発生します。しかし、このサロンドフェリールさんは「プロ意識」が半端ないのです。
まず、運送業者から運ばれてきたダンボールに、天地無用・ワレモノなどのシールが貼ってあるのはもちろんのこと、「運送業者様へ、繊細な商品なので丁寧に丁寧に扱ってください。」となんとも達筆な字でわかりやすく記載されていました。
 
中身を見てみると、エコな緩衝材を使用しており廃棄にも苦労がなく、且つ、商品を透明資材でラッピングしてあるので、購入した側もしっかり中身を確認することができるように工夫されていました。さらに手渡し用に別の袋も入っていました。
 
そして、ラッピングに使用しているリボンに名前の印字(無料)が施されており、センス抜群のメッセージカード(こちらは有料)にこれまた達筆すぎる字で手書きのメッセージ代筆サービスも・・・さらに達筆すぎる直筆のお礼状もいただきました。
 
この全てのサービス、購入者である筆者は何も要望していません。メッセージカードの有無だけは聞かれましたが、そのほとんどが「心遣い」のサービスなんです。
 
受注発注形式なので、数がたくさん入る商品ではないとは思いますが、その心遣いたるや・・・素晴らしいなと感動すら覚えました。また別の機会にリピートしようと強く思いました。

ラッピングはリピート率を上げるためのツールにもなりうる

今回ご紹介したのは、ほんの一例ですが、ラッピングとは付加価値としてつけるものと考えられていますが、これは逆を返せばユーザー側からしても同じことがいえるのです。
 
人の「心遣い」は、無形ではありますが、伝わってくるものです。ほんの一手間、その二手間が、商品に対する評価に上積みの評価となってキックバックされるのであれば、してみる価値のあるものだといえますね。
 
そして、それは、「リピート」という形で必ず返ってきます。直接的でなかったとしても、「口コミ」となって広がります。
 
たかがラッピング、されどラッピングですね。ネットショップ担当者とは、「気遣いの人」となる必要性があるということなんですね。

 
 

 
 

この記事を書いた人

大学卒業後、広告代理店勤務を経て、ネットショップ運営、ネットベンチャー事業責任者を経験。7年間の子育てブランクを経て、3人の子供を育てながらSTR企画を立ち上げ運営。ライティングを得意とし、企画書・提案書制作、各種販促企画・制作、ネットショップ代行、WEB制作・運営などを行う。病気の子供たちと家族を応援するショッピングサイトマミーズアワーズショップ運営 http://www.mammies-hours.com/

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。

  • 『結構大変な梱包作業』ネットショップで植物を梱包する方法『結構大変な梱包作業』ネットショップで植物を梱包する方法
      ネットショップで植物を扱う際に注意しなければならないのは、発送時の梱包です。     もし運送中に倒れたり、運送業者が雑に扱ったりすると、花や葉が傷んだり、鉢が割れたり、土や化粧石がこぼれたりする危険性があります。植物は他の商品よりも、梱包に気を使わなければなりません。 植物を梱包する前の […]
  • 『ラッピング方法』ネットショップ担当者が意識するべきこと5点『ラッピング方法』ネットショップ担当者が意識するべきこと5点
    ネットショップ担当者たるもの、ネットショップの発注から発送・請求・回収まで全てのフローを知っておかなければなりません。製品の特性について知ることはもちろんのこと、それ以外にも在庫管理や売れ筋分析・・・     そんな作業の中でどのようにやったらいいのかわからない、やり方に困るラッピング方法について解説します。 […]
  • ネットショップの商品ラッピングで差別化しようネットショップの商品ラッピングで差別化しよう
    ネットショップをしていてお客様から意外にもよく聞かれるのが「商品ラッピング」についてです。 「ラッピングは選べますか?」「ギフトなんですがラッピングはしてもらえますか?」といったお問い合わせをよく受けます。 お客様のラッピングに対するニーズの高さを感じます。   商品ラッピングの質で他店と差別化 […]
  • 「もっと物流を身近に、スマートに」物流業界の風穴を開ける株式会社オープンロジにインタビュー!「もっと物流を身近に、スマートに」物流業界の風穴を開ける株式会社オープンロジにインタビュー!
    夏真っ盛りな気候が続き体調など崩されていないでしょうか。商売も体が資本なので、体調管理は十分にしたいですね。こまめな水分補給や適度な休憩は怠らないよう、日々の心がけをしっかりとしていきましょう。   今回取材に伺ったのは、どんな業種でも関わらないことはない「物流業界」において革新的なサービスを提供している株式会社オープンロ […]
  • リピーターアップが売上のカギ!リピーターを増やして安定的に売上アップ!リピーターアップが売上のカギ!リピーターを増やして安定的に売上アップ!
      こんにちは、satoshiです。 ネットショップで安定した収益を上げるために欠かせないのが、リピーターの存在です。 リピーターの割合が増えるほど、ショップ経営の安定度も成長度も高まります。   また、新規顧客を獲得するには多くのコストと労力がかかるものです。 それよりも、リピーターの購 […]