Top
ホーム > EC  > 【仕事と恋愛は密接な関係!?】女子は見ている!できる男・できない男の違い -その2-

「その1」ではホルモン・脳科学・アンケートを元にお話をいたしました。今回はビジネスマインド、モテる男・デキる男になるためのポイントをお伝えします。

女性にモテるビジネスパーソンは? ここが出世の分かれ道

起業家でもありセミナー講師としても世界的に有名なジェームス・スキナー氏はビジネスパーソンを大きく3つに分類しました。
 

  • 仕事マインド:「努力」に集中・焦点を当てている方
  •  

  • プライベートマインド:起業家や経営者に多い価値観で、1年365日常に仕事モード
  •  

  • ビジネスマインド:結果に焦点を当てており、過程や努力・手段は選ばずとにかく結果ありきの考え方

 

「仕事マインド」と「プライベートマインド」はなぜモテるのか?

「仕事マインド」はなぜモテるのか。女性は結果より努力・過程を重んじます。コツコツ真面目に働いて結果が出なくても、女性は「努力した過程」を評価されたいので、努力の過程を見ている男性はモテます。
 
「プライベートマインド」『楽しむこと』にフォーカスをします。仕事・プライベートを分けて考えていません。全てが繋がっているという価値観です。なので、恋愛も楽しみます。そういう男性は明るく、コミュニケーション能力にも長けているのでモテます。
 
ネットショップを運営している男性責任者は「プライベートマインド」の方が多いと思います。もしくは「仕事マインド」も併せ持っている方も多いでしょう。女性にモテる要素、完璧です。
 
ですが出世が早いのは「ビジネスマインド」の持ち主、と言われています。経営者は「ビジネスマインド」を持つ社員を積極採用したいという傾向が強い、というデータがあります。即戦力で使える人材だからです。このタイプは責任感も強く、とにかく結果を出すことにフォーカスします。
 

では、女性は【出世する男・できない男】の見分けがついていないのでは?

残念ながら、ビジネスマインドの持ち主は会社にいいように使われるだけ使われて、リストラの対象になりやすいと言われています。またワーカホリックに陥りやすいのも、このタイプに多いと言われています。
 
スポーツ界や芸能界を見ても分かりますが、下積みが長く努力家の人間が成功する例が多いのも事実です。女性は、そういう点に着目して【出世する男・できない男】を見極めます。日々の努力の積み重ねが仕事を極め、遅咲きでも出世して長く生き残れるのは仕事マインド、プライベートマインドを持つ男性だと判断します。一時の成功ではなく、長い目で見た場合のことを想定しての判断です。男性は1つのマインドに特化するのではなく、臨機応変に柔軟な対応ができるビジネスパーソンになれるのが理想ですね。

仕事はデキるのにモテない男の原因とは?

会話のルールは守れていますか?

 
『G』で始まる自慢男の話は好感度「×」

  • 【GOAL】 目標達成自慢
  •  

  • 【GROWTH】 成長の証となる資格や実績自慢
  •  

  • 【GREAT】 成功体験自慢

 
『し』から始まる真にデキる男の話は好感度「◎」

  • 【失敗】 素直に自分の失敗談を話して反省点として活かせる
  •  

  • 【仕方ない】 反省はしてもクヨクヨせず前向き
  •  

  • 【新発見】 日々同じ繰り返しではなく、成長しようという意欲で新しいことに取り組む姿勢

 
一般的に男性は仕事や業績で自己評価を行い、また他者にも認めてもらいたがります。自慢話は悪いことではありません。ただ、女性としては「謙虚さ」が欲しいところ。
 
たとえば、
「同僚に恵まれて、成功できたよ」
「お客様がとても良い方だった」
 
など、自分の実力を誇示するより『まわりの支えがあっての自分』というニュアンスで話した方が好感度も上がり、あなたの実力も評価されます。
 

自分のキャパを超えるほど忙しい時期は恋愛をしないほうが無難

心理学では男性は仕事に行き詰っている時は人間関係に配慮ができなくなると言われています。せっかく好きな女性とデートの約束ができたとしても、配慮に欠けた言動ではフラれてしまいます。女性は逆に、人間関係に悩みがあると仕事に集中できないと言われています。なので、女性はまわりとの調和・協調性・コミュニケーションを重んじるのです。
 
「それでも何とか時間を作って会いたい!」そんな時は正直に「今、仕事のことで頭が一杯で、あまり気配りが出来ない状態なんだ」と事前に伝えましょう。米国の国立衛生研究所の実験データによると女性の共感力は男性の8倍という結果が出ています。なので、事情さえ伝えればあなたの心理状態を理解して、ちょっとした事に対してイライラした言動を見せても女性は気持ちに寄り添ってくれます。
 

最も良い恋愛ができる時期とは?

何も考えていない時、です。
脳科学者の茂木健一郎氏のデータです。脳は、何も考えていない時に視野が広くなると同時に冷静な判断が下せる状態となります。これを脳科学ではデフォルト・ネットワークといいます。恋愛だけではなく、仕事に行き詰った時にも使える手法です。
 

ビジネス3要素と恋愛を混合してしまう

QCD、いわゆる品質(Quality)・価格(Cost)・納期(Delivery/Time)を恋愛に当てはめてしまっていませんか?女性が好む(品質)オシャレな高級レストラン(価格)に連れていくようなことを数回すれば、女性に告白してOKがもらえる、と思ったのに!「割りに合わないことをした」→時間とコストの無駄になってしまった!
 
女性にフラれてしまった時にそう考える男性は、ビジネスと恋愛を混合している可能性が高いです。
恋愛はビジネスプラン通りにいかないこともある、これを忘れずに!

さいごに

いかがでしたか?
出世できるか、出世できないか。男性にとって、人生の中で大変重要な事だと思います。ですが仕事に集中するあまり、恋愛を疎かにするのは残念です。脳科学が実証! 仕事がデキる男は「恋愛好き」でも説明しましたが、恋愛を楽しむと様々なホルモンが活性化されて仕事効率化に結び付きます。
 
仕事・出世・恋愛、全てを手に入れようとするなんて欲張りだと思いますか?無理だと思いますか?出会いがない・時間がない、とか言い訳していませんか?デキる男は全てを手にしています。

 
 

▼あわせて読みたい関連記事▼

・【仕事と恋愛は密接な関係!?】女子は見ている!できる男・できない男の違い -その1-
 
・【脳科学の視点から見る女性脳、男性脳】ダーゲットは誰?男性と女性では商品説明やキャッチコピーも変えるべき!
 
・「付加価値の時代」から「本質の時代」へ。新しいスタイルのハイブリッド宿泊施設「星のや東京」に見るおもてなしと時代の気分

 
 

この記事を書いた人

ニアセクリエイターズ所属のWebライター/コラムニスト 皆様に楽しく購読して頂ける内容、そして実践でお役に立てる情報を発信できる書き手で在りたいと思います。日々学ぶ姿勢を大切に、皆様へ旬な記事をお届け致します。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!