Top
ホーム > ニアセPR  > 美女と商い。「女の子の選択肢を増やしたい! 〜原田 奈津美とRIEKOのランジェリー対談〜」

モデルでタレントで下着ブランドの社長「原田 奈津美」。
 
芸能活動をしながら会社社長をやっている。実際に芸能活動をしている人間がどんな商いをしているのか、ランジェリーを扱う原田奈津美の商い戦術はうまくいっているのか・・・。
 
原田奈津美と番組で共演し、下着ブランド「ivyy(アイヴィー)」のPRにも協力している「RIEKO」をインタビュアーに据え、なぜランジェリーなのか、ivyyってそもそも知られているのか、どんな活動をしているのか、「原田奈津美」にいろいろ聞いてもらった。
 
 
 
 
 
ただ話を聞くだけではおもしろくないので、ivyyを着用して、ランジェリー姿で対談してもらった。

原田奈津美
左:原田 奈津美
右:RIEKO

ランジェリー商い「ivyy(アイヴィー)」で勝負する原田奈津美

原田奈津美
―今日はよろしくね。なっちゃんの商い話について教えて!
 
原田:はい!
 
―なんでランジェリーを扱うことにしたの?
 
原田:芸能活動を続けるっていう未来を考えた時に、いつまで芸能で続けていけるのかなと考えて、芸能を辞めて、芸事が何もなくなって、そのあと私に何が残るのだろうと思った時に、男にすがって生きるしかないのかな?
 
芸能人を辞めて、その時、相手もいない最悪の状態だったら、また親に頼って生きなきゃいけない。そんな格好悪いことしたくないなと思って。
 
元々小学生の頃からビックスターになるという夢があって(笑)プラス、「人にありがとうと言われる仕事をしたい」っていうのもあったので、芸能活動以外で何かやりたいことがないか考えた。
 
モデルをやっていたので、服をたくさん持っていて、自分のクローゼットに入らない服を処分するか保存する場所として、貸出クローゼットみたいなビジネスを思いついたんだけど、それは既にあったんだよね。
 
既にあるものをやってもしょうがないし、そもそもつまらないなと思って、いろいろ考えた時に、自分が欲しいもので、他の人も欲しいなと思うようなものを作りたいと。そこで、自分って下着は海外に行った時にしか買わないなっていうのに気づいて。毎日着けるものなのに、海外に行った時にしか買えないのは、日本には胸のサイズが大きい人向けの下着の選択肢が少ないからだなって。


そう感じている人はたくさんいると思って、「下着作ろう、ないなら作ろう」っていう感じで。そもそも日本の下着メーカーさんの下着は着たくなかったんだよね。可愛いと思える下着が少ないし、ちょっと高くて。
 
原田奈津美
 
ivyy」のコンセプトのひとつは「買える値段でかわいいもの」。私と同じ年代ぐらい、20代の人でも買えるぐらいの値段設定にしたくて、原価から考えるとあり得ない値段設定にしてる。
 
海外には、かわいい下着がいっぱいあるし、選択肢がたくさんあって楽しいし、なんで日本にはないんだろうって。そういう女の子たちに選択肢を増やしたいっていうのでivyyをはじめたんだよね。
 
―どんなことやってるの?
 
原田:ほぼすべての工程を自分でやってるよ。
 
ただ、デザインのパターン起こしっていう、パターンを起こすところに関しては、ちゃんとプロの方にお願いして、形にしてもらってる。デザインとどういう素材を使うかとか、そういうのはパタンナーさんと相談しながら作って、それを工場の方にお願いする形。
 
パタンナーさんがいないと、この工程はできないけど、私もイメージでしか分からないから、、とりあえずサンプル作ってくださいとお願いしてる。自分のサイズで作ってもらって、着用感を大事にしたいから「ここがおかしいです」みたいに言うと、原因を一緒に考えて修正してくれる。いろいろな人に助けられてもらって、やっている感じ。1人でやっているとは言ってるけど、周りの人がいないとできない。
 
原田奈津美
 
私はアパレル業界も知らないし、下着業界も知らないまま業界に飛こんだというところもあるんだけど、下着って、ストラップとカップ、レース、後ろのホック、ワイヤーを保護するワイヤーループとか副資材が多くて、1個作るのにだいぶお金がかかる。
 
だから工賃もすごく高いし、ロットを積まないと縫ってくれない。繊細なものだからお金はかかるのは仕方ないけど、安く売るってなると、だいぶ会社の規模が大きくならないと利益が出てこないっていう厳しい現状はあるよ。

ivyy(アイヴィー)のプロモーションはやっぱりインスタ?

原田奈津美
 
―売ってるところって、ネット通販だけ?
 
原田:基本はネット通販。ただネットだけだと商品の良さが伝わりづらかったり、サイズ感もわかりづらいから、不定期でイベントを開催して私がお客様に直接説明をしたり試着ができたりする機会を設けてる。
 
購入率は当然といえば当然だけど試着した人の方が高い。リアルで接触して試着して、その後購入までしてくれるとリピーターになってくれる人が多くて、リピーターの方は基本ネットで購入してるね。地道な活動だけど、リアルなコミュニケーションも行った結果、認知度も上がってきて、安定して売れるようになってきてる。
 
原田奈津美
 
―リアルな接触以外で、認知度を上げる仕掛けはどんなことをやってるの?
 
原田:広告が多いかな。主にinstagram広告(以下、インスタ)とFacebook広告かな。
 
インスタ広告が一番インプレッションがあって、ターゲットとかも絞れるし、拡散力でいったらTwitterの方があるけど、商品を見せるという場ではインスタが一番、世界観も伝えやすくて。
 
あとは、私のもう1つの仕事がタレント業で、「社長」としての露出が増えてきているかな。メディアに出演すると認知度が上がって、インスタやTwitterのフォロワーがすごく増えるんだよね。やっぱり1番はテレビかな。すごい。サイトのアクセスもすごい延びる。みんな見てるよね、割と。
 
地道にポップアップストアに出店したり、百貨店でイベントに参加することも1つ認知度を上げるにはいい仕掛けとは思ってるけど、お金もかかる場合があるからivyyの認知度を上げるには私のタレント業を上手く絡めてPRしていく形が効率が良い。

芸能人より身近で親近感の湧く人

原田奈津美
 
―広告に芸能人を起用する?
 
原田:費用対効果を見ると芸能人より一般の方を起用させていただくことが多いかな。親近感がある人がよくて、加えてフォロワーが多い人。でもフォロワーが多いだけではダメで、やっぱり、いいね!やコメントが付いている人にお願いしてる。コメントみるのが一番大事。
 
フォロワー数が1万人以上いるのに、10人しかコメントが付いていないと、リアルなファンはついていないってこと。売りたい商品をPRしてもらって、購買まで繋げたいなら、フォロワー数より、コメント数が多い人の方が効果的。
 
広告予算をたくさんフォロワーを持っている人にドカンと使うんじゃなくて、コメントやいいね!が多い人たちをリストアップして、PRするのがいい。
 
―やっぱりスタイルが良い人がいいのかな?
 
現実離れしていない身近に感じる、少し一般人寄りの体形が一番いいのかもしれない。自分(購入者)と比べてさほど遠くない、という距離感がいいかな。モデルさんよりも、親近感わく子のほうが今は売れるってこともあるし。
 
原田奈津美
 
親近感っていっても外見クオリティはやっぱり大事で、自分がかわいいと思わない人から買おうとは思わないし、興味も湧かないから、外見クオリティも大切。きれいな子が載っていたほうが、こうなれるのかなって思ってもらえるし。
 
―やっぱり見た目は大切ってことだよね。
 
うん。でも、外見クオリティの高い子って、立ち振る舞いから違うと思うんだよね。私は口が悪い方だけど、顔だけ良くても言葉遣いだったりとか、動きだったりとか、そういう所作が悪いと外見クオリティは高められないし、美女にはなれないと思う。
 
顔はぱっと見で美女だと思われないけど雰囲気がかわいい子で、所作が綺麗な子だったら美女って言われるかもしれない。やっぱり中身は大事かな。努力でちゃんと自分を磨いていないと、美女と言われないと思うし。努力していて諦めない子は外見クオリティを高めていけるんじゃないかな。
 
早々に諦めて、「自分にはこういうの似合わないし」とか、「努力しているのに」みたいに思っている子は性格も良くなくなっていく。荒んだ感じになっていっているなと思う。生まれながらに美女といわれる子も、向上心を持って努力をしないと女の子は輝けないよ
 
原田奈津美
 
―宣伝してくれる人探すの大変じゃない?
 
原田:かなり大変だよ。インスタ見てるだけだと、何カップか分からない。だから、希望するカップサイズだと思われる人たちを集めてくれる方に頼んだり、周りのインフルエンサーの友達に頼んだりしてEカップ以上の人を探す。
 
「ivyy」の商品でいうと、女の子に対して女の子のファンがついていないと、効果的ではないんだよね。RIEKOちゃんみたいに女性のファンもついていて、女性からのコメントもついている、憧れの存在というか、「何の下着を着けているんですか」って質問される人じゃないと、認知度をあげるためのPR効果は薄いかな。
 
Iカップにサイズ展開増やした時、RIEKOちゃんに協力してもらったけど、費用対効果は、かなりある。RIEKOちゃんが上げてくれると、アクセス数もすごく増えるし、買ってくれる子も増えるので、RIEKOちゃんは女性から憧れの存在なんだなって思う。
 
―実際「ivyy」で芸能人を使ったパターンと、一般の人を使ったバターンと両方試したことはある?
 
原田:あるよ。でも、胸が大きい子に特化しているので、芸能人となると、どうしてもグラビアアイドルの方になっちゃうんだよね。グラビアアイドルの方って男性のファンが多くて、認知度としては広がるけど、購入率としては一般の方のほうが費用対効果はあるのが現状かな。だからファン、フォロワーの男女比率層も考えてプロモーション依頼する人を決めてる。

「ivyy(アイヴィー)」の今後の作戦

 
―「ivyy」の次の仕掛けは?
 
原田:新作からのモデルも私が主に広告塔になっていきたいと思っているんだけど、今までとは違うカテゴリの子にも協力してもらいたいなぁって思ってるの。
 
例えば、ゴーゴーダンサーの方に下着を着用してもらって、費用対効果はどれぐらいあるとか試してみたい。広告宣伝費使ったけど、全然リターンなかったですってなるかもしれないけど、それも1つの勉強だと思ってる。
 
今流行りのインスタやインフルエンサーマーケティングじゃなくて、原点に戻って手売りという手法もやってみたいと思ってる。商品に対する思いも話せるし、直接会って伝えたほうがやっぱり伝わりやすい。商品渡さなくてもチラシ作って、渡しながら説明するとか、いろいろなやり方があるかな。それはまだ模索中だね。
原田奈津美

 
 
 
 

限定企画!「ニューアキンドセンター × ivyy」コラボ ANEMONE WHITE

 
ランジェリー&Anemone White セットでご購入の方限定 
2018年3月20日まで 2,000円OFF! 

 
※ご注文の際カートの【クーポンコード】に【 ivyyNIASE 】とご入力ください。

 
 

この記事を書いた人

商売繁盛を応援するWebメディア・ニューアキンドセンターのセンター長。 もっとエッジを効かせたい、もっとトンガリたい。どうぞよろしくお願いします。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!