Top
ホーム > EC  > 【見出しの書き方】Webライティングする上で押さえておきたい3つのこと
midashi1

Webライティングをするときに、インターネット上で様々な情報が溢れる中、目的の読者に対し多くの人に情報を届けるのは至難の業。そこで、今回はより多くの読者に記事を読んでもらうための見出しのつけ方をご紹介します。

Webライティングにおける「見出し」とは

いまや、何かを調べようと思ってもインターネットには星の数ほどの情報が溢れており、逆に迷ってしまうほどです。情報を発信する側になってもそれは同じこと。インターネットの恩恵で、誰でもが無料で不特定多数の人に情報を発信できるようになりましたが、こうした状況の中では工夫が求められます。
 
 
ここで例として、「立地の悪いお店」について考えてみましょう。立地の悪いお店は、多くが独特の存在感を持っており、なかなか入りづらいものです。そこでお店側も工夫して、インターネット上のクーポンサイトや口コミサイトにお店の情報を掲載し、ほかにもビラを配ったりし、認知度の向上を図ります。
 
 
インターネットのレビューサイトなどは、もともとその土地やジャンルでお店を探していた人が検索して発見するもので、もしニーズに合致するものを発見できれば、強力なリピーターとなってくれるでしょう。
 
 
こうした立地の悪いお店のセールスは、Webライティングの戦術ともかぶるものです。Webライティングにおける「見出し」は、お店のネット戦略やビラ配りと同じく、何か興味を持ち検索してきた「リピーターの種」を引き込み、大輪のリピーターにするための重要な手段なのです。
 
 
しかし、かといって難しく考えることはありません。実は、その見出しにも3つのパターンしかありません。そこで、ここからは3つのパターンをご紹介します。

見出しの書き方:鉄板3パターン

見出しの書き方①:煽り系

midashi2
これは一番ポピュラーなものではないでしょうか。
例えば、「これで10キロ痩せられた!魔法のサプリとは?」や、「いまさら聞けない◯◯」といったような見出しです。
 
 
こうした煽り系の見出しは、常識と思われていることに逆張りし、本来訴求できない層にもアピールできることです。特に最近のネット記事はSNSのタイムラインなどで「流し見」されることも多いので、ユーザーの常識だと思っていることや劣等感などの感情を刺激することで、アプローチを仕掛けます。
 
 
しかし、注意する必要があるのは「炎上」です。もちろん、「炎上マーケティング」という言葉もあるほど、炎上はうまく使えば武器にもなりますが、リピーターを掴んでいきたいのなら、あまり内容とはかけ離れすぎた見出しをつけることはしないようにしましょう。
 
 

見出しの書き方②:記事要約系

midashi3
その名の通り、記事の内容を簡潔にまとめた見出しです。この「簡潔に」というところがミソで、多くの方は簡潔にまとめたつもりでも、読者にとっては簡潔になっていないものがほとんどです。
 
 
要約系見出しの特徴としては
 

  • 長くても31文字程度
  • 今までの常識ではない新しい情報も盛り込む
  • 珍しい固有名詞はいれない

 
などのポイントがあります。
要約系の見出しのお手本としては、「Yahoo! ニュース」を見ると良いでしょう。Yahoo!ニュースの見出しはほぼすべてが13.5文字で構成されるように努力されています。決められたスペースで端的に情報を伝える見出しを作りたいなら、じっくりとYahoo! ニュースを観察するのもアリですね。
 
 

見出しの書き方③:SEO

midashi4
SEO対策として検索エンジンで上位に表示されるための見出しの書き方はどうすればいいのでしょう。SEO対策としての見出しを作るためには、実際に検索エンジンで検索してみるのがいいでしょう。
 
 
例えば、何か食品に関する記事を書くとき、ここではステーキとしてみましょう。まず検索ボックスに「ステーキ」と入力すると、それに続き「東京」や「赤身」などのキーワードが出てくると思います。つまり、これは「ステーキ 東京」や「ステーキ 赤身」で検索する人が多いということです。
 
 
そこで、ステーキと東京の2つの言葉の裏に潜む思惑を想像します。真っ先に思いつくのがデートのお店として探しているケースでしょうか。であれば、タイトルを「デートで使えるおいしい東京のステーキ店◯◯選」といった見出しをつけることで、SEO的にも良い見出しになるわけです。
 
 
ただ、見出しだけでなく、記事の中身できっちりと読者の課題を解決してあげることが重要です。

まとめ

さて、今回はインターネットで読者を呼び込むための見出しの書き方についてご紹介しました。大きく分けて3つのパターンがありましたが、どれか1つというわけではなく、記事の内容や発信したい媒体に合わせて柔軟に使い分けることが重要です。しっかりとリピーターを掴めるような見出しをつけられるようにしていきましょう!

 
 

 
 

この記事を書いた人

出版社勤務で、独立を目指して修行中。 ブンガク、カープ、ロックが好物です。

ニアセが気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気です。

  • 『ミレニアル世代』の社長が語る起業術!撮影女子会プロデューサーにインタビュー『ミレニアル世代』の社長が語る起業術!撮影女子会プロデューサーにインタビュー
    こんにちわ、Niase-Creators所属の古田島です。   10月に入り、いよいよハロウィン月間ですよね。街中のいたるところにハロウィンの装飾が見られるようになり、近年盛り上がりを見せるハロウィンイベントに向け、今年は何を着て行こうか考えているのではないでしょうか。     そんなハロウィンの […]
  • 『自社ネットショップのSEOチェック』すぐにでも実施すべき・点検すべき3つのこと『自社ネットショップのSEOチェック』すぐにでも実施すべき・点検すべき3つのこと
    自社でネットショップを運営していたり、楽天やamazon、Yahoo!ショッピングなどに出店されている方なら、気になる人も多いだろうSEO対策。     PPC型の広告で予算を消費していくよりも、まずはSEOの基礎をきちんと押さえて安定的なユーザ流入を獲得し、ベースの売上を高めていきたいですよね。   […]
  • 【楽天SEO】楽天検索結果の順位を効率的に確認!楽天検索順位チェッカー【楽天SEO】楽天検索結果の順位を効率的に確認!楽天検索順位チェッカー
    こんにちは、ユーコです。 「楽天市場の検索順位結果が大切な理由と、どうやって上位表示しているか知ってますか?」 知り合いの楽天市場店舗担当者から、そんな挑戦状をもらったのが、 世間には10連休という大型連休を満喫している人もいた5月2日の午後。 (実際には挑戦状でもなんでもない、ただの疑問だったわけですが) 翌日か […]
  • 【初心者向け】読みやすさを意識したWebライティングの方法【初心者向け】読みやすさを意識したWebライティングの方法
    こんにちは、のぐさんです。   ニューアキンドセンターの宝石部に強制異動になったことでニアセ記事を書かなくてはならなくなりました。(上級鑑定士の宮口からの命令)   宝石部とは↓ なんて言ったって「ニュー」だからねぇ   やりたくない!とは言えないのでもう書くしかありま […]
  • 【ライター募集してるの。】一緒にクリエイティブなコトしない?【ライター募集してるの。】一緒にクリエイティブなコトしない?
      こんにちは、ニアセ編集部です。     『ライターの方へ』 商人を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター(以下、ニアセ)」ではニアセクリエイターズを結成しWebライターの募集をしております。     ニアセを盛り上げたい!ニアセをおもしろいことやりたい! […]